香りがよい城州白の品種は、ここでしか見られない貴重な梅
  • 香りがよい城州白の品種は、ここでしか見られない貴重な梅
  • 2018年の梅まつりは2月24日(土)から3月18日(日)
  • 夕焼けで赤く染まった梅は見もの

もっと
見る

アオダニバイリン 青谷梅林

京都一の梅の郷で春景色を堪能

京都府トップの梅の生産量を誇り、その量なんと約120トン!後醍醐天皇の皇子である宗良(むねなが)親王が「風かよふ 綴喜の里の 梅が香を 空にへだつる 中垣ぞなし」と詠んだほど古くから梅の名所として知られている。現在は約50軒の農家が約20ヘクタールの面積におよそ1万本もの梅を栽培しており、城州白、白加賀、オタフクダルマなどさまざまな品種の梅花が、客人をもてなしてくれる。例年2月下旬から3月中旬には「梅まつり」も開催される。

続きを読む

住所 京都府城陽市中中ノ郷

Googlemapで開く

お問い合わせ窓口 城陽市観光協会(0774-56-4029)
開園時間 9時~15時
定休日 期間中無休
料金 入園無料
アクセス 電車:JR山城青谷駅から徒歩20分
駐車場台数 約100(有料:乗用車500円/1日、バイク100円/1日、大型バス1,000円/1日)
サイト 城陽市観光協会
DATA
  • 身障者補助犬歓迎
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • ペット同伴
  • 売店
  • トイレ
  • 休憩コーナー
梅データ 見ごろ:2月下旬~3月中旬
種類:城州白、白加賀、小梅など
本数:約1万本
屋台あり
イベント 梅まつり
開催日時:2018年2月24日(土)~3月18日(日) 9時~15時
内容:生産梅林に自由に立ち入れるほか、軽飲食の売店も並び、コンサートなどがおこなわれる。

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/山城中部
    ジャンル
    名所/花・植物
    更新日
    2018年02月02日

    TOP