東城陽ゴルフ倶楽部

京都府エンジョイ女性に人気練習場充実

コース攻略ガイド

「東城陽ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

HOLE No.16

HOLE No.16

  • 右ドッグレッグのパー4。ティーショットでは、約235ヤードで入ってしまう左サイドのバンカーに注意し、フェアウェイセンターよりやや右サイドを狙う。
    セカンドショット地点からは打ち下ろしとなり、グリーン左手前のバンカーを避けるためにも、グリーンの狙い目はセンターからやや右となる。巧みな傾斜が施されているグリーンは、セオリー通り手前からの勝負が無難。ボールの落下地点によっては、グリーンから簡単にこぼれてしまうので油断は禁物。
    アンジュレーションが複雑なグリーンは、しっかりとラインを読んで、タッチを合わせることが攻略のカギとなる。
    HOLE PAR Hdcp. Back Reg. Front Ladies
    16 4 2 390 381 370 330
  • HOLE No.16
    • HOLE No.16
    • HOLE No.16
    • HOLE No.16

HOLE No.17

HOLE No.17

  • 距離が長く、アップダウンのあるやや左ドッグレッグのパー4。ティーショットでは、左サイドの傾斜越えでショートカットを狙いたいところだが、打ち上げのうえ、最低でもキャリーで230ヤード以上打たないと超えられないので、無駄なトラブルを避ける意味でも、ここは素直にフェアウェイセンターから右サイド狙いで。
    打ち下ろしとなるセカンドショットでは、グリーン左右手前のガードバンカーを避け、中央の花道を使ってグリーンセンターへボールを運びたい。
    グリーンは微妙に傾斜があるものの、ほぼフラット。しっかりとタッチを合わせてカップインを狙おう。
    HOLE PAR Hdcp. Back Reg. Front Ladies
    17 4 6 401 385 368 320
  • HOLE No.17
    • HOLE No.17
    • HOLE No.17
    • HOLE No.17

HOLE No.18

HOLE No.18

  • アップダウンのあるパー5。ティーショットでは、右サイドのバンカーに注意。このバンカーは、約205ヤードほどで超えるのだが、バンカーよりもさらに右方向に突き抜けるとOBになってしまう可能性もあるので、フェアウェイセンターよりやや左を狙いたい。
    セカンドショットでは、約195ヤード付近にあるグリーン手前右サイドの池がポイントとなる。池に向かう傾斜に注意し、池より手前にセカンドを刻むか、しっかりとコントロールして池を避け、フェアウェイやや左サイドを狙いたい。ただし、池を避けるばかりに左に行き過ぎると、迫り出した松の木がスタイミーとなるので注意が必要だ。
    3打目のアプローチは、奥が若干高い2段グリーンなので、ピン位置をよく確認し、同じ段のピン手前にオンさせたい。
    上りのパットで勝負さえできれば、気持ち良くフィニッシュを迎えられる。
    HOLE PAR Hdcp. Back Reg. Front Ladies
    18 5 12 521 509 503 410
  • HOLE No.18
    • HOLE No.18
    • HOLE No.18
    • HOLE No.18