LCa_4.jpg
坑道内は湧き水が多いため、汚れてもいい靴での入場がおすすめ
  • LCa_4.jpg坑道内は湧き水が多いため、汚れてもいい靴での入場がおすすめ
  • LCb_4.jpg静かな地下に作られた熟成室では数種のお酒を貯蔵
  • LCd_2.jpg周辺は緑豊かで大きな滝も流れ落ちる
  • 生野銀山の超スーパー地下アイドル「GINZANBOYZ」にも会える!

もっと
見る

シセキ イクノギンザン 史跡 生野銀山

日本遺産に認定された歴史とロマンの銀山

大同2年(807)に発見されたと伝えられ、室町年間に本格的な銀採掘が行われた生野銀山。昭和48年(1973)に閉山された後、観光坑道の整備が進められた。約1キロメートルに及ぶ坑道には、江戸時代に坑夫たちがノミで掘り進んだという旧坑道、明治に入り近代技術で掘り進んだ現代坑道の2つが混在しており、見応えがある。

続きを読む

住所 兵庫県朝来市生野町小野33-5

Googlemapで開く

電話番号 079-679-2010(株式会社シルバー生野)
営業時間 【4月~10月】9時10~17時20分
【11月】9時10分~16時50分
【12月~2月】9時40分~16時20分
【3月】9時40分~16時50分

※観光坑道は閉館40分前にご入場ください
定休日 無休 ※ただし12月~2月の3カ月間のみ毎週火曜(祝祭日の場合は翌日に振替)と12月29日~1月2日は休み
料金 大人900円、中高生600円、小学生400円(15名以上団体割引あり)
アクセス 電車:JR播但線生野駅からバスで生野銀山口下車、徒歩約10分
車:但馬連絡道路 生野ランプまたは生野北第1ランプから車で約10分
駐車場台数 220(無料)
備考 無料のボランティアガイドあり、ただし団体優先。個人向けは毎日13時30分に案内
サイト 生野銀山
DATA
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • 売店
  • トイレ
  • 休憩コーナー
その他 <コロナ対策お客様へのお願い>
・マスク着用
・手指のアルコール消毒
・入場の際の検温
・ソーシャルディスタンスの確保

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    兵庫/但馬
    ジャンル
    洞窟・銀山
    史跡
    更新日
    2021年07月29日

    TOP