Fujikura特集 2019

2018年7月31日公開

試打インプレッション

Speeder SLK/6XFor Driver

  • 短尺専用設計の“Speeder SLK”は、
    ドライバーが少し苦手な方にお薦めです。

    短尺専用設計の“Speeder SLK”は、何と言ってもドライバーが少し苦手な方にお薦めです。
    フェアウェイウッドは特に問題なく打てていても、少しシャフトが長くなった分、ドライバーになると急に上手く打てなくなってしまうような方には、特に効果的なシャフトです。

  • Speeder SLK

○ショットの分析結果

  • Speeder SLK
  • クラブ
    スピード
    ボール
    スピード
    打出
    角度
    バック
    スピン
    キャリートータル
    距離
    46.4
    [m/s]
    68.1
    [m/s]
    13°
    [deg]
    2,618
    [rpm]
    251.1
    [yds]
    263.0
    [yds]

○試打インプレッション

Speeder SLK

やはりシャフトが短くなっている分、ヘッドスピードや飛距離そのものはさほど伸びてはいませんが、ボールが打ちやすいイメージのとおりミート率が上がっています。
アイアンの飛距離は抜群なのに、何故かドライバーを握ると思ったような飛距離が出せない方は、ぜひ一度お試しください。

「Speeder SLK」製品紹介を見る ⇒

「試打インプレッション 一覧」へ戻る ⇒

Speeder EVOLUTION Ⅴ/661XFor Driver

  • ボールのつかまりが良く、
    右方向を怖がる傾向の方にお薦めのシャフト

    “Speeder EVOLUTION Ⅴ”は、シャフト先端部のしなり戻りが速く、ボールのつかまりが良いシャフトなので、右方向を怖がる傾向の方にお薦めです。

  • Speeder EVOLUTION Ⅴ

○ショットの分析結果

  • Speeder EVOLUTION Ⅴ
  • クラブ
    スピード
    ボール
    スピード
    打出
    角度
    バック
    スピン
    キャリートータル
    距離
    45.9
    [m/s]
    67.5
    [m/s]
    14°
    [deg]
    2,007
    [rpm]
    246.6
    [yds]
    266.8
    [yds]

○試打インプレッション

Speeder EVOLUTION Ⅴ

シャフト先端部が適度にしなってシャープにしなり戻るので、ヘッドスピードが上がるとともに、右回転(スライス)のボールが出にくくなり、ストレートからドロー気味のボールでしっかり距離も伸びています。
持ち球のドローボールでもっと飛ばしていきたい方や、持ち球をドローボールにしていきたい方、もちろん、スライスでお悩みの方も一度お試しください。

「Speeder EVOLUTION Ⅴ」製品紹介を見る ⇒

「試打インプレッション 一覧」へ戻る ⇒

Speeder TR/661XFor Driver

  • 左を気にせず、思いっきり振って
    叩いてボールを飛ばしたい方にお薦め!

    “Speeder TR”は、シャフト先端部から中間部がしっかりしていて、ヘッドの挙動が安定することから、左へのミスを心配せずに思いっきり振って、叩いてボールを飛ばしたい方にお薦めです。

  • Speeder TR

○ショットの分析結果

  • Speeder TR
  • クラブ
    スピード
    ボール
    スピード
    打出
    角度
    バック
    スピン
    キャリートータル
    距離
    47.3
    [m/s]
    69.3
    [m/s]
    12°
    [deg]
    2,716
    [rpm]
    252.3
    [yds]
    270.0
    [yds]

○試打インプレッション

Speeder TR

中元調子で手元側がしなり、その分ロフトが立った状態でインパクトを迎えるので、ボールの打ち出し角度が低くなり、ドロー回転と吹け上がりを抑えた力強いフェード系で飛距離も出ています。
一言で言うと、ハードヒッター向けのシャフトで、飛距離はもちろん、思い切り振っていきたい方、思い切り叩いていきたい方にピッタリなシャフトです。
コントロールして打つことよりも、自分のパワーを余すことなくボールに伝えたいという方は、ぜひ一度お試しください。

「Speeder TR」製品紹介を見る ⇒

「試打インプレッション 一覧」へ戻る ⇒

Speeder EVOLUTION Ⅳ/661XFor Driver

  • シャフト先端部がしっかりしている中調子系
    ハードヒッターにもお薦めできるシャフト

    “Speeder EVOLUTION Ⅳ”は、EVOLUTIONシリーズの中でも比較的シャフト先端部がしっかりしている中調子系で、ハードヒッターの方にもお薦めです。中調子ではありますが、しなり戻りのスピードが速く、弾き感もあるので、安定感と同時に飛距離も望めるシャフトです。 シャフト自体は、決して大きくしなるわけではないので、シャフトが補助してくれると言うよりは、邪魔もしないといったシャフトです。

  • Speeder EVOLUTION Ⅳ

○ショットの分析結果

  • Speeder EVOLUTION Ⅳ
  • クラブ
    スピード
    ボール
    スピード
    打出
    角度
    バック
    スピン
    キャリートータル
    距離
    46.2
    [m/s]
    66.6
    [m/s]
    15°
    [deg]
    2,258
    [rpm]
    246.4
    [yds]
    265.3
    [yds]

○試打インプレッション

Speeder EVOLUTION Ⅳ

個人的に一番好きなシャフトで、何と言っても素直な特性が魅力です。
思い切り振りやすく、結果、ヘッドスピードもボールスピードも出ています。他のEVOLUTIONシリーズと比べても、シャフト先端部がボールを受けとめる力が強く、強いインパクトが迎えられている感じがします。
一般的に、しなり戻りのスピードが速いと、若干ひ弱に感じやすいものですが、“Speeder EVOLUTION Ⅳ”に関しては、そのインパクトのひ弱さを全く感じません。
初心者の方というよりは、どちらかと言うと、少しゴルフの腕前に自信がある方にお薦めです。

「Speeder EVOLUTION Ⅳ」製品紹介を見る ⇒

「試打インプレッション 一覧」へ戻る ⇒

DAYTONA SPEEDER/XFor Driver

  • しなり戻りが速く、ヘッドスピードが自然と上がる。
    最高の飛距離を求める方にお薦め!

    “DAYTONA SPEEDER”は、1にも2にもしなり戻りが速いシャフトで、とにかく飛距離を求める方や弾き感を求める方にお薦めです。

  • DAYTONA SPEEDER

○ショットの分析結果

  • DAYTONA SPEEDER
  • クラブ
    スピード
    ボール
    スピード
    打出
    角度
    バック
    スピン
    キャリートータル
    距離
    47.1
    [m/s]
    69.0
    [m/s]
    16°
    [deg]
    2,251
    [rpm]
    259.2
    [yds]
    278.3
    [yds]

○試打インプレッション

DAYTONA SPEEDER

特別に意識していなくても、そのしなり戻りのスピードに身体が自然と反応し、他の同じ長さのシャフトよりヘッドスピードも上がっています。
ヘッドスピードが自然と上がって飛距離が伸びるということからも、最高の飛距離を求める方には、ズバリこの“DAYTONA SPEEDER”と言えるでしょう。
大きく分けるとスインガータイプとの相性が良く、今よりもっと飛距離を求める方や、以前より少し飛距離が落ちてきたという方も、少ない力でも効率良く最大飛距離が望める“DAYTONA SPEEDER”を、ぜひ一度お試しください。
ちなみに、フレックスはR~XXまで揃っていますので、ヘッドスピード50m/s前後のハードヒッターの方にもお薦めです。

「DAYTONA SPEEDER」製品紹介を見る ⇒

「試打インプレッション 一覧」へ戻る ⇒

ZERO SpeederFor Driver

  • ヘッドスピードが向上することで、
    約15~20ヤードの飛距離アップが望めます!

    “ZERO Speeder”は、20g台の超軽量モデルの割にしっかりしたシャフトです。
    ある程度ヘッドスピードが出る方が使用しても問題ありませんが、ヘッドスピード30m/sくらいの方や、ヘッドスピードが落ちてきた方にお薦めです。

  • ZERO Speeder

○ショットの分析結果

  • ZERO Speeder
  • クラブ
    スピード
    ボール
    スピード
    打出
    角度
    バック
    スピン
    キャリートータル
    距離
    35.3
    [m/s]
    51.8
    [m/s]
    14°
    [deg]
    2,102
    [rpm]
    160.6
    [yds]
    172.2
    [yds]

○試打インプレッション

ZERO Speeder

ヘッドスピードを36m/sに落として打ってみましたが、超軽量シャフトの“ZERO Speeder”で最も効果が期待できるのは、ヘッドスピード25~35m/sと幅広く、通常のドライバー飛距離が160ヤードくらいの方であれば、ヘッドスピードが向上することで、約15~20ヤードの飛距離アップが望めます。
ヘッドスピードが遅めの方で、もっとヘッドスピードを上げてボールを遠くへ飛ばしたい方は、“Air Speeder”と“ZERO Speeder”を打ち比べてみて、どちらのシャフトがよりヘッドスピードが上がるのか? よりスイングにマッチするのか? ぜひ一度お試しください。

「ZERO Speeder」製品紹介を見る ⇒

「試打インプレッション 一覧」へ戻る ⇒