山科疏水
  • 山科疏水
  • res.do.jpg
  • 2res.do.jpg

もっと
見る

ヤマシナソスイ 山科疏水

自然豊かな水辺の散歩道

明治23年(1890年)、琵琶湖の水を京都へ供給するために造られた琵琶湖疏水。そしてその脇に沿うように設けられた道は、京都の人々の散歩道として親しまれている。特に、地下鉄御陵駅から京阪四宮駅までの約3キロメートルにも及ぶ「山科疏水の道」は、緑豊かで野鳥が訪れることもあり、散歩をするには絶好のロケーション。途中には、稲荷社を祀った永興寺や、金箔に覆われた大梵鐘がある本圀寺(ほんこくじ)など、お立ち寄りスポットが多数。春の桜、秋の紅葉も美しいことで知られ、大津からのトンネルの出口である山科疏水東端は桜の名所として有名。

続きを読む

住所 京都府京都市山科区四ノ宮柳山町他

Googlemapで開く

営業時間 散策自由
定休日 散策自由
料金 散策自由
アクセス 電車:JR各線山科駅から徒歩約10分
車:公共交通機関利用がおすすめ
DATA
  • お子様歓迎
  • デート向き
桜データ 見ごろ:3月下旬~4月上旬
種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラなど
本数:疏水沿いに多数

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/京都市
    ジャンル
    史跡
    花見
    更新日
    2021年03月12日

    TOP