ゴルフシャフトメーカー

USTMamiya特集

USPGAツアーや欧州ツアー、そして日本ツアーなど、世界で戦うツアープロから絶大な支持を得ている「USTMamiya」。今回は、リシャフト市場でも、その洗練されたデザインと革新性で高い人気を誇る「USTMamiya」のシャフトの魅力に迫ります!

USTMamiya特集

2018年1月17日公開

USTMamiya 製品紹介 〜For Iron & Wedge〜
  • 製品紹介一覧
  • For Driver
  • For Fairway Wood & Utility
  • For Iron & Wedge

ATTAS IRON/ATTAS SPINWEDGE IP

ATTAS IRON/ATTAS SPINWEDGE IP

いまだかつてない飛距離を実現する、革新的なテクノロジーがここに集結
強度を高めつつ手元部を緩くした設計で、更なるスピン性能・コントロール性能を向上

ATTAS IRON/ATTAS SPINWEDGE IP この2代目“ATTAS IRON”が、以前のモデルから大きく変わったところは、「とにかくボールが上がりやすい!」「適切なスピン量が得られる!」ことに加え、「飛距離」に特化したところです。ミドルアイアンから上は振りやすく、ショートアイアンから下のクラブではピンを狙いやすく、をコンセプトに設計したアイアン専用(ウェッジ含む)のカーボンシャフトです。先端部の動きを強調し、「ボールのひろいやすさ」と、直接、地面から打つショットでも「アタリ負けしない」のがこのシャフトの特徴です。

アイアンは、ピンをデッドに狙うことを目的としたクラブなので、振ったところでボールが打てるよう、弾道がねじれないシャフトに仕上げました。重量帯も40g台から115g台(実際は約120g)まで揃え、幅広いゴルファーに対応しています。発売を開始してから2年以上経ちますが、80Sや60Rのモデルを中心に、今でも飛距離が「15ヤード伸びた」など、多くのお客さまに満足していただいております。

この“ATTAS IRON”は、各重量帯ごとに、アイアンの流れで「#11」まで展開しており、アイアンからウェッジまで同じ重量のシャフトを選ぶことができますが、ウェッジのシャフトを重くしたり、もっとスピン量を増やしたいゴルファーには、ウェッジ専用の“ATTAS SPINWEDGE IP”がオススメです。一般的に、カーボンシャフトとスチールシャフトを比較した場合、フェースにボールが乗っている時間が長い分、カーボンシャフトの方がスピンがかかりやすくなります。ただし、単純にシャフトが走り過ぎても、フェースがボールをただ押すだけなので、ボールのスピン量には影響しません。“ATTAS SPINWEDGE IP”は、スピン量の増加に最適な、走り過ぎを抑えた「もっちりした走り」で、他のスチールシャフトよりも、スピン量が1000回転ほど増えたという数値結果も出ています。

ATTAS IRON/ATTAS SPINWEDGE IP “ATTAS IRON”“ATTAS SPINWEDGE IP”の両モデルに共通した特徴の1つに、コスメがあります。IP(イオンプレーティング)塗装で高級感とアグレッシブさを演出し、その特殊な加工を自社工場で施すことで最大のメリットでもある低コスト化を実現しました。ある意味では、一見スチールシャフトのようにも見える「カーボンシャフトっぽくない!」ところも人気の理由なのかもしれません。試打会での評判も上々なので、アイアン・ウェッジなどのシャフトでお悩みのゴルファーは、ぜひ一度お試しください。

TOPへ戻る ↑

←「製品紹介一覧」へ戻る

Recoil 660 For Iron

Recoil 660 For Iron

USTMamiya独自のカーボン積層テクノロジー採用により
最大飛距離と正確な方向性を実現
シャフトのしなりはもちろん、つぶれ戻りの最適化を生み出す

Recoil 660 For Iron アイアン専用シャフト“Recoil”は、アメリカではほとんどのメーカーさんが純正採用されるほどの大人気シャフトです。現地では、キャロウェイさんやテーラーメイドさんなど、大手メーカーが挙って採用していただきました。

Recoil(リコイル)とは、「反動」といった意味です。カーボン繊維の巻き方には、芯に対して真っ直ぐに巻くストレート層や、約90°で巻くフープ層、斜めに角度をつけて巻くバイアス層があり、そのカーボン積層テクノロジーが、シャフトの動きに対し大きな影響を与えます。筒状のシャフトは、切り返しの時にどうしても「つぶれ」が生じます。その「つぶれ」が元に戻る力をヘッドの加速に繋げ、活用したのがこの“Recoil”です。Recoil(リコイル)というネーミングと、つぶれ戻りの反動を活用したキャラクターがマッチしたのも、アメリカで人気を得た理由の1つです。先ほどの“ATTAS IRON”が飛距離タイプであるなら、“Recoil”はスチールシャフトの良さである正確な方向性と、カーボンシャフトの飛距離性を両立させたタイプのシャフトです。

Recoil 660 For Iron 今回ご紹介するのは、アイアン専用シャフト“Recoil”の中でも、ユニタイズ設計が特徴の“Recoil 660”です。ユニタイズ設計とは、番手に関係なく元の1本のシャフトから、必要な番手ごとに重量や長さを調整して先端部と手元部をカットする、いわゆる1本取りのシャフトです。ユニタイズ設計のシャフトは、振動数フィッティングという意味ではとても便利で、カットする幅で、振動数を自由に調整できるところが魅力です。そのようなメリットもあるユニタイズ設計ですが、特に日本では、番手別に設計されていないシャフトや汎用シャフトとしてみられ、イメージがあまり良くありません。実際、“ATTAS IRON”を含め、一般的なシャフトの多くは番手別設計を採用し、3番アイアンには3番アイアン用のシャフト、7番アイアンには7番アイアン用のシャフトが元から用意されています。そんなユニタイズ設計ですが、アメリカを始めアジアなど海外では、シャフト性能も劣らず、フィッティングでの微調整がしやすので、多くのユニタイズ設計のシャフトが取り扱われています。本来であれば、フィッティングの現場で1本1本シャフトを計測します。それが番手別設計のシャフトの場合は、工場での製造段階である程度、調整がされているだけなのです。例えば、7番アイアン用のシャフトをそのまま7番アイアンに使用すると軟らか過ぎた結果、8番アイアン用シャフトを代用することも、実際のフィッティングではよくあることなのです。そうなると、番手別設計はそもそもの意味をなさず、始めからフィッティングでの計測・調整を前提とした、ユニタイズ設計された1本取りシャフトの方が、コスト面からみてもメリットが大きいと言えるでしょう。

“ATTAS IRON”や、他のカーボンシャフトと比べてみても、かなりしっかりした硬さを感じるシャフトなので、これまではカーボンシャフトをためらっていたハードヒッターの方も、アメリカ育ちのアイアン専用カーボンシャフト“Recoil”をぜひ一度お試しください!

TOPへ戻る ↑

←「製品紹介一覧」へ戻る

ページの先頭へ
ページの先頭へ