関西の絶景ゴルフコース

信楽カントリー倶楽部田代コース

信楽の豊かな自然に抱かれた日本庭園のごとき
優美な佇まいに心洗われる名コース

信楽カントリー倶楽部田代コース(滋賀県甲賀市信楽町)

信楽カントリー倶楽部田代コース Hole.18th
ティーイングラウンド前に池が広がる、打ち上げのPar4。フィニッシングホールに相応しい景観と難易度を誇る
信楽カントリー倶楽部田代コース 大自然を贅沢に活かしたレイアウトは、池やバンカーが絶妙に配置され戦略性を高めている

昨年、日本六古窯のひとつとして日本遺産に認定された信楽町の信楽焼。
自然が育んだ歴史文化が豊かなこの地には、この信楽焼のように趣ある“日本美”を感じられるゴルフコースがある。それが、信楽カントリーゴルフ倶楽部田代コースだ。

琵琶湖の南東に広がる大自然を贅沢に生かしたその美しさは、まさに物静かな日本庭園を思わせる佇まい。
絶妙に配置された池やバンカーは、さながら池泉、築山、枯山水か。
自然の樹木にセパレートされた各ホールは、それぞれが小さな世界を創造しているかのようだ。
その趣ある造形美は、まさに日本独特の美しさといえよう。

また20年来、女子プロテストの会場となり、「LPGA認定コース」に指定されている由緒あるコースは、近年リ・デザインのアドバイザーとして岡本綾子プロを迎え、世界各国の名門コースでのプレー経験による確かなセンスで大幅に改造。さらに魅力あるコースへと昇華している。

広く伸びやかなフェアウェイはゆとりある楽しさを。
高い戦略性を秘め、変化に富んだホールは、精密さ、繊細さを。
優美な顔の下に隠された高い要求をクリアする喜びは、一度ハマれば抜け出せない。

この“ジャパネスク”なコースは、ゴルフのすべての醍醐味を教えてくれることだろう。

(2018年11月14日更新)

ゴルフ場ガイドへ 一覧へ戻る