関西イベント情報

  • 祭り・季節イベント
  • 演劇・芸能・ショー
  • 展覧会
  • スポーツ

兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 画家の肖像

兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 画家の肖像《Self Portrait with Sunglasses》 1980年 作家蔵

横尾忠則が自身の肖像を描いた作品や、横尾が影響を受けた画家の肖像を展示する「横尾忠則 画家の肖像」が、横尾忠則現代美術館にて開催。本展の第一部では、移り変わる関心のままに主題や様式を変化させてきた横尾の根底にある自己探求のプロセスを、自画像というテーマから探る。第二部では、横尾が影響を受けた画家の肖像を展示。そこには師であり仲間でもある先人たちへの敬意や共感、批評等、様々な思いが見え隠れする。自己と他の画家との間を往還する「画家の肖像」が、変幻自在の画家、横尾忠則の道程を辿る絶好の機会となる。

続きを読む

期間 開催中〜8月26日(日)まで
会場 横尾忠則現代美術館
料金 当日一般700円 大学生550円 70歳以上350円 高校生以下無料
公式サイト 兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 画家の肖像

詳細情報を見る閉じる

ページの先頭へ

夏季特別展 アニマル・ワールド ーわくわく飛び出す!日本の動物たちー

夏季特別展 アニマル・ワールド ーわくわく飛び出す!日本の動物たちー橋本関雪「意馬心猿図」

日本画の中でも動物画に焦点を当てた展覧会。橋本関雪の馬、竹内栖鳳のアヒル、大橋翠石のトラなど、野性味あふれる動物やユーモラスな描写の動物、小さな昆虫など、近現代の画家たちによるさまざまな表現の動物画を展示。画家たちが愛情のまなざしでとらえた生き物たちが鑑賞できる。

続きを読む

期間 開催中〜9月2日(日)まで
会場 小林美術館
料金 入館料 大人800円、大学・高校生500円、中学・小学生250円
公式サイト 夏季特別展 アニマル・ワールド ーわくわく飛び出す!日本の動物たちー

詳細情報を見る閉じる

ページの先頭へ

堺に窯がやってきた!−古墳時代・やきものの技術革新−

堺に窯がやってきた!−古墳時代・やきものの技術革新−

堺市内の陶邑窯跡群(すえむらかまあとぐん)は国内有数の窯跡で古代日本のモノづくりを理解するうえで欠かせない遺跡であり、現在の生活にもつながる技術が伝わった場所。今回の展示は、この遺跡から見つかった国指定重要文化財を含む器や、生産に関連する道具などから、古代からの堺の国際的な一面や先進技術が定着・発展した過程を知ることができる。

続きを読む

期間 開催中〜9月24日(月・祝)
会場 堺市博物館
料金 一般200円 大学・高校生100円 中学・小学生50円
※市内在住・在学の小・中学生は無料
※65歳以上の方は無料(年齢がわかるものを提示)
公式サイト 堺に窯がやってきた!−古墳時代・やきものの技術革新−

詳細情報を見る閉じる

ページの先頭へ

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光ディエゴ・ベラスケス《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》 1635年頃 マドリード、プラド美術館蔵 (C) Museo Nacional del Prado

スペイン王室の収集品を核に1819年に開設された、世界屈指の美の殿堂、マドリードにあるプラド美術館の傑作を紹介する「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が、兵庫県立美術館にて開催中。本展は、同美術館の誇りであり、西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599〜1660年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点(うち9点は資料)を紹介するもの。17世紀スペインの国際的なアートシーンを再現し、幅広いプラド美術館のコレクションの魅力をたっぷりと堪能することができる。

続きを読む

期間 開催中〜10月14日(日)まで
会場 兵庫県立美術館
料金 当日一般1,600円 大学生1,200円(要身分証明書)
70歳以上800円
チケット購入 チケットぴあPコード:768-749
公式サイト プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

詳細情報を見る閉じる

ページの先頭へ

プーシキン美術館展−旅するフランス風景画

プーシキン美術館展−旅するフランス風景画クロード・モネ 《草上の昼食》 1866年 油彩・カンヴァス (C) The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

フランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日する展覧会「プーシキン美術館展−旅するフランス風景画」が、7月21日(土)より国立国際美術館にて開催。本展では、神話の物語や古代への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧噪、果ては想像の世界に至るまで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れを紹介。なかでも、初来日となるモネの《草上の昼食》は、同時代の人物たちとみずみずしい自然の風景が見事に調和。印象派の誕生前夜、26歳となる若きモネの魅力溢れる作品だ。

続きを読む

期間 開催中〜10月14日(日)まで
会場 国立国際美術館
料金 当日一般1,500円 大学生1,200円 高校生600円
チケット購入 チケットぴあPコード:769-010
公式サイト プーシキン美術館展−旅するフランス風景画

詳細情報を見る閉じる

ページの先頭へ

県美プレミアムU
小企画「美術の中のかたち ―手で見る造形 触りがいのある犬―中ハシ克シゲ」

県美プレミアムU<br />小企画「美術の中のかたち ―手で見る造形 触りがいのある犬―中ハシ克シゲ」制作途中の「触りがいのある犬」に触れる

兵庫県立美術館で7月7日(土)より開催される「県美プレミアムU」。今回の小企画は「美術の中のかたち ―手で見る造形 触りがいのある犬―中ハシ克シゲ」。様々なアプローチで視覚優位の美術鑑賞のあり方を問う本展、シリーズ29回目となる今年は、中ハシ克シゲを迎え、彫刻における視覚的なものとは何かを改めて考える。視覚を遮断し、触覚だけで造形する新たな創作を試みる。

続きを読む

期間 開催中〜11月4日(日)まで
会場 兵庫県立美術館
料金 一般500円(300円) 大学生400円(200円)
※()は特別展とのセット料金。
公式サイト 県美プレミアムU
小企画「美術の中のかたち ―手で見る造形 触りがいのある犬―中ハシ克シゲ」

詳細情報を見る閉じる

ページの先頭へ

県美プレミアムU 特集 県政150周年記念
「ひょうご近代150年 〜収蔵品でたどるひょうごのあちこち、150年のあの時この時〜」

県美プレミアムU 特集 県政150周年記念<br />「ひょうご近代150年 〜収蔵品でたどるひょうごのあちこち、150年のあの時この時〜」川西英《古道具屋》1941年 木版・紙

兵庫県立美術館で7月7日(土)より開催される「県美プレミアムU」。今回の特集は、県政150周年記念「ひょうご近代150年〜収蔵品でたどるひょうごのあちこち、150年のあの時この時〜」。兵庫県立美術館の収蔵作品によって兵庫の150年を振り返る。兵庫を描いた作品はもちろん、兵庫を代表する作家の作品も多数展示される。

続きを読む

期間 開催中〜11月4日(日)まで
会場 兵庫県立美術館
料金 一般500円(300円) 大学生400円(200円)
※()は特別展とのセット料金。
公式サイト 県美プレミアムU 特集 県政150周年記念
「ひょうご近代150年 〜収蔵品でたどるひょうごのあちこち、150年のあの時この時〜」

詳細情報を見る閉じる

ページの先頭へ

生誕110年 東山魁夷展

生誕110年 東山魁夷展《道》 1950年、東山魁夷、東京国立近代美術館蔵

自然と真摯に向き合い、思索を重ねながら日本の美しい風景を描いた東山魁夷の生誕110年を記念した展覧会「生誕110年 東山魁夷展」が、8月29日(水)より京都国立近代美術館にて開催される。本展では代表作である《残照》《道》《緑響く》のほか、ヨーロッパや京都の古都の面影を描いた風景画など約80点の本画や習作により、国民的画家と謳われた東山魁夷の画業の全貌をたどる。また、構想から完成までに10年を要した東山芸術の記念碑的大作、奈良・唐招提寺御影堂の障壁画(襖絵と床の壁面全68面)を再現展示。御影堂の修理に伴い、障壁画も今後数年間は現地でもみることができないため、御影堂内部をほぼそのままに間近に見ることができる大変貴重な機会となる。

続きを読む

期間 8月29日(水)〜10月8日(月・祝)
会場 京都国立近代美術館
料金 前売一般1,300円 大学生900円 高校生400円
前売ペア券1,200円(1名分) 音声ガイド付き前売券1,800円
当日一般1,500円 大学生1,100円 高校生600円
チケット購入 チケットぴあPコード:769-096
公式サイト 生誕110年 東山魁夷展

詳細情報を見る閉じる

ページの先頭へ

没後50年 藤田嗣治展

没後50年 藤田嗣治展藤田嗣治 《エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像》 1922年 油彩、銀箔、金粉・カンヴァス シカゴ美術館(アメリカ)蔵 (C) The Art Institute of Chicago / Art Resource, NY (C) Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らした画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ)の没後50年を記念した展覧会「没後50年 藤田嗣治展」が、10月19日(金)より京都国立近代美術館にて開催される。2018年は、エコールド・パリの寵児のひとりであり、太平洋戦争期の作戦記録画でも知られる藤田が世を去って50年。本展では、日本はもとよりフランスを中心とした欧米の主要な美術館の協力を得て、初来日作品も含め、精選された作100点以上が一堂に展示。その画業の全貌を展覧する、質量ともに史上最大級の大回顧展といえる内容となっている。

続きを読む

期間 10月19日(金)〜12月16日(日)
会場 京都国立近代美術館
料金 前売一般1,300円 大学生900円 高校生400円
早割ペア券2,000円(2枚組) ※一般のみ。1名様で2回使用も可
当日一般1,500円 大学生1,100円 高校生600円
公式サイト 没後50年 藤田嗣治展

詳細情報を見る閉じる

ページの先頭へ

更新日:2018年08月09日

  • 祭り・季節イベント
  • 演劇・芸能・ショー
  • 展覧会
  • スポーツ

上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますので予めご了承ください。

アクセスランキング