武奈ヶ岳

武奈ヶ岳?比良山系最高峰からのパノラマビュー?

坊村バス停から御殿山山頂

  • 登山道入口。ここから始まる急坂に注意!
  • 登山道前にある神社。お社も大きくここも立ち寄りポイントです。
  • 見るだけで疲れそうですが、このような坂がずっと続きます。
  • 杉林を抜けて中腹まで来ると景色が随分変わってきます。
  • 秋の味覚が至る所に(10月中旬)。春や初夏には、たくさんの花が見れるそう。

武奈ヶ岳ピークへの王道、御殿山ルートへ

出町柳から約1時間、バスに乗って[坊村バス停]に到着します。川と駐車場を繋ぐ曙橋横を通り[地主神社]、冬には熊鍋などで有名な[比良山荘]、さらに[明王院]を抜けて、登山口へ。登山口に入るとすぐに急坂になります。標高約300m地点から、1,000mくらいまで一気に上がります。休憩を充分取りながら、自分のペースで進んでください。はじめの数百メートルは、杉林のジグザグ道をひたすら上へ向かいます。看板や標識がまったくなく分かりにくいですが、人の踏みならした道に沿って歩いてください。また、山岳会などが木につけた目印も頼りになりますので、途中、谷間を抜ける道では、見失わないように気をつけてください。御殿山山頂までは、坂が続き体力を奪われますが、秋には、栗などが足下に転がる姿がたくさん見受けられ、山の移り変わりを味わえるので、ゆっくりと観賞しながら登るのがよいでしょう。

御殿山山頂から武奈ヶ岳山頂

  • 御殿山山頂からの眺め。滋賀の自然の深さが伺えます。
  • 御殿山の山頂まで来れば、後もう一踏ん張り。
  • これまでになかった看板が、山頂付近にはたくさん。
  • いよいよ山頂付近の西南稜。山際の風景などを堪能しながら行きましょう。
  • 西南稜の最後の坂。心地良い風が吹いていました。

御殿山から見る西南稜

坂を登り切ったあと、さらに進むと御殿山山頂に到着です。この辺りから、足下には砂利が多くなりますので、滑らないように気をつけて歩いてください。山頂には、標識、看板はなく木の札がかけられているだけです。少し開けた山頂から武奈ヶ岳の西南稜を眺めれば、ササに覆われた斜面の輪郭がとても綺麗。そして、その奥手にあるのが、武奈ヶ岳山頂。まだ視認することはできませんが、御殿山からは一度、ワサビ峠まで下り、それから坂道を上がり西南稜へ。西南陵までくると、周りの山々が一望できパノラマビューを楽しむことができます。さらに進めば、いよいよ武奈ヶ岳山頂に到着です。山頂には、日陰はないため夏や日差しの強い日には、水分補給と帽子の着用を忘れずに。景色が非常に綺麗ですが、風が強い日が多いようなので、食事は少し下山したところでとるのがいいでしょう。

武奈ヶ岳山頂から登山口

  • 360度のパノラマビュー。秋も深まれば、山の色が真っ赤に染まります。
  • 山頂はごつごつした岩場。周りに木々は一切ありません。
  • 山頂から御殿山方向を望む風景。
  • 急な坂が続くので、太ももに負担がかかります。
  • テンナンショウの実。3~5年で花を咲かせるようです。

下山時は浮き石に気をつけて!

さて、山頂の景色を堪能したらいよいよ下山です。今回は、日帰りでも比較的短い時間で行ける御殿山ルートで帰ります。ここまで来た道を戻るわけですが、このコースの下りはかなり足に負担がかかります。坂が急ということもありますが、浮き石、砂利が多く、滑ったり、くれぐれも捻挫などしないように注意して進みましょう。また、少し道が分かりにくいので、上りと同様に赤いテープなど目印を見失わないように下山してください。帰りは登りの半分くらいの時間で登山口まで到着できます。その他にも下山ルートはたくさんあり、高島市方面にある[ガリバー旅行村]や南から琵琶湖の西側に出る途中にある[金糞峠]の方向へ抜けるルートを使って下山するのもまた違った風景が堪能でき、楽しめます。

登山後の楽しみ

武奈ヶ岳の下山後の楽しみは、[おごと温泉]。車でないと行きにくいですが、京都方面ですと帰り道にありますので、立ち寄りスポットとしておすすめです。日帰り入浴ができる施設として、スパリゾート雄琴[あがりゃんせ]もあります。他にも、お宿の中には日帰り入浴と食事がセットになったプランなどもありますので利用してみてはいかがでしょうか。

登山後記

大阪から約2時間程度で行くことができる武奈ヶ岳。もう少し遠いイメージがありましたが、意外に近く、車でならアクセスしやすい山だと分かりました。山頂の景色は、文中にも書きましたが360度見渡せて爽快の一言!また、登山口前にあった[比良山荘]というお宿と食事処は田舎にある風情を充分に感じられるお店。今回は立ち寄ることができませんでしたが、帰宅後に調べたところ、比良山系の熊を食べられることを知り、また別の機会に訪れたくなりました。最後に、もうひとつ山頂の話。今回登ったのは10月中旬でしたが、春や秋が深まる時期に登るともっと自然の色づきがはっきりと見え、美しい姿を楽しませてくれたのではないかと思います。

【取材】松村貴樹/【撮影】米田真也

更新日:2011年11月15日

ページの先頭へ