約2,000本の白い金熊寺梅が咲き揃う
  • 約2,000本の白い金熊寺梅が咲き揃う
  • 梅林の近くでは盆梅庭園も公開される

もっと
見る

キンユウジバイリン 金熊寺梅林

およそ300年の歴史を有する梅処

今から約300年前の江戸時代に、信達神社の神主一族や地元の人々によって、栽培された。泉州地方の梅の名所として知られ、見ごろの時期には可憐な白い金熊寺梅を見に、多くの人々が訪れる。また、近くの信達神社とあわせて一帯は「大阪みどりの百選」に選ばれている。

続きを読む

住所 大阪府泉南市信達金熊寺

Googlemapで開く

お問い合わせ窓口 泉南市産業観光課(072-483-8191)
営業時間 入園自由
定休日 無休
料金 入園無料
アクセス 電車:JR和泉砂川駅から泉南市コミュニティバス山方面回りで15分、金熊寺下車、徒歩5分
車:阪和道泉南ICから約2km
駐車場台数 20(無料 ※2月20日(火)~3月20日(火)は1日500円)
DATA
  • 身障者補助犬歓迎
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • ペット同伴
梅データ 見ごろ:2月中旬~3月中旬
種類:白い金熊寺梅
本数:約2,000本
屋台あり

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    大阪/泉州
    ジャンル
    名所/花・植物
    花見
    更新日
    2018年02月02日

    TOP