写真提供:総本山 醍醐寺
写真提供:総本山 醍醐寺
  • 写真提供:総本山 醍醐寺写真提供:総本山 醍醐寺
  • 風情あふれる庭園や建築もみどころのひとつ
  • 秋には美しい紅葉のライトアップが
  • 紅葉シーズンには風光明媚な風景が広がる

もっと
見る

ソウホンザン ダイゴジ 総本山 醍醐寺

「花の醍醐」と呼ばれる世界遺産の名刹へ

国宝や重要文化財を含む10万点以上の寺宝を所蔵する世界遺産の名刹。例年3月下旬から4月上旬にかけて、シダレザクラをはじめソメイヨシノやヤエザクラなどさまざまな種類の桜が見ごろを迎える。広い境内には約1,000本の桜が咲き誇り、樹齢約150年以上のシダレザクラや醍醐寺総門から仁王門までの「桜の馬場」とよばれる参道など、みどころがたくさん。秋にはモミジやイチョウ、ドウタンツツジなどで境内が美しく彩られる。弁天堂周辺や三宝院の紅葉がとくに見事。

続きを読む

住所 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

Googlemapで開く

電話番号 075-571-0002
拝観時間 9時~17時(受付・入場終了は閉門の30分前)
※12月第1日曜の翌日~2月末日は~16時30分
定休日 無休
料金 大人1,000円、中高生700円(三宝院庭園・伽藍)
※春期(3月20日~GW最終日)大人1,500円、中高生1,000円(三宝院庭園・伽藍・霊宝館庭園)
アクセス 電車:京都市営地下鉄東西線醍醐駅から徒歩約10分
車:名神高速道路京都東ICから約15分
駐車場台数 100(有料:1,000円/5時間、以降100円/30分)
サイト 総本山 醍醐寺
DATA
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • トイレ
桜データ 見ごろ:3月下旬~4月上旬
種類:カワヅザクラ、シダレザクラ、ソメイヨシノなど
本数:約1,000本
紅葉データ 見ごろ:11月中旬~12月上旬
種類:イロハモミジ、イチョウ、ドウダンツツジなど
規模:約350本(伽藍、林泉付近)
その他 <コロナ対策お客様へのお願い>
・マスク着用
・手指のアルコール消毒
・入園の際の検温(霊宝館のみ)

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/京都市
    ジャンル
    神社仏閣
    花見
    更新日
    2021年03月12日

    TOP