コムウッドゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「コムウッドゴルフクラブ」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

コムウッドゴルフクラブ

全体的にフラットで、アップダウンが少ないコースだが、その中でも特にフラットなのがアウトコース。グリーンまで見渡せるストレートなホールが多く、バンカーも少ないので、思い切りの良いショットで積極的に攻めていける。インコースは、アウトに比べてフェアウェイにアンジュレーションが効いており、ドッグレッグホールが絡むため難易度が上がる。アウト・インともに、ホール内各所に大木が点在しており、大木がスタイミーにならないように次のショットを想定したストラテジーが欠かせない。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    池越えのショートホール。ティーイングラウンドからはやや打ち下ろしており、距離も短いため、左手前の池は意識せずグリーンを狙っていきたい。ただし、右サイドはOBが近いので要注意。グリーンは、奥から手前に傾斜している2段グリーンになっており、ピン位置を確認して、同じ段につけることが必須条件。ピンの段にさえ乗せてしまえば、グリーンのアンジュレーションは少ないため、攻略しやすい。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    右ドッグレッグのロングホール。ティーショットは、右サイドのOBに注意しつつ、右前方に見える一本木の左狙いで。2打目は、左右のOBに注意が必要。右側からの傾斜が強く、つま先上がりのライになるため、距離よりも方向性を重視し、3打目にベストなポジションにつけることを優先したい。グリーンは大きく、アンジュレーションも少ないので、3打目はピンをデッドに攻めていける。フラットで素直なグリーンのため、多少距離のあるパッティングでもカップインする可能性が高く、ここは強気のパッティングでバーディーを狙っていきたい。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    グリーン手前に池が絡むミドルホール。ティーショットの落としどころは広いのだが、左右に曲げてしまうと、高い立木がコースに覆いかぶさるようにせり出しているため、2打目がスタイミーになり、グリーンが狙いにくい。ティーショットは、正面に見えるクラブハウス狙いで、フェアウェイセンターが絶対条件。2打目は、池越えのショットが要求されるが、ここで注意するべきポイントは、手前の池とグリーンの距離が近いこと。グリーンと池との間に細長いバンカーも存在するので、あまりギリギリのクラブを選択すると、少しのミスで池やバンカーに捉まることに。グリーン奥は広いので、ここは1番手大きなクラブで、ピンの奥狙いがこのホールのセオリー。グリーンは受けているので、奥につけると下りのパッティングが要求されるが、傾斜は緩やかなので、軟らかいタッチで距離を合わせていきたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ