渓谷を埋め尽くすようにして梅林が広がる
  • 渓谷を埋め尽くすようにして梅林が広がる
  • 月ヶ瀬湖畔

もっと
見る

ツキガセバイケイ(コハン) 月ヶ瀬梅渓(湖畔)

歴史あふれる関西屈指の景勝地

関西屈指の梅林として有名なこちら。約800年前の鎌倉時代中期に、真福寺の境内に梅が植えられたのが始まりとされている。大正11年に名勝指定を受けた梅渓は、五月川(名張川)をはさんで両岸に梅林が広がり、V字渓谷と梅林が融和した見事な景色が望める。毎年2月中旬頃から3月末にかけて「月ヶ瀬梅渓(つきがせばいけい) 梅まつり」が開催され、多くの観光客が訪れる。また4月上旬には約2,000本の桜が咲き、こちらも必見。梅まつり期間中には、JR月ヶ瀬口から三重交通臨時バスが運行予定。

続きを読む

住所 奈良県奈良市月ヶ瀬 

Googlemapで開く

お問い合わせ窓口 月ヶ瀬観光協会(0743-92-0300)
営業時間 散策自由
定休日 散策自由
料金 散策自由
アクセス 電車:JR各線奈良駅・近鉄各線奈良駅から奈良交通バス乗車、太郎谷下車すぐ
車:名阪国道五月橋ICから約5分
駐車場台数 約100(無料 ※月ヶ瀬梅渓梅まつりの期間は600円/1日)
サイト 月ヶ瀬観光協会
DATA
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • ペット同伴
  • トイレ
  • 休憩コーナー
梅データ 見ごろ:2月下旬~3月下旬
種類:白加賀、玉英、青軸、鶯宿梅、紅千鳥など
本数:約1万本
屋台あり
桜データ 見ごろ:4月上旬
種類:ソメイヨシノ
本数:約2,000本
ライトアップあり/花見宴会OK/場所取りOK
桜ライトアップ 開催期間:開花時期に合わせて
開催時間:夕方~21時
イベント 月ヶ瀬梅渓梅まつり
開催期間:2019年2月17日(日)~3月31日(日)
内容:煎茶会や俳句大会、天神社知恵餅まきなどが行われる。

桜まつり
開催期間:2019年4月上旬

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    奈良/北西部
    ジャンル
    名所/花・植物
    花見
    更新日
    2019年03月05日

    TOP