全米トップアマ「シエラ&クリスティン」インタビュー Vol.1

2018年7月18日公開

世界で勝つためのマインドセット ──
次世代の世界のトップは何が違う?

ワールドランクトップたちに学ぶ、世界で戦うための準備

インタビューアー/松本 進 ストラテジーコーチ インタビューアー/
松本 進 ストラテジーコーチ

近年、韓国出身の選手を中心に、多くの外国人選手が日本女子ツアーに参戦し、競争が激化していますが、実はその後ろにはもの凄い数の予備軍たちが、日本を目指してやってくる準備をしています。
アジアのみならず、アメリカ、ヨーロッパからも日本を目指して、レベルの高い選手たちがやってくる構図は、アマチュアゴルフ界のワールドランキングを見れば一目瞭然。
今回は、招待選手として日本女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント2018」への出場のため来日している全米トップアマにインタビュー。
今後、世界を相手に戦わなければならない日本人。きっと学べることがあるはずです。

SIERRA BROOKS

SIERRA BROOKS ■ Profile ■
SIERRA BROOKS
シエラ・ブルックス

国籍:アメリカ
出身地:フロリダ州オーランド
所属:フロリダ大学2年生
世界アマチュアゴルフランキング:49位(2018/7/11時点)

普段の一日

シエラ・ブルックス選手/1日のスケジュール シエラ・ブルックス選手 シエラ・ブルックス選手

≪1日のスケジュール≫
05:30 起床
06:00~07:30 トレーニング(筋トレ)
09:00~12:00 学校の授業
13:30~16:00 練習(パター練習[1時間]、アプローチ練習[45分]、ショット練習[45分])
16:30~18:00 ラウンド(できるだけ多く)
18:30~ 夕食
19:30~21:30 勉強
22:00 就寝

クラブセッティング

シエラ・ブルックス選手/クラブセッティング シエラ・ブルックス選手/クラブセッティング シエラ・ブルックス選手/クラブセッティング

≪2018年センチュリー21レディス≫
■ドライバー/テーラーメイドM2ドライバー(10.5°)
 ・シャフト/OBAN Devotion 6(4FLEX・65GMS)
■FW/テーラーメイドM1フェアウェイウッド(3番/15°)
 ・シャフト/三菱ケミカルKURO KAGE XT(60S)
■UT/テーラーメイドM3レスキュー(4番/21°)
 ・シャフト/グラファイトデザインTour AD HY HYBRID(65S)
■アイアン/テーラーメイドPSi TOURアイアン(4番~PW)
■ウェッジ/ピンGLIDE 2.0(50°-12・56°-12・60°-10)
■パター/ピンパター

Q&A

ゴルフについて

Q

好きな(得意な)クラブは?

A

得意なクラブは、ドライバーとパターです。特にドライバーは、飛距離も出る(約270ヤード)ので、最も得意としています。

Q

ゴルフを始めたきっかけは?

A

ツアープロではありませんが、私の父がプロゴルファーでした。そして6歳の時、父に練習場に連れて行ってもらったのをきっかけにゴルフを始めました。

Q

ゴルフで一番うれしかったことは?

A

シエラ・ブルックス選手/インタビュー アメリカを代表してプレーしたことです。今は大学のゴルフチームの対抗戦でプレーしている時に喜びを感じます。それから、3年前のセンチュリー21レディスで優勝争いにからんだ時、最終日の17番ホールで1オンを狙ったのですが、ミスショットが出て、最終的には8位でフィニッシュした時です(松本コーチ:僕らも現地でプレーを観ていて、大変興奮しました)。優勝争いの中で一か八かに賭け、バーディーが取れれば……。ドッグレッグホールだったので、勝負するのか安全に行くのか迷う場面でしたが、勝負することを決断をしました。直接グリーンを狙ったショットが、ほんの数ヤード狙いより逸れたことで、結果としてOBになってしまいましたが、この経験からたくさんのことを学びました。これもうれしかった思い出の1つです。

Q

将来の目標は?

A

プロゴルファーになって、私よりも若いゴルファーたちに刺激を与えたいです。また、ゴルフ業界をさらに盛り上げていけるよう、様々な人に影響を与えられるゴルファーになりたいです。

Q

憧れの選手はいますか?

A

ジェイソン・デイ選手とタイガー・ウッズ選手です。2人ともプレースタイルが攻撃的で、私のプレースタイルと合致するところがあるので、憧れであり参考にもしています。

Q

オフの日はどのように過ごしていますか?

A

休みの日は、仲の良い友だちと遊んだり、フロリダのビーチでサーフィンをして過ごしています。悪いことはしてないわョ!

Q

ゴルフ以外で好きなことは?

A

ゴルフ以外では、料理をするのが好きです。それから、ジムでのトレーニングです(結局ゴルフにつながるのですが……)。やっぱり、体調管理を常に意識していますね。

Q

ゴルフファッションのこだわりはありますか?

A

シエラ・ブルックス選手/キャディーバッグ やはりスポーティーなのが1番です。動きやすいかどうかが大切です。それから、ゴルフは元々伝統的なスポーツですが、明るい色を取り入れたりすることも意識しています。ちなみに、バッグにあしらわれている“ワニさん”は、大学のマスコットです。

日本や世界について

Q

日本の印象は?

A

日本人の礼儀良さ(マナーの良さ)を特に尊敬しています。それと何より、食べ物がおいしい! 中でもお気に入りは、お寿司の“トロ”と“しゃぶしゃぶ”が最高です。それから、日本の“焼肉”も最高!

Q

世界のアマチュアゴルフ界の変化について

A

シエラ・ブルックス選手 世界のジュニアゴルファーやアマチュアゴルファーは、間違いなく育ってきていると思います。ゴルフの環境も良くなり、たくさんのトーナメントが開催されています。特に、タイなどのアジア地域などでは、5年前くらいから多くの選手がトーナメントに参加するようになり、アリヤ選手・モリヤ選手姉妹の出現でさらに若いゴルファーが育ってきています。以前は、それほどゴルフが盛んなイメージの国ではありませんでしたが、今では全くそうではなくなりました。

Q

アメリカと日本のアマチュアゴルファーの違いは?

A

日本のアマチュアゴルファーの方が、私たちと比べ練習熱心だと思います。長い時間かけて、一生懸命練習していると感じました。もちろん私たちも必死で練習していますが、比較的自由に練習していますね。

Q

印象に残る国やゴルフコースはありますか?

A

ひとつは、アイルランドのゴルフコースです。アメリカでは、池やクリークなどがデザイン的に配置されたキレイなゴルフコースが多いのですが、アイルランドのゴルフコースは、自然の地形そのままで、風などの影響もあり、多種多様なショットが求められるところがおもしろかったです。それと、オーガスタナショナルですね。以前は、女性がラウンドすることができなかったのですが、つい最近になって、女子のアマチュアトーナメントが開催されるようになりました。

試合で結果を出すためのカギ

Q

試合前、緊張しますか? またその対処法は?

A

シエラ・ブルックス選手/インタビュー もちろん、試合の時は緊張します。ただ、試合で結果を求めるための緊張は、怖がったりする悪い緊張ではなく、興奮からくる緊張なので、同じ緊張でも“良い緊張”だと考えています。緊張をした時は、ショットのギリギリまでゴルフ以外のことを考えたり、キャディーとプレーとは全く関係の無い話をしたりして、緊張をほぐすよう心掛けています。

Q

優勝するために必要なことは?

A

優勝するために必要な要素は、我慢だったり、とにかく自分のペースを保つことだと思います。気持ちをコントロールし、バーディーを取ってもボギーを叩いても感情の起伏を少なく、心の状態を一定に保つことが大切です。

Q

飛距離の重要性について

A

飛距離も重要ですが、より正確性の方が重要だと考えています。いくらドライバーで飛ばしても、後ろからハイブリッドなどで、自分のウェッジよりも内側につけられたことを何回も経験しているので、飛距離の優位性よりも正確性の方が大切だと考えています。

Q

リーダーズボードをチェックする?

A

できるだけ、他の人のスコアを見ないようにしています。とにかく、自分のベストを出すことに集中しています。他の人はどうあれ、私は全てのホールでバーディーを獲るつもりでプレーしています。バーディーかイーグル狙いね!

Q

結果が出ない時はどうする?

A

大切なことは、自分の設定したゴールをめがけて、少しでもゴールに近づくことだと考えています。その日1日だけの結果で、一喜一憂したりはしません。ゴルフなのだから、良い日もあれば悪い日もあるので、もっと長いプロセスでゴールに近づくことを意識しています。

Q

ルーティーンなどはある?

A

毎朝4:30~5:00に起きて、ジムに行くようにしています。どんなことがあっても、毎朝決まった時間に目が覚めるようになりました。たまにもっと早く目が覚めた時は、我慢して時間が来るまでベッドに入っていることもあります。

自己分析

Q

自分の性格を分析すると?

A

シエラ・ブルックス選手/インタビュー 自分を追い込むことが好きです。妥協せず、自分自身を限界まで追い込むことで、良い方向にもっていくようにしています。それと、他の人の相談にのったり、サポートしたりするのも好きです。

Q

自分のゴルフに自信はある?

A

自信はあります。私にはゴルフに対して長期的なプランがあり、自分自身が設定したものを、日々の練習で積み重ねてきました。ですから、ショットの自信はもちろん、ゴルフにおいて、積み重ねてきたものを沢山持っているという自負が、ゴルフの自信につながっています。

Q

自分のゴルフの長所は?

A

私の1番の長所は、ドライバーの飛距離(約270ヤード)です。

Q

これからの自分のテーマは?

A

まずは大学を卒業し、来年はアメリカのQスクールを受けます。それと、バックアッププランとして、スポーツキャスターにも興味があります。

ストレス解消法

Q

自分なりのストレス解消法はありますか?

A

ストレスを感じた時は、料理をしたり、ジムでトレーニングをして解消します。料理は、朝食と夕食を家族全員の分を作ります。私の家族は、ピザが大好きなのですが、健康のために工夫して、野菜のピザなんかも作ったりしています。

センチュリー21レディスへの意気込み

Q

トーナメントが開催される、瀬田ゴルフコース西コースの印象は?

A

シエラ・ブルックス選手 この「瀬田ゴルフコース 西コース」は、グリーンが小さくフェアウェイも狭いので、曲げてしまうとトラブルにつながります。様々な要素を考えてプレーする必要があり、ボールのポジションによっては、絶対にピンに寄らないポイントがいくつもあるので、気軽に打っていけるホールはほとんどありません。そういった戦略性の高さが印象的ですが、私は凄く好きなゴルフコースです。

Q

コース攻略のための戦略は?

A

ターゲットを絞り、正しいクラブ選択ができるかが重要になってきます。2打目のアングルを考慮して、幅の広いアングルから打てるようピン位置から逆算し、1打目をどこに運べば良いのかを計算に入れる必要があります。ターゲットに正しくティーショットを運び、コースの距離に惑わされないようなコース戦略を立てる必要があります。

TOPへ戻る ↑