近江ヒルズゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「近江ヒルズゴルフ倶楽部」各コース最終ホールの攻略法をご紹介。

近江ヒルズゴルフ倶楽部

初心者から上級者まで攻略しがいのある「ささゆり」、距離が長くフェアウェイも広いため、思い切りドライバーを振っていける「こぶし」、そしてその景色の美しさと比較的フラットな地形やバンカーの少なさから、ウォーミングアップコース的人気を誇る「しゃくなげ」といった、それぞれ個性あふれる3コース。いずれのコースも、ティーイングラウンドからグリーンがほぼ見渡せる設計となっており、初めてのラウンドでもプレーしやすい。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    距離が長く、風の影響を受けやすいパー3。一度ティーイングラウンドに立てば、左・中・右と配置されたバンカーと距離のプレッシャーに負けることなく果敢に挑みたい。まずは、センターのバンカーを確実に超えるクラブを選択し、しっかりとグリーンまでボールを運ぶことがポイント。狙い目は、グリーンとサブグリーンの真ん中が安全。引っ掛けてカート道より左にいくと、通称「ダボ谷」と言われる谷深いグラスバンカーに吸い込まれ、パーセーブはもとよりボギーも難しくなるので要注意。グリーンは全体的に受けているので、ピン位置を確認し、ピン手前からの上りのパットで勝負したい。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    「近江ヒルズゴルフ倶楽部」屈指の名物パー5。打ち上げのうえにフルバックティーから617ヤードというモンスター級ロングホールだ。フェアウェイは若干右傾斜になっているため、ティーショットはやや左サイド狙いで。ティーショットを右サイドにつけると2打目が厳しくなるので、できるだけフェアウエイセンターから左サイドへと思いっきり打ちたい。セカンドショットでは、ピンまで残り150ヤード付近の右サイドのバンカーを避けて、フェアウェイ左サイドを狙うのが安全策。残り距離によっては3オンを狙わず、4オン狙いで丁寧に攻める方が無難。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    ロングヒッターで2オン狙いなら、フェアウェイ右サイドにつけたいが、右サイド230ヤード付近にはバンカーがあるだけでなく、右に行き過ぎるとOBになってしまうので、大きな賭けとなる。手堅く3オン狙いの場合は、右のバンカーを避けフェアウェイ左サイドが安全。左ドッグレッグのため、ティーショットの結果次第ではあるが、2オンを狙うにはそれなりの飛距離と精度が必要となる。グリーン手前には、アゴが高い大きなバンカーが待ち構えているので要注意。グリーンは、全体的にうねりは少ないが、絶妙な“見えない傾斜”が施されているため、思いのほかよくキレる。パットでは、繊細なタッチが求められる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ