関西の絶景ゴルフコース

富士スタジアムゴルフ倶楽部南コース

絶妙な池が創り出す美しさと難しさに魅了される
名チャンピオンコース

富士スタジアムゴルフ倶楽部南コース(滋賀県甲賀市)

富士スタジアムゴルフ倶楽部南コース 無数のバンカーと池が織りなす景観は、まるで伝説の「姫が池」を彷彿とさせる
富士スタジアムゴルフ倶楽部南コース Hole 16th
池とバンカーに囲まれた美しいロングホール。フラットでOBもないので、豪快なティーショットが楽しめる。

忍者のまち、という印象が強い甲賀市。
滋賀県の南東に位置するこの地は、忍者だけではなく、古くは壬申の乱や源平合戦にもその名が刻まれるほど、歴史舞台に名を残し、数々の重要文化財が残るまちでもある。

その歴史にふさわしく、数々の伝説が残る彼の地。
なかでも、水の伝説が多いのが特徴的だ。
そのひとつには、龍女の化身が住み、枯れることなく豊かな水をたたえるという「姫が池」の伝説がある。

この「姫が池」がある甲賀町に佇むのが、富士スタジアムゴルフ倶楽部南コース。

息を呑むほどに美しい、インコース16番ホールから望むバンカーと池が織りなす景観は、まるでその伝説を彷彿とさせる風景だ。

鈴鹿山脈の麓に広がる丘陵地に位置するこの富士スタジアムゴルフ倶楽部南コースは、7,000ヤードを超える長さを備え、高低差わずか10メートルというフラットなレイアウトにより、ティーイングラウンドからピンやハザードが見渡せる、雄大な景観美を生み出している。
そして、ダイナミックなショットを楽しむことができる広いフェアウェイに、世界を知り尽くしたジャンボ尾崎と、世界有数のコースを手がけた設計家・佐藤謙太郎が絶妙なエスプリを注ぎ込み、アメリカン・スタイルの名チャンピオンコースへと昇華させた。

その多くのホールにおいて、池を攻略することが勝敗を分けるといわれる富士スタジアムゴルフ倶楽部南コース。
その揺蕩う水の美しさに足元を救われぬよう、龍女に願いをかけて挑みたい。

(2019年1月23日更新)

ゴルフ場ガイドへ 一覧へ戻る