二上山

二上山?門前町にボタンと老舗の餅、山も町も名所がたくさん?

二上山駅から雄岳

  • 今回のルートは、どこをとっても良く整備されている。
  • 駅から登山道までは静かで穏やかな里山。商店はないので、食料などの準備は事前に。
  • 平日にも関わらずハイカー多数。整備されているので人気なのもうなずける。
  • 二上山周辺にはたくさんの池が。グリーンの色も綺麗。
  • 雄岳に向かう山道には、木段も多数。低山なだけにゆったり散歩気分で登れるのも楽しい。

大阪と奈良、県境にある山頂をめがけて

大阪と奈良、両方から登山が楽しめる山としても知られる二上山。今回は、そんな二上山の奈良側からのルートをご紹介します。まずは、二上山駅で下車し、山側に向かって歩き始めます。このルートには、いくつも道標があるのでそれにしたがって歩くだけ。道に迷う心配もありません。
コース上には、たくさんの観光スポットもあります。[専称寺]や[春日神社]もそのひとつで、桜の季節には枝垂桜が楽しめるそうです。地図を見ると、たくさんの池があることにも気がつきます。池のある景色も、ここの山道ならでは。楽しみながら行きましょう。
春日神社]を越えた辺りで、登山道に入ります。しばらく歩きやすい緩やかな上りが続きます。しばらく進むと、分岐に差しかかりますが、ここも道標に沿って進んでください。そこからは尾根に沿って一気に雄岳山頂まで。山頂の手前には、大津皇子の墓があり、二上山が歴史的に意味のある山ということが窺い知れます。

雌岳を経て傘堂

  • 雌岳山頂からの景色。奈良の盆地の姿が良く分かります。
  • 當麻寺方面への岩屋へと進む道を行きます。
  • 雌岳山頂にある日時計。山頂は広場になっていて見晴らしが抜群。
  • 岩屋峠の分岐では、道標に従って下りましょう。
  • 横口式石槨の鳥谷口古墳。

展望台から奈良、あべのの眺望

雄岳から二上山のもうひとつの山頂、雌岳に向かいます。はじめは、なだらかな下り道です。この道も歩きやすく、木々の間からの眺望を楽しみながらのハイキングが楽しめます。20分ほど歩けば、雌岳山頂に到着。
山頂には広場もあり、ベンチもたくさんあるので、昼食をとりながら景色を堪能することもできます。天気が良い日は大阪市内の景色も楽しめ、先日、全面開業となったあべのハルカスが一際目立っています。そんな眺望を楽しんだら、いよいよ下山です。複数ルートがありますが、今回は、岩屋方面へ向かいます。途中桜並木を抜け、[祐泉寺]へ。ここまでおよそ20分。上りと同じくなだらかで歩きやすい道をのんびり歩いていきましょう。
[祐泉寺]まで来ると車道と合流します。車道をそのまま下っていくと、[傘堂]と呼ばれる奈良県指定の有形民俗文化財の姿が。こちらは、宝形造りの瓦屋根を支える総ケヤキ造りの建物。郡山藩主・本多政勝の菩提を弔うため1674年に建立したとされています。そんな[傘堂]から次に、當麻寺へ進みましょう。

傘堂から當麻寺経由、当麻寺駅

  • 5月頃には新緑の緑で、さらに美しい景色が広がります。
  • 當麻寺方面にも池多し。この道の先に當麻寺があり。
  • 傘堂へと繋がる鳥居。
  • 県指定有形民俗文化財に登録されている傘堂。
  • 奥の院方面から當麻寺を眺めた様子。想像以上に境内は広め。

ボタンの名所とよもぎ餅

[傘堂]から車道を歩き、次はボタンの花で有名な[當麻寺]へと進みます。向かう途中には、[高雄寺]に[石光寺]と、二上山周辺にはたくさんの寺があることを実感します。時間に余裕があれば、ひとつひとつ回りながら、ハイクを楽しむのもおすすめです。
そんな寺の中でも毎年春の季節はボタンの花が咲き、観光客でいっぱいになるのが[當麻寺]です。こちらは、藤原鎌足の孫にあたる豊成の娘・中将姫にゆかりがあるお寺としても有名で、その中将姫の伝説に彩られた本堂にある曼荼羅は一見の価値ありです。
そんな[當麻寺]から駅までは、およそ15分。門前町の風情ある道が続きます。いよいよゴールの当麻寺駅、とその前に駅前にある[中将堂本舗]をお忘れなく。こちらの中将餅は、[當麻寺]のボタンの花をイメージした逸品。程よい甘みとよもぎ餅の相性は抜群。4月と5月はよもぎの自生の時期。そのころのお餅はよもぎの香りが強めなので、その頃めがけて買いにくるファンもいるのだとか。そんなお餅を味わって、帰路につくのもいいでしょう。

立ち寄りスポット

当麻寺駅の周辺で門前町の風情と、[中将堂本舗]のお餅を楽しんだら、山登り後にさっぱりとお風呂に浸かるのはどうでしょう。そこでおすすめなのが、当麻寺駅から大阪方面に向かう途中にある[天然温泉 延羽の湯 羽曳野]。スーパー銭湯的なレジャー施設感たっぷりで楽しめます。駅から少し離れてはいるものの、古市駅から無料送迎バスも出ていてお手軽に利用できます。

  • 立ち寄りスポット情報

    名称
    中将堂本舗
    エリア
    奈良県葛城市當麻55-1
  • 立ち寄りスポット情報

    名称
    天然温泉 延羽の湯 羽曳野
    エリア
    大阪府羽曳野市広瀬186-3

登山後記

関西の山は基本的に低山。そのなかでもここ二上山は小学生が遠足に登ってもおかしくないくらいの山。ただ登りやすいだけでなく、山中の景色や大津皇子のお墓、そして、ボタンで有名な當麻寺と見どころもたくさん。それに加えて、大阪から1時間程度とアクセスも良し!初めて山にチャレンジ!という人には非常におすすめです。

【取材】松村貴樹/【撮影】米田真也

更新日:2014年4月15日

ページの先頭へ