eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > えんどう豆たっぷりニョッキ

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      えんどう豆たっぷりニョッキ

      ホルモンバランスを整える

      レシピトップページへ戻る

      えんどう豆たっぷりニョッキ

      • 時間
      • 調理時間:50分
      • カロリー
      • カロリー:612kcal

      普通はじゃがいもだけで作るニョッキにえんどう豆を混ぜ合わせ、爽やかな温かさと優しさを感じさせる見た目もキレイな一品です。豆類に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た作用で生活習慣病を予防し、ビタミンB・C、βカロチン、食物繊維の働きが、美容や健康、ストレスの予防にも効果があるといわれています。

      材料(4人分)

      《ニョッキ》
      えんどう豆剥き身:100g
      じゃがいも:200g
      強力粉:150g
      塩:適量
      パルメザンチーズ:30g
      サラダ油:適量

      小エビ:12尾

      《小エビの下味》
      塩、こしょう:適量

      トマト:小1個
      バター:20g
      白ワイン:100cc
      生クリーム:200cc

      パルメザンチーズ:適量

      《調味料》
      塩、こしょう:各少々

      《盛り付け用》
      オリーブオイル:適量
      イタリアンパセリ:適量

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      えんどう豆剥き身は塩茹でにして、フードカッターでつぶすか、裏ごしにかけておきます。
      作り方1
      じゃがいもは皮付きのままで茹で上げ、熱いうちに皮を剥いてつぶしておきます。
      作り方1
      (1)と(2)に強力粉、パルメザンチーズ、塩を混ぜ合わせます。
      作り方1
      小エビは殻を剥いて背わたを取り、塩、こしょうします。
      作り方1
      トマトは湯剥きして種を取り、1cmに刻みます。
      作り方1
      (3)の生地を直系1cmの棒状にのばして2cm長さに切り、フォークの底を使って模様を入れます。
      作り方1
      鍋にたっぷりのお湯を沸かし、1%の塩を加えて(6)を入れ、再び浮き上がってくるまで茹で上げます。
      作り方1
      フライパンにバターを溶かして(4)の小エビを炒め、取り出して白ワインを加えて煮詰めます。
      作り方1
      トマト、生クリームを加えて弱火で3〜4分煮詰め、(8)のエビと(7)のニョッキを合わせてパルメザンチーズを加え、塩、こしょうで味付けします。
      作り方1
      器に盛り付け、オリーブオイルをかけてイタリアンパセリを添えます。

      ワンポイントアドバイス

      ニョッキにフォークなどで凹凸を付けることで、ソースの絡みがよくなります。また、湯量に対して1%の塩を加えて茹で上げると、ニョッキが締って味付けにもなります。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 612 kcal
      カリウム 642 mg
      カルシウム 220 mg
      コレステロール 170 mg
      ビタミンA 238 μg
      脂質 34.7 g
      炭水化物 44.5 g
      たんぱく質 23.5 g
      鉄分 1.5 mg
      ビタミンB1 0.27 mg
      ビタミンB2 0.22 mg
      ビタミンC 32 mg
      食物繊維 4.2 g
      食塩相当量 2.5 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ