• 春の堤をピンク色に染めるソメイヨシノのトンネル
  • さくらであい館展望塔からは、桜並木を見下ろせる

もっと
見る

ヨドガワカセンコウエン セワリテイチク 淀川河川公園 背割堤地区

三川が交わる背割堤に
たなびく桜の帯、遥か遠くまで

桂川、宇治川、木津川の三川が交わり淀川となるあたり。宇治川と木津川を隔てるように築かれた全長1.4キロメートルの堤防「背割堤」には、約220本のソメイヨシノが植えられており、花の季節には堤全体が薄紅色に春化粧。堤上を歩きながら見上げれば、まさにそこは桜のトンネルの中。河川敷に下りて見渡せば、遥か彼方までたなびく桜色の帯と土手の緑との美しいコントラストに息をのむ。背割堤の端にある「さくらであい館」の展望塔からは、三川の間を流れるもう1本の川のように横たわる薄紅色の桜並木を、地上25メートルから俯瞰で見下ろせる。対岸には天王山、晴れた日には遠く京都タワーも! 2019年3月30日(土)~4月7日(日)の「背割堤さくらまつり」には飲食店が立ち並ぶマルシェを開催。

続きを読む

住所 京都府八幡市八幡在応寺地先

Googlemapで開く

お問い合わせ窓口 さくらであい館(075-633-5120)
営業時間 9時~17時
定休日 無休
料金 無料
アクセス 電車:京阪本線八幡市駅から徒歩約10分
車:名神高速大山﨑ICから約10分
駐車場台数 180(無料 ※さくらまつり期間中は閉鎖)
サイト 八幡市観光協会
桜データ 見ごろ:4月上旬
種類:ソメイヨシノ
本数:約220本
花見宴会OK/屋台あり
イベント 背割堤さくらまつり
開催期間:2019年3月30日(土)~4月7日(日)
内容:露店が軒を連ねる「さくらマルシェ」が開催され、地元食材を用いた料理などを販売する。

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/山城中部
    ジャンル
    花見
    更新日
    2019年03月05日

    TOP