レトロゲーセン

子供の頃に憧れた“あの夢”を叶える!レトロなゲームセンターと駄菓子屋で豪遊する一日!!

「もしも、人生をやり直せるとしたら?」
この問いに、あなたはどう答えますか。やり直したい出来事はありますか?

あの日の涙も、あの日にした土下座も、あの日に喰らったビンタも、何もかもやり直したい。そんな後悔の多い人生を歩んできた僕ですが、残念ながら人生にやり直しはききません。

「そんな問いは無意味だ。」そう答えるのが大人なのかもしれない。
でも、子供の頃の夢を今からでも叶えることができる場所があるとしたらどうでしょうか。行ってみたくありませんか?

希少価値の高いレトロゲームが集まるゲームセンター

大阪のシンボルタワー『通天閣』の前にある商店街を進むと見えてくるのが…、

レトロゲーセン

『レトロゲーセン ザリガニ』

レトロゲーセン

その名の通り、レトロなゲームが集まるゲーセン(ゲームセンター)です。
お店の前から少し中を覗いただけでも、30代40代ゲーマーにはたまらない名作アーケードゲーム機が並んでいるのが見えます。

レトロゲーセン

大阪市内で複数の店舗を展開しているザリガニさんですが、こちらの本店はなんと3階建てとなっています!!

そして、2F・3Fの対戦ゲームは、1プレイがなんと

50円!!

お財布に優しい!この金額なら、あの頃に遊ぶことのできなかったゲームの数々を、気が済むまでひたすら遊ぶことができる!!

レトロゲーセン

そうです。僕の子供の頃の夢は、「思いっきりゲームすること」。

決して裕福ではなかった少年時代。
負けたらそこで終わりのアーケードゲームに使えるお金は僅かなものでした。

さらに、ヤンチャな人が多い街で育った僕にとって、当時のゲーセンとはまさに戦場。
格闘ゲームの席順を争って本当に格闘している人たちがたくさんいました。

レトロゲーセン

そんな、少し怖くて、お金もなくて、近寄りがたいゲーセン。
でも、行くと間違いなく楽しかったゲーセン。

そこに僕は20数年の月日を超えて帰ってきたんだ!!

レトロゲーセン

さっそく、僕の生まれた年に発売されたゲームで遊びます。
生まれ年のワインを嗜むかのごとく、初代の『マリオ』をプレイする35歳。

レトロゲーセン

同い年のゲームタイトルに出会うと、
「お前もこの歳になるまで頑張ってきたんだな…」
と、思わずゲーム機に話しかけたくなります。

レトロゲーセン

続いてプレイしたのは、不朽の名作『メタルスラッグ』。
色褪せない!!
今やっても当時と変わらず面白いのはどうしてでしょう。
外国人観光客に特に人気のタイトルだそうです。

レトロゲーセン

思わず熱が入り、取材で訪れていることを忘れてしまいます。
続いて、苦手な格闘ゲームにチャレンジ。『鉄拳』をプレイします。

レトロゲーセン

積み重ねた100円玉が次々と消えていくのを見て、
「あぁ、僕は大人になったんだな」と実感。
嬉しいような、寂しいような、不思議な感覚に包まれます。