鎌倉時代の姿を再現した朱塗りの社殿
  • 鎌倉時代の姿を再現した朱塗りの社殿
  • 荘厳な雰囲気が漂う表門
  • 社務所にはさまざまなお守りがある
  • 熊野牛王宝印にも注目!

もっと
見る

クマノハヤタマタイシャ 熊野速玉大社

神々の原風景を残す、特殊神事で有名な熊野三山の根本宮

日本全国に約3千数百社ある熊野神社の総本社であり、熊野三山のひとつ。神倉山のコトビキ岩を御神体とする自然信仰をもとにして、現在の地に社殿が造営された。それが初めての御社ということで、「新宮」という地名の由来になったという。速玉大社には室町から南北朝時代に奉納された神宝類約1,200点があり、その一部が展示された神宝館が建つ。また10月15・16日が例大祭で、9隻の早船が競い合う「御船祭」などが行われる。

続きを読む

住所 和歌山県新宮市新宮1

Googlemapで開く

電話番号 0735-22-2533
参拝時間 6時~18時
定休日 年中無休
料金 参拝無料(神宝館拝観は500円 ※高校生以下は無料)、八咫烏のお守り700円、なぎまもり各600円、熊野牛王宝印800円
アクセス 電車:JRきのくに線新宮駅から徒歩15分
車:紀勢自動車道上富田ICから約2時間10分
駐車場台数 40 (無料 ※正月期間には100台の臨時駐車場あり)
サイト 熊野速玉大社

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    和歌山/南部
    ジャンル
    神社仏閣
    更新日
    2019年06月25日

    TOP