「ジャパンゴルフフェア2018」突撃レポート!

2018年4月4日更新

「ジャパンゴルフフェア2018」突撃レポート!

「ジャパンゴルフフェア2018」突撃レポート!

■Taylor Made Golf

  • Taylor Made Golf
  • 世界ランクNo.1のダスティン・ジョンソンをはじめ、「M3」「M4」を手に世界で戦うトップランカーの写真が大きく飾られたテーラーメイドのブース。年明けの登場から、米ツアーですでに4勝を挙げるなど実績は抜群。今年から日本の女子プロ選手にも使用者が拡大し、2018年ギアの話題の中心。そんな新しいギアが展示されたブースに、来場者も興味津々の様子でした。

■BRIDGESTONE GOLF

  • BRIDGESTONE GOLF
  • 巨大なブースの中央には、大型のステージが設置されていて、期間中には、あの宮里兄妹のトークショーなどが開催され、多くの来場者を集めていました。

■PING

  • Fujikura
  • 昨シーズンは、男女プロともに同じドライバーとアイアンを使った選手が賞金王になったことで話題となった「PING」。話題の「G400」シリーズを中心に、注目のギアが数多く並べられ、人気メーカーだけに、連日多くの来場者を集めていました。
    ブース内には、契約プロの紹介パネルと使用クラブが展示されていて、実際に手に取ることが出来ました。
  • Fujikura
  • Fujikura

世界の飛ばし屋、バッバ・ワトソンのピンクドライバーや、「PING」のパターを使用して優勝した選手に送られる、ゴールドパターの実物も展示されていました。

  • Fujikura
  •  

「PING」といえばクラブフィッティングで有名ですが、今回のブース横ではクラブのライ角調整が体験できるブースがあり、来場者も皆さん体験されていました。ライ角調整って、最後は本当に金槌トントンで手作業の調整なんですね。