家族でおでかけ 〜休日は子どもと想い出づくり〜

更新日:2010年07月06日

パドルボードで大阪の川を水上散歩

AQUA STUDIO

大阪の都心部で水遊びができちゃう

パドルボード 写真

パドルボードとは、サーフィンのようなボードに乗ってパドルと呼ばれる道具で漕いで水上を進むウォーターレジャーです。一見すると難しそうですが、実は安定感抜群でとっても簡単。穏やかな水面ならば1日でマスターすることも可能です。そのパドルボードの教室を開催しているのが、[AQUA STUDIO]。こちらでは、中之島という大阪の中心地でパドルボードの体験会を開催しています。レンガ造りの中央公会堂やバラ園など、大阪中之島ならではの風景と一緒に新しいウォーターレジャーを楽しみましょう。「施設情報」詳細へ

初心者の方はまず講習から

初心者の方は、まず講習からはじめましょう。約30分の時間で基礎をばっちり教えてもらえます。道具などはレンタル可能(有料)なので、濡れてもいい服装とサンダルで集合場所へ向かいましょう。

  • タンドアップパドルと呼ばれるボード、パドル、救命具 写真

    使う道具は、スタンドアップパドルと呼ばれるボードとパドル、そして万が一のための救命具。

  • 陸上で立ち方や転び方の練習 写真

    まずは陸上で立ち方や転び方の講習を受けます。ボードの上で転べば、濡れる心配もありません。

  • パドルの使い方を講習 写真

    次にパドルの使い方を講習。進み方や方向転換の方法などを教わります。

  • 座った状態でパドルを漕ぐ 写真

    まずは座った状態で、パドルを漕ぎます。陸上にいる間にしっかり練習しておきましょう。

  • フローティングベストと呼ばれる救命着 写真

    フローティングベストと呼ばれる救命着を着用。初心者でも水面に落ちる人はほとんどいませんが、念には念をいれて。

  • 最初は座った状態からスタート 写真

    最初は座った状態からスタートします。週末の朝は観光船などの運航も少ないので快適に進めます。

見慣れた大阪の風景が新鮮に感じるパドルボード

出発したパドルボードの見所をご紹介。難波橋や天神橋などの橋の下を通過したり、運航する水上バスを間近に見られたり、水の上からバラ園を観察できたりと、いつも見慣れた大阪の風景が水上からだと違って見えるから不思議です。

  • 阪神高速下を座りながら漕ぐ 写真

    まずは阪神高速下を座りながら漕ぎます。夏の日差しからも隠れて涼しくて快適。

  • 初回はバラ園をグルリと一周 写真

    初回はバラ園をグルリと一周。回数を重ね上達すると、中之島一周ツアーにでかけることもできます。

  • 休憩中に現れた水陸両用バス 写真

    中之島の川岸で休憩中に現れた水陸両用バス。水の上から見ると迫力満点。

  • 水の上から見る天神橋 写真

    水上散歩の醍醐味は、いくつもある橋の下を何度も通過すること。巨大な天神橋も水の上から見ると新鮮。

  • ばらぞの橋 写真

    中之島にかかるばらぞの橋。大きな観光船では行けない場所にもス〜イスイ。

  • 広大な大川を独り占めした気分に浸れる 写真

    広大な大川を独り占めした気分に浸れます!

AQUA STUDIO 写真

dataAQUA STUDIO [水上さんぽ教室]の申込方法&注意点
予約方法 公式サイトからメール予約か電話(06-6125-0550)にて対応。
日時 主に週末の早朝8時〜10時ごろ ※悪天候時は中止
集合 若松の浜 ※天満警察署前の水辺スペース
費用 参加費500円 ※レンタル可(一式2,500円)
服装 濡れてもよい動きやすい服装/着替え持参
履物 マリンブーツ、踵付きビーチサンダルなど
条件 原則10歳以上 ※15歳未満の方は保護者の付き添いが必要

「公式サイト」へ

上達すれば色んなツアーにも参加可能

水上散歩 写真

初心者の方は大阪の中之島を遊覧しますが、何回か参加して上達すればもっと楽しいパドルボードのツアーにも参加できます。琵琶湖や海に浮かぶ無人島を冒険気分で水上散歩してみては?

ついでに立ち寄りスポット

大阪城天守閣 写真

大阪城天守閣
太閤秀吉さんが造った天下一の名城を楽しもう。天守閣2階の兜・陣羽織試着体験コーナーは子ども達や海外からの観光客に大人気。「スポット情報」詳細へ

【取材】木下昌輝

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング