「ジャパンゴルフフェア2018」 最新ゴルフギア紹介 Vol.1

2018年5月9日更新

「ジャパンゴルフフェア2018」 最新ゴルフギア紹介 Vol.1

ジャパンゴルフフェア2018
最新ゴルフギア紹介 Vol.1

2018年3月23日(金)~25日(日)にパシフィコ横浜で開催された「ジャパンゴルフフェア2018」から、2018年注目の最新ゴルフギアをご紹介します!

YONEXYONEX

  • YONEXヨネックス株式会社
    ゴルフ事業部 ゴルフ営業課
    主任
    森川 将隆 さん
  • YONEXs

革新的な直進スピンフェース採用により サイドスピンが軽減、ボールの曲がりを抑える

  • 今年のイチ推しは? ──

    今年のイチ推しは、2018年3月23日に発売したばかりのプロギア“Qシリーズ”です。一般的に、プロゴルファーでもドライバーショットのフェアウェイキープ率は60%ぐらいと言われており、当然、アマチュアゴルファーの場合では50%以下、調子によっては20~30%ぐらいになる方が多いのではないでしょうか。プロギア“Qシリーズ”のコンセプトはズバリ! ラフやフェアウェイバンカー、斜面などのライが良くない厳しい場面で力を発揮してくれるクラブです。
  • 特徴は? ──

    NEW“EZONE GT Driver”の特徴は、一般的なフェースの研磨はヨコ方向となりますが、EZONE GTドライバーはタテ方向の研磨を採用しているところです。ボールは、インパクトの際、若干タテずれするのですが、そのタテずれするボールに対し、タテ方向の研磨をすることでサイドスピンが軽減され、ボールの曲がりを抑える効果があります。さらには、クラウン表面に新素材「オープンウィーブカーボン」を複合し、裏面には新構造「ハニカム構造」のハニカムクラウンを採用することにより、従来に比べ強度を確保しつつ、約20%の軽量化を達成しました。ヘッド上部の重量を軽くできた分、より理想的な低重心設計で、高弾道・低スピンの飛距離アップに繋がりました。
  • 他には? ──

    軟鉄系アイアンシリーズでは、“EZONE CB 501 Forged Iron”と“EZONE CB 301 Forged Iron”がイチ推しです。一般的な軟鉄アイアンは「S25C」をそのまま素材に使用しますが、この2種類のアイアンに関しては、S25Cに新製法の真空熱処理(特許出願中)を採用しています。真空熱処理を施すことで、同じS25Cでも硬度が約20%軟らかくなり、同時に打感も柔らかくなります。プロや上級者が好むマイルドな打感と、素材の軟らかさからくる高いコントロール性が一番のポイントです。
  • YONEX
  • YONEX
  • スマゴルスタッフの感想

  • ヨネックスといえばカーボンクラウンですが、新素材「オープンウィーブカーボン」を採用し、更に進化させました。また、フェースにタテ方向の研磨を加えることによりサイドスピンを軽減させるなど、目立たないところで確実に技術を進化させているところがさすがですね。ヘッドもシャフトもMade in JAPAN。日本製へのこだわり、JAPANESE QUALITYこそがYONEXの利点であり強みですね。

NIPPON SHAFTNIPPON SHAFT

  • Titleist日本シャフト株式会社
    営業部 営業二課 主任
    栗原 一郎 さん
  • Titleist

「生涯スチール」を可能にする、飛び系スチールが誕生

  • 今年のイチ推しは? ──

    新製品“N.S.PRO Zelos 6”は、「世界最軽量」記録を更新したスチールシャフトです。スチールシャフトながら68.5gと超軽量で、ヘッドスピードが35m/sから40m/s前後の方にオススメです。基本的な設計は、日本シャフト独自の肉厚調整を取り入れ、世界最軽量でありながら、なだらかにしなる剛性設計によるタイミングの取りやすさと、シャフト先端部の強度を上げることにより、ブレを抑えた正確なインパクトが可能になりました。シニア男性からアスリート志向の女性ゴルファーに適したスチールシャフトです。
  • 他には? ──

    数量限定モデル “N.S.PRO MODUS3 WEDGE Limited GREEN”は、2018年4月5日発売の世界限定、各3,000本のアフターマーケット限定モデルです。シャフト自体は、“N.S.PRO MODUS3 WEDGEシリーズ”の105・115・125と同じウェッジ専用シャフトですが、昨年春のメジャー大会での使用プロ優勝を記念して発売特別モデルです。
  • NIPPON SHAFT
  • NIPPON SHAFT
  • スマゴルスタッフの感想

  • “N.S.PRO Zelos 6”は、「世界最軽量」記録を更新したスチールシャフトです。例えば、ドライバーに30g~40g台のシャフトをお使いの方に最適のスペックで、このシャフトがあれば、「生涯スチール」シャフトを貫くことも可能になりますね。また、“N.S.PRO MODUS3 WEDGE Limited GREEN”は、マスターズ優勝を記念して発売されるモデルで、シャフト全体がマスターズカラーのグリーンに彩られた特別仕様です。数量限定なので、興味のある方はお早めに!

MITSUBISHI CHEMICALMITSUBISHI CHEMICAL

  • MITSUBISHI CHEMICAL三菱ケミカル株式会社
    高機能成形材料部門
    炭素繊維複合材料本部
    コンポジット製品事業部 営業グループ
    担当課長
    伊藤 成就 さん
  • MITSUBISHI CHEMICAL

「デュアルコア」採用により、最もスピン量を抑えた
高打ち出し低スピンタイプのシャフト

  • 今年のイチ推しは? ──

    今年のイチ推しは“KURO KAGE XD”です。「低スピンで飛ばす!」をコンセプトに、先端部には二重に金属(チタンニッケル)が巻かれた「デュアルコア」が施され、ゴムのように伸び縮みする性質から、変形しても速やかに元の形状を回復する効果があります。従来モデルの“KURO KAGE XT”は、低弾道で左に行きにくい典型的な強弾道タイプです。また“KURO KAGE XM”は、適度なしなり感とスピン量に、打ち出しの高さとつかまりの良さを加えたタイプでした。この“KURO KAGE XD”は、ハードさという意味では従来モデルの中間に位置しますが、最もスピン量を抑えた、高打ち出し低スピンタイプのシャフトです。
  • MITSUBISHI CHEMICAL
  • MITSUBISHI CHEMICAL
  • Diamana Junior BLUE・Diamana Junior RED ──

    “Diamana Junior BLUE”と“Diamana Junior RED”は、2016年のゴルフフェアで展示したFRANKI(ジュニア専用Diamanaシャフト)を製品化したツアークオリティのジュニア専用シャフトです。FRANKIでの展示から2年間かけて、ジュニアゴルファーの試打を繰り返し行うなど、さらに磨きをかけた結果、遂に2018年3月23日発売にこぎ着けました。一般的なジュニア用クラブは、比較的コストを抑えたモデルが多いのですが、「ジュニアゴルファーにも最高のシャフトを」をテーマに、身長135cm~155cmに対象を絞りました。これまでのように、大人用のクラブを短く切って使っていたのでは、本来そのシャフトが持つ“オイシイ”ところが無くなってしまいます。ちょうどその年代はゴールデンエイジであり、ゴルフのスキルアップに最も重要なタイミングとも言われているので、ジュニアゴルファーにピッタリ合ったツアーブランドDiamanaのシャフトを用意しました。
    Diamanaに青マナ・赤マナがあるように、ジュニア専用のドライバー用シャフトにも、クセがない中調子のブルーと先調子感がある走りと弾き系のレッドの2タイプをラインナップ。さらには、ジュニア専用のフェアウェイウッド用シャフト“Diamana Junior FW”に加え、アイアン用シャフト“Diamana Junior Iron”もラインナップしています。ジュニア用としては決して安くはありませんが、ジュニアゴルファーの育成を目的に、トータルでひとりひとりの最適性能を提案します。
  • MITSUBISHI CHEMICAL
  • MITSUBISHI CHEMICAL
  • OT Tour hybrid / iron ──

    FRANKIから製品化したシャフトには、アイアン用カーボンシャフト“OT Iron”があります。通常のカーボンシャフトが鉄の芯棒にカーボンシート(プリプレグ)を巻きつける製法に対し、“OT Iron”はカーボン繊維の束を、組み紐状に編み上げる独自の製法を用いています。従来モデルの“OT iron”は、いわゆる1本取りの設計になっており、やさしく高弾道が打てるシャフトですが、今回追加された最新の“OT Tour hybrid / iron”は、番手別設計により、繊細な重量フローセッティングを可能にしたアスリート向けシャフトです。特徴として、ロボットによる試打では、軽量スチールシャフトよりも弾道のバラつきが少ない安定した結果が出ています。打感の柔らかさに加え、振動減衰性に優れているので、ショット時の手首等への衝撃も軽減されます。方向性が良くボールの上がりも良いので、スチールシャフトからスムーズに移行していただけるアイアン用カーボンシャフトです。
  • MITSUBISHI CHEMICAL
  • MITSUBISHI CHEMICAL
  • FUBUKI AiⅡ ──

    最新の“FUBUKI AiⅡ”は、「やさしく飛ばす!」をコンセプトに、カスタムシャフト初心者の方向けに、価格を抑えた入門モデルです。やさしくボールが上がり飛距離アップが狙えるので、今までカスタムシャフトに手が出せなかった方にオススメのシャフトです。
  • GRAND BASSARA ──

    NEW“GRAND BASSARA”は、新素材の高強度カーボンファイバー「MR70」を採用し、軽さの中にも強さを秘めた超軽量シャフトです。ドライバー用シャフトの最軽量スペック“GRAND BASSARA GB29”は、ペイント前の素管重量で30gを切る超軽量設計ながら、決してあたり負けしないしっかりした剛性感も兼ね備えています。「ドライバーだけでなくトータルで組みたい」といったようなご要望が多く寄せられたこともあり、今回はドライバー用シャフトに加え、フェアウェイウッド用“GRAND BASSARA FW”・ユーティリティ用“GRAND BASSARA Hybrid”・アイアン用“GRAND BASSARA Iron”が追加されました。
  • Callaway
  • Callaway
  • スマゴルスタッフの感想

  • KURO KAGEシリーズは、USツアーで使用プロが多いブランドですが、“KURO KAGE XD”はその最新作です。従来モデルの“KURO KAGE XT”と“KURO KAGE XM”の中間に位置するシャフトですが、低スピン高打ち出しタイプで既にツアーでも結果が出ており、これからさらに活躍が期待されるシャフトですね。また、いつもアイデア満点の “FRANKI”は、出展毎にコンセプトモデルを発表していて、今回は、現在のストレートシャフトではなくベントネックタイプのカーボン製パターシャフトや模造品防止チップ内蔵のシャフトなど、様々な試作品の展示がありました。