子供の頃に憧れた“あの夢”を叶える!レトロなゲームセンターと駄菓子屋で豪遊する一日!!

ランドセルを背負ったまま駆け込んだ、懐かしの駄菓子屋へ

大阪人にはお馴染みの問屋街『松屋町』。
ここで、もう一つの子供の頃の夢を叶えます。

レトロゲーセン

駅から徒歩で数分、到着したのは駄菓子屋『藤田商店』さん。
こちらで「お腹いっぱい駄菓子を食べる」という夢を叶えたいと思います。

レトロゲーセン

どこか懐かしい店構え。積まれたダンボールの中には、もちろん駄菓子がみっちりと詰まっています。

レトロゲーセン

子供の頃はよく見かけた駄菓子屋も、少子化や消費税などの影響もあってか、今ではどんどん数を減らしているそうです。

レトロゲーセン

当時の駄菓子屋は、お菓子以外にもおもちゃやカードなどが置かれていて、子供の頃はお小遣いを握りしめて学校帰りによく集まっていました。

レトロゲーセン

こちらのお店は70年ほど前に創業し、今もなお駄菓子やおもちゃが並ぶ、今となっては数少ない貴重な存在。

レトロゲーセン

駄菓子が並ぶ店内は、まるで当時から時が止まったかのように、懐かしい雰囲気が漂っています。

レトロゲーセン

今ではインターネットを通じて全国各地から利用されており、特に、子供向けイベントなどで配るために大量購入されていく方が多いそうです。

レトロゲーセン

「うちも、いつまでできるかわからへんけど」
と語る店長さんでしたが、ひとつひとつの駄菓子を大切に扱う後ろ姿が、なんだかカッコよく見えました。

レトロゲーセン

今も現役!あの懐かしの駄菓子たち

育った年代によって人気の駄菓子屋は異なると思いますが、ここでは、80年代〜90年代に子供時代を過ごした僕が大好きだった駄菓子を紹介していきます!

中には今もコンビニなどで買えるものもありますが、店内には、思わず「あ、懐かしい!」と手にとってしまうロングセラー商品がたくさんありました。

レトロゲーセン

甘いか太郎

僕の記憶が確かなら、当時は20円くらいだったんじゃないでしょうか。
食べ方が下手くそだと顔にタレがついてベットベトになります(笑)。

レトロゲーセン

ビッグカツ

味が濃くて、サイズの割に食べごたえがあるんですよね。
学校帰りのちょうどお腹が空く時間帯に見ると、思わず手がのびてしまいます。

レトロゲーセン

うまい棒

説明不要の駄菓子の王様。
実は今でも一番人気はやっぱりこれだそうです。
味のバリエーションも豊富で、上級者になると「どのジュースと合わせるか」まで考えて味を選んでいる奴がいました。

レトロゲーセン

こざくら餅

僕の地元ではこれを選ぶ奴は「ツウ」扱いされていました。
爪楊枝で食べるという点が上品で良いですよね。

レトロゲーセン

どんぐりガム

これも当時は10円とかで買えたんじゃないでしょうか。
他のメインとなる駄菓子を買って、余った10円玉の使い道として非常に人気が高かったと記憶しています。

レトロゲーセン

ねじり棒ゼリー

これはいかに素早く食べきることができるのか、競争するのによく使われていました。
上級者ともなると端っこを歯でねじ切り、指で挟んで下から上まで一気に押し出し、1秒かからずに食べきっていましたね。

あいつら…元気にしてんのかな…。

ひとつひとつの駄菓子に想い出があり、手に取ると当時の風景が甦ってきます。

レトロゲーセン

あれ、なんだろう、この感情。

レトロゲーセン

どうして僕は泣いているんだろう。

レトロゲーセン

あぁ、もう…

働きたくない!!

レトロゲーセン

あの頃に帰りたい!!

レトロゲーセン

「これあげるし、それ貸して」と、飴玉やガムが貨幣の代わりとして機能していた時代でした。
100円玉を握りしめて、「これ買うとあれは買えない…」と頭を悩ませた僕たちは、駄菓子で経済を学んだといっても過言ではありません。

友達と駄菓子を分け合って食べた、あの日の夕暮れにはもう戻れないけど、

レトロゲーセン

あの日に食べた駄菓子は今でも買える!!

思い入れのある駄菓子を、大人気なく、大人買いしてしまいました。

昔懐かしいものに触れて少しメランコリックな気分になってしまいましたが、歳を重ねて失ったものもあれば得たものも当然あります。
子供の頃の自分を俯瞰的に見たり、当時ではできなかったような体験ができたり、大人になるというのは決して悪いことばかりではありません。

ふとした瞬間に、こうやって昔の自分と向き合い、やり残したことをクリアしていくというのも、長い人生においては大切なことかもしれません。
もしも、あなたが今そういったタイミングなのであれば、昔懐かしい場所に出かけてみてはいかがでしょうか?

関連リンク

花火に食玩、のれんまで!「松屋町の問屋街」は各種マニアも喜ぶ専門店街だった!

更新日:2019年11月12日