Fujikura特集 2019

2018年7月31日公開

試打インプレッション

DIAMOND Speeder/DIA SPD HB 8SFor Hybrid

  • Fujikura史上最もトルクを絞ったモデル
    飛距離性能に特化しつつ安定感抜群のシャフト

    “DIAMOND Speeder(DIA SPD HB)”は、振り抜きやすく、しなり戻りの速さを感じ取りやすいシャフトです。
    また、超高弾性カーボンを使用し、Fujikura史上最もトルクを絞ったモデルは、ボールを強く叩きにいっても安定感があり、しなり戻りが速いので飛距離も期待できます。

  • DIAMOND Speeder

○ショットの分析結果 [試打クラブ:Hybrid 21.0°]

  • DIAMOND Speeder
  • クラブ
    スピード
    ボール
    スピード
    打出
    角度
    バック
    スピン
    キャリートータル
    距離
    43.0
    [m/s]
    62.4
    [m/s]
    15°
    [deg]
    4,857
    [rpm]
    205.3
    [yds]
    218.5
    [yds]

○試打インプレッション

DIAMOND Speeder

ボールの打ち出しも十分に高さが出ていて、ボールのつかまりと飛距離も申し分ありません。
アイアンはスチールシャフトを使いたいが、ハイブリッド系はしっかりとしたカーボンシャフトが使いたいという方にお薦めです。
ハイブリッドに飛距離を求める方も、飛距離性能に特化しつつ安定感抜群の“DIAMOND Speeder(DIA SPD HB)”を一度お試しください。
※試打クラブは21.0°

「DIAMOND Speeder」製品紹介を見る ⇒

「試打インプレッション 一覧」へ戻る ⇒

MCH/MCH 80SFor Hybrid

  • ボールの上がり具合と方向性、飛距離も充分
    素直な動きが特徴のハイブリッド用シャフト

    “MCH”は、素直な動きが特徴のハイブリッド用シャフトです。
    誰にでもマッチしやすく、特に100g前後のスチール製シャフトをお使いで、少し軽くしていきたい方にお薦めです。
    お使いのスチールシャフトのフィーリングを残しつつ、シャフト重量だけを少し軽くしていくイメージです。

  • MCH

○ショットの分析結果 [試打クラブ:Hybrid 20.5°]

  • MCH
  • クラブ
    スピード
    ボール
    スピード
    打出
    角度
    バック
    スピン
    キャリートータル
    距離
    42.8
    [m/s]
    59.4
    [m/s]
    18°
    [deg]
    4,408
    [rpm]
    199.1
    [yds]
    212.4
    [yds]

○試打インプレッション

MCH

ハイブリッドでも、重さを感じることなく気持ち良く振り抜けて、ボールの上がり具合と方向性、飛距離も充分です。
アイアン用“MCI”との流れとしては、10~20gほど軽くしていくと繋がりが良いと思います。例えば“MCI”(MCI 100S)の場合は、“MCH”(MCH 80S)といった組み合わせが理想的です。
幅広い方にお薦めの“MCH”ですが、アイアンの流れでハイブリッドを打ちたい方は、ぜひ一度お試しください。
上のドライバーからよりも、下のアイアンからドライバーまでの流れをみていく方と、相性が良いシャフトだと思います。
※試打クラブは20.5°

「MCH」製品紹介を見る ⇒

「試打インプレッション 一覧」へ戻る ⇒