おうし座4月20日~5月20日

吊るされた男

2018年上半期の運勢

タロットカード:吊るされた男

「なんでこんなことをしているのだろう。みんなにとっても自分にとっても、もっと快適な方法があるよね。」ふと、そんなことを思う瞬間がありそうな2018年上半期。2017年下半期、「塔」というカードが出ていた牡牛座さん。その期間に、自分の今までの思い込みが壊れたという人もいるでしょう。今まで、あなたは社会や周りの人々の期待に沿わなければと努力していたかもしれませんが、そうする必要はなかったのです。あなたのままで良かった。その流れで、今、自分を犠牲にして頑張っていることも、「それほど頑張る必要はないのでは?」と思えるようです。何か良いアイデアが思い浮かぶのかもしれません。新しい発想を受け入れましょう。

行くべき!パワースポット

和歌山

熊野本宮大社

熊野本宮大社

全ての道は本宮に通ずる
再出発したい人におすすめの聖地

全ての熊野古道の中心に位置する熊野本宮大社は、全国に三千数百ある熊野神社の総本宮「熊野三山」の一社。平安時代末期頃より浄土の入り口と言われ、浄土へ行って帰ってくる事は死からの再生を意味する事から、よみがえりの聖地として知られている。神門をくぐると姿を表す檜皮葺の立派な社殿。向かって左手の社殿が夫須美大神・速玉大神の両神。中央は主神の家津美御子大神。そして右手は天照大神が祀られており、交通安全、家庭円満、長寿の神として人々を迎え入れてきました。

熊野本宮大社熊野本宮大社から500メートルほど離れた旧本宮大社の社地である大斎原(おおゆのはら)に高さ33.9メートル幅42メートルの日本一の大鳥居が立つ。この場所は、熊野川と音無川の中州で、明治22年の洪水で熊野本宮大社の社殿が流され、現在地に遷座。鳥居の奥の林は神気が強いパワースポットと言われており、深呼吸をしてパワーを吸収するとよい。

石段の参道

石段の参道

本殿に続く158段ある石段の参道。杉木立の中、「熊野大権現」の奉納幟が立ち並ぶ石段を、一歩一歩上るにつれ心は静まり、神域へと近づいていく。参道の中腹、左側にある祓戸大神にまずお参りをし、身を祓い清めてから本殿への参拝するとよい。