日本建築による造形も美しい
  • 日本建築による造形も美しい
  • 桜の見ごろは例年3月下旬から
  • 夜桜のライトアップも実施している
  • 梅の見ごろは例年2月下旬~3月上中旬。源平咲き分けなど珍しい品種も

もっと
見る

モトリキュウ ニジョウジョウ 元離宮 二条城

古都を代表する世界遺産

二条城は、1603年(慶長8年)に徳川初代将軍家康が京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として造営し、徳川3代将軍家光により1626年(寛永3年)に大規模な改修が行われて現在の規模になった。その後、1867年(慶応3年)15代目に当たる徳川最後の将軍慶喜のとき、二の丸御殿大広間で大政奉還の意思が表明され、武家政治が終焉を迎えた。そのあと二条城は、1884年(明治17年)に離宮となり、1940年(昭和15年)には一般公開されるようになった。戦後には本格的な保存修理が実施され、二之丸御殿が国宝に、ほか22棟が重要文化財に指定。1994年(平成6年)にはユネスコ世界遺産に登録された。また敷地内には、春なら梅や桜、秋には紅葉の風景が広がり、四季折々の情景を楽しませてくれる。

続きを読む

住所 京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

Googlemapで開く

電話番号 075-841-0096
拝観時間 8時45分~17時(受付は~16時)
定休日 要問い合わせ
料金 大人600円、中高生350円、小学生200円(2019年4月以降は二の丸御殿観覧の場合、別途400円必要)
アクセス 電車:京都市営地下鉄東西線二条城前駅から徒歩5分
駐車場台数 120(有料:1,000円/2時間 ※2時間以降200円/1時間、上限料金なし)
サイト 元離宮 二条城
DATA
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • トイレ
梅データ 見ごろ:2月下旬~3月上中旬
種類:紅梅、白梅、桃色梅、しだれ梅、源平咲き分け
本数:約100本
桜データ 見ごろ:3月下旬~4月上中旬
種類:ヤマザクラ、サトザクラ、ヤエベニシダレザクラなど
本数:約300本
ライトアップあり/屋台あり
桜ライトアップ 二条城桜まつり
開催期間:2019年3月21日(木・祝)~4月14日(日)
開催時間:8時45分~17時(ライトアップは18時~21時30分 ※受付は~21時)
料金:大人600円、中高生350円、小学生200円(和装の方は入城無料)

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/京都市
    ジャンル
    更新日
    2019年03月05日

    TOP