みずがめ座1月20日~2月18日

隠者

2018年上半期の運勢

タロットカード:隠者

2017年下半期、今までやってきたことが花開いたという人も多かったはず。そして、2018年上半期、そういった状況を見て、あなたは、自分の道をもう一度探りなおしたいと思うようです。「このまま終わることはできない」と感じさせる何かがあったのかもしれません。「もう少し修行したい」「もう一度自分を見つめなおしたい」そんな気持ちになるようです。カードには、暗闇の中で、ランタンを掲げた人物が描かれています。周りは暗く、決して歩きやすいとは言えない環境かもしれません。道に迷いかけることもあるでしょう。しかし、彼の手にあるランタンは輝いています。光を頼りに歩みを進めていけば、大きく踏み外すことはないはずです。

行くべき!パワースポット

滋賀

日吉大社

日吉大社

修行場として知られる比叡山の
山の神と魔除けの猿を祀る神社

全国各地にある3,800余りある日吉・日枝神社の総本宮で、比叡山の麓に鎮座する2,100年もの歴史を誇る古社。広大な境内には国宝の東本宮・西本宮の本殿をはじめ、多くの社が祀られており、日本最古の石橋といわれる日吉三橋など重要文化財も多数。平安京から見ると鬼門(北東)の方角に位置することから方除け・厄除けのご利益で信仰を集めている。そんな日吉大社は猿が神の使いとして有名。その猿の名は神猿(まさる)さん!元々比叡山に多数生息していた猿が、いつの頃からか魔除けの象徴として扱われるようになったそう。

日吉大社鳥居の上部、笠木の上に三角形の破風がついた独特の形は「山王鳥居」と呼ばれるもの。合掌鳥居、破風鳥居とも呼ばれる鳥居のこの形は、神道と仏教の合一を表しているといわれ、山王信仰の中心であった神仏習合時代の日吉大社にちなみ、山王鳥居と称される。

西本宮楼門 棟持猿(むなもちさる)

西本宮楼門 棟持猿(むなもちさる)

西本宮の楼門の軒下四隅には、それぞれ違ったポーズの神猿がお参りに訪れる方々を見守っている。また、神猿舎(まさるしゃ)では本物の猿が飼われているなど、境内のあちらこちらで猿の魔除けのご利益を感じることができる。