大仏鉄道

明治時代、たった9年で歩みを止めた「大仏鉄道」。その遺構を探索してみた。

古びた建築物って、ロマンチックだと思いませんか?
その造形美はもちろん、活躍していた当時の姿を想像して、
恋しさと切なさを感じるというか。

今回の調査先は100年以上前、京都府木津川市から奈良県奈良市にかけてあった大仏鉄道跡。
そこに残る遺構を歩いて巡ってみたい。
もはや線路はないものの、「隧道(ずいどう=川の水や人を通すためのトンネル)」や
「橋台(橋を両端で支える基礎)」などの遺構が所々に残されているのだ!

徒歩で、100年以上前にタイムスリップ!

大仏鉄道

ここは加茂駅。左側が現在のJRのホームで、一段低い右側が大仏鉄道時代のホーム跡。

ところで「大仏鉄道」とは、明治時代の鉄道会社「関西(かんせい)鉄道」の
加茂と奈良を最短距離で結んだ、約10キロの路線のこと。
明治31年(1898年)、加茂駅から大仏駅(現在の奈良駅北1.1km)の区間が開通。
大仏駅は、奈良の大仏(東大寺大仏殿)の最寄り駅として、すんごく賑わった。
翌年には奈良駅まで延伸している。しかし、起伏の多い路線だったため、
明治40年、平坦なルート(現在のJR関西本線)の開通とともに廃線に追い込まれた。
わずか9年という短い歴史と当時の資料の乏しさから、
「幻の大仏鉄道」と呼ばれている。

以上の物語を踏まえて遺構を巡れば、恋しさと切なさ倍増なのだ!

大仏鉄道

まずは、加茂駅脇にある赤レンガ造りのランプ小屋。
鉄道の照明用ランプや燃料を収納する倉庫で、入口の扉だけ改修して活躍中。

大仏鉄道

山形の「切り妻屋根」に、軒は「軒じゃばら」という段差のあるデザイン。
ここまで手の込んだ造り、今じゃめずらしい。

大仏鉄道

明治30年(1897年)に建てられた証拠。今から119年前!!!

大仏鉄道

ホームの逆側に移動。こちらからも当時のホーム(レンガ部分)が確認できる。

大仏鉄道

今から100年以上前、ここに大仏鉄道があった。

大仏鉄道

走っていたのは、イギリス製の赤い蒸気機関車。
加茂の人たちは客車を「マッチ箱」と呼んでいた。かわいいやつめ!

大仏鉄道

(しばらく歩いて)むむ、この蒸気機関車は?

大仏鉄道

今上天皇・皇后両陛下がご成婚されたとき、この蒸気機関車が、
両陛下を乗せた客車(お召し列車)をひいて伊勢神宮と橿原神宮に行かれたそう。
「貴婦人」と呼ばれた関西本線の機関車だが、
昭和47年に大仏鉄道のレールで運び、ここに展示された。

大仏鉄道

遠くに春日山とJR関西本線。

大仏鉄道

さあ、加茂駅から歩くこと40分。
大仏鉄道ひとつめの遺構がやっと見えてきた。

大仏鉄道

観音寺橋台(奥)だ。
目の前に現れた遺構にテンションが上がる!
※手前は現在利用されているJR関西本線の橋台(大仏鉄道とほぼ同時期に施工)

大仏鉄道

右。

大仏鉄道

左。

・・・やっと会えたね!!!