通称あじさい寺と呼ばれ、花の寺・第一番礼所となっている
通称あじさい寺と呼ばれ、関西花の寺・第一番礼所となっている
  • 通称あじさい寺と呼ばれ、花の寺・第一番礼所となっている通称あじさい寺と呼ばれ、関西花の寺・第一番礼所となっている
  • 本堂、観音堂、仁王門は京都府の指定文化財である4月上旬には大石垣としだれ桜のコラボレーションが見られる
  • 秋には紅葉が楽しめる秋には紅葉が楽しめる
  • 5月上旬には80メートルの棚にフジの花が咲き揃う冬は香り高いロウバイが楽しめる

もっと
見る

タンシュウカンノンジ 丹州觀音寺

100種1万株のあじさいが咲き誇る

觀音寺は720年(養老4年)、法道仙人が開祖で観音信仰を進めたのが始まりと言われている真言宗の寺。本尊は十一面千手千眼観世音菩薩が祀られており、境内には京都府の指定文化財に登録されている本堂、鐘楼堂、山門が立つ。関西花の寺二十五カ所の第一番札所に選ばれており、あじさい寺とも呼ばれるほど、あじさいが美しい寺として有名だが、春はしだれ桜、秋は紅葉、冬はロウバイなど、四季美しい景色を眺めることができる。

続きを読む

住所 京都府福知山市観音寺1067

Googlemapで開く

電話番号 0773-27-1618
拝観時間 9時~17時
定休日 年中無休
料金 拝観無料(あじさいの開花期間中は拝観350円)
アクセス 電車:JR山陰本線石原駅から徒歩15分
サイト 丹州觀音寺
DATA
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • 売店

◆あじさい情報

種類・数 100種・1万株
見ごろ 例年:6月上旬~7月上旬
イベント あじさい祭り2019
開催日時:2019年6月23日(日)  13時~15時30分
料金:拝観料 大人350円、中高生200円、小学生以下無料
内容:住職の法話が聞けるほか、さまざまなイベントを実施。

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/丹後
    ジャンル
    神社仏閣
    更新日
    2019年05月21日

    TOP