関西の絶景ゴルフコース

チェリーヒルズゴルフクラブ

可憐な景色とゴルフの奥義に魅了される
美しきフラワーコース

チェリーヒルズゴルフクラブ(兵庫県三木市)

チェリーヒルズゴルフクラブ KING COURSE Hole 9th
フラットな丘陵地を活かした各ホールは比較的フェアウェイが広く、シニアや女性にも楽しめる。
チェリーヒルズゴルフクラブ QUEEN COURSE Hole 1st
打ち下ろしの短いミドルホール(R.T.から310Y)。グリーン左に池、右にバンカーが待ち構えており、セカンドショットの正確性が要求される。

兵庫県三木市に流れる美嚢川(みのうがわ)。
その上流は、山田錦など酒米を育む田園が広がり、初夏から秋にかけて美しい景色を見せてくれる農業地帯だ。
そんな四季折々の風景を楽しめるこの地域には、春の風物詩ともいえる名景を望むゴルフコースがある。

チェリーヒルズゴルフクラブ。

ここは、チェリーを冠した名の通り、すばらしき桜景色に包まれながらプレーできるコースだ。

桜の出迎えは、その入り口から始まる。
クラブハウスへと続く、約1キロにもおよぶ桜並木のトンネルは、息をのむ美しさ。
そして、ひとたびコースへ出れば、吉野桜、八重桜、枝垂れ桜……と20種類以上、およそ15,000本もの桜が咲き誇る。

その絶景は、春だけにとどまらない。
「美しいフラワーコース」をコンセプトとしたコースには、それぞれの季節にさまざまな花々が咲き競い、いつ訪れても違った美しさを感受できる。
また、池やクリークがロケーションのアクセントとなり、より一層コース全体の美しさを演出。
これぞ“絶景ゴルフの醍醐味”の極みといえよう。

そんなコース設計を手がけたのは、名匠ロバート・トレント・ジョーンズJr.。
タフで強烈な設計をするイメージのあるロバート・トレント・ジョーンズJr.だが、フラットな丘陵地を活かしたしなやかなマウンドや、各ホールとも比較的広いフェアウェイで、シニアや女性にも楽しめるコースとなっている。

とはいえ、そこはロバート・トレント・ジョーンズJr.。
単調な攻めでは、スコアメイクは難しい。
戦略的なベントグリーン、美しいマウンドの起伏に覆われたフェアウェイ、そしてクリークにガードされたショートホールや池超えのロングホールなど、容易に攻略することなど許してはくれないのが憎らしいところだ。

そんな張り詰めた緊張感をなごませてくれるのが、美しく可憐な花々。
時には、攻略することだけを追求するゴルフではなく、自然の機微に心動かされる“ゆとり”を楽しめるゴルフを堪能してみたい。

(2019年3月20日更新)

ゴルフ場ガイドへ 一覧へ戻る