紀三井寺
境内には国や県の重要文化財に指定される堂塔伽藍が多数
  • 紀三井寺境内には国や県の重要文化財に指定される堂塔伽藍が多数
  • 「結縁坂」を上り境内へ。山麓からはゆっくり歩いて10分ほど
  • 新仏殿に祀られる本尊は、日本最大級の大千手十一面観世音菩薩
  • 春は紀州随一の佳景に(写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

もっと
見る

キミイデラ 紀三井寺

山上に佇む西国観音霊場の古刹

宝亀元年(770)に僧為光上人によって創建され、西国三十三カ所の第2番札所としても知られる古刹。名前の由来は、清浄水・楊柳水・吉祥水という霊水が湧き出る3つの井戸を有することから。楼門から続く231段の急な階段は、別名「結縁坂」とも呼ばれ、上りきると良縁成就のご利益があるとされる。また春になれば、約500本が開花する桜の名所に。関西随一の早咲き桜といわれ、本堂前の標本木は開花宣言の目安とされている。

続きを読む

住所 和歌山県和歌山市紀三井寺1201

Googlemapで開く

電話番号 073-444-1002
参拝時間 8時~17時
定休日 無休
料金 参拝料 大人200円、小中生・70歳以上100円
アクセス 電車:JRきのくに線紀三井寺駅から徒歩約10分
車:阪和道和歌山ICから約30分
駐車場台数 30(有料:300円/3時間)
サイト 紀三井寺
DATA
  • 身障者補助犬歓迎
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • シニア割引
  • 夜景がきれい
  • ペット同伴
  • トイレ
  • 休憩コーナー
桜データ 見ごろ:3月下旬~4月上旬
種類:ソメイヨシノなど
本数:約500本
ライトアップあり
桜ライトアップ 開催期間:開花時期に合わせて
開催時間:18時~22時
桜イベント 紀三井寺桜まつり
開催期間:2018年3月20日(火)~4月20日(金)

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    和歌山/北部
    ジャンル
    花見
    更新日
    2018年03月28日

    TOP