eonet.jp > 健康 > 病気症状と予防 > 予防医学でイキイキ長生き!たった5分の“腕振り運動”

  • いい粘膜は免疫力の証
  • NK細胞を元気にして免疫力を高めよう
  • たった5分の“腕振り運動”
  • 血管若返りの秘訣

      いわゆる「メタボ」とは、「メタボリックシンドローム」の略で、日本語では「内臓脂肪症候群」となります。内臓脂肪が蓄積すると、血管の動脈硬化が起こって、高血圧になる確率は3倍に、糖尿病になる確率は5倍になると言われています。そのうえに、中性脂肪やコレステロールが高くなる高脂血症が加わると、心筋梗塞になる確率はなんと35倍にもなると報告されています。

      ドクター金城の解説動画
      究極の有酸素運動:腕振りのススメ

      メタボを解消するにはキツイ運動しかない?

      「運動」と聞くと、「大変」「きつい」「つらい」「時間や場所が必要」といった印象から、なかなか実践できない、頑張って始めてもなかなか続かないという方が多いようです。

      運動には目的別に以下の3種類があります。

      1. 神経と脳を活性化する脳リハビリ運動(ゆっくり、ぶらぶら散歩)
      2. 筋肉を作る筋肉トレーニング運動(腹筋運動やスクワットなど)
      3. 有酸素運動(早足歩きや腕振り)

      メタボ改善には、①や②のような運動が必要だと勘違いしていませんでしたか?今回ご紹介する「メタボ改善」にオススメの有酸素運動は、たった5分で、いつでもどこでもできる運動です。酸素を取り込んで脂肪を燃やし、細胞内にある「エネルギー生産工場」の役割のミトコンドリアの働きを活性化して、エネルギーレベルをアップ。メタボ改善に役立ちます。

      毎日たった5分!腕振りは究極の有酸素運動

      腕振り運動は、朝のTV番組を見ながらでも、好きな音楽を聴きながらでも、一人でも、ご家族と一緒でもたった5分で出来るものです。また、自宅、外出先、旅行先など場所を選びません。腕振り運動は「いつでも、どこでも、一人でも」簡単にできる、究極の脂肪燃焼運動ということです。

      毎日続けよう!たった5分の腕振り運動

      1. (写真) まず両足を肩幅に開きます。
      2. (写真) 片足を軽く1歩前に出して、両手を腰に当てて、両膝を軽く曲げます。
      3. (写真) 体重は前足と後足に均等にかかるようにします。
      4. (写真) ゆっくりと上下に動かします。上に動いたときに膝が伸びきらないように。
        酸素をしっかり取り込むために、掛け声をかけましょう。
      5. (写真) リズムがうまく取れたら、腕の動きも入れましょう。
        肘の角度を約90度にします。
      6. (写真) 肩から大きくリズムに合わせて振ってください。足が疲れたら、左右を入れ替えて続けましょう。
      7. 動画でドクター金城と一緒に腕振り運動を実践!

        究極の有酸素運動:腕振りのススメ

      継続のポイント

      1.「脂肪が燃えているイメージ」を楽しみながら
      身体が温かくなってきたら、脂肪が燃えている証拠です。
      2.けっして無理はしないこと
      まずは1分間の腕振りを1日2回から始めましょう。1分間の腕振りが簡単にできるようになったら、次は2分間の腕振りを1日2回。このようにして、1回あたりの時間を少しずつ長くして、5分間の腕振りを1日2回できるようになれば合格です。
      3.疲れないように
      次の日に疲れが残るようなら、それは「やり過ぎ」です。決して無理をしないように。

      ドクターセルフチェックでカラダの問題点を見つけ、細胞から元気に!

      • あなたのカラダの最大の問題点がわかる
      • 現在のライフスタイルを続けたあなたの3年後の姿が見える
      • ドクターから問題点解決の具体的なアドバイスがもらえる

      ドクターセルフチェック for WEB

        ページの先頭へ