天龍寺
何度も大きな火災に見舞われながらも復興・再建してきた禅寺
  • 天龍寺何度も大きな火災に見舞われながらも復興・再建してきた禅寺
  • 天龍寺春の桜や秋の紅葉など境内では四季を通して美しい景観が楽しめる
  • 天龍寺曹源池庭園周辺の紅葉は美しくシーズンには多くの観光客が訪れる
  • 天龍寺雪景色の境内も趣があっていい

もっと
見る

テンリュウジ 天龍寺

世界遺産で臨済宗天龍寺派の大本山

足利尊氏や後醍醐天皇ゆかりの禅寺で、本尊は釈迦如来、「古都京都の文化財」として世界遺産に認定されており、臨済宗天龍寺派の大本山でもある由緒ある寺院。かつては広大な敷地を有しており、名勝「嵐山」や渡月橋、亀山公園なども境内地だった。現在も境内には法堂、庫裏、方丈などの伽藍が立ち並び、釈迦如来坐像など多くの重要文化財もある。また、日本画家・加山又造画伯によって、法堂の天井に描かれた「雲龍図」は必見だ。

続きを読む

住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

Googlemapで開く

電話番号 075-881-1235
拝観時間 8時30分~17時30分(2018年10月21日(月)から2019年3月20日(水)は~17時、2018年11月10日(土)から12月2日(日)は7時30分~)
定休日 無休
料金 庭園参拝 大人500円、小中生300円(諸堂参拝は300円の追加、法堂の特別参拝は別途500円)
アクセス 電車:嵐電嵐山線嵐山駅よりすぐ、JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩約13分、阪急嵐山線嵐山駅より徒歩約15分 
車:名神高速京都南ICより約30分
駐車場台数 120(有料:1,000円/1回)
サイト 天龍寺
DATA
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • トイレ
桜データ 見ごろ:3月下旬~4月中旬
種類:ヤマザクラ、ソメイヨシノ、ベニシダレザクラなど
本数:約150~200本
紅葉データ 見ごろ:11月中旬~12月上旬
種類:カエデ、サクラ、ドウダンツツジ、ハナミズキなど
規模:約300本
行事・催し 法堂「雲龍図」特別参拝
開催期間:春:開催中~2018年5月20日(日)、秋:2018年9月1日(土)〜12月2日(日)※特別参拝以外は土・日曜、祝日のみ公開
開催時間:9時〜17時(2018年10月21日(日)〜12月2日(日)は〜16時)

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/京都市
    ジャンル
    お土産・有名店・老舗
    紅葉
    更新日
    2018年04月10日

    TOP