兵庫

出石周辺

観光・お土産・グルメ・カフェ

観光
出石城下町
出石城下町(いずしじょうかまち)
城下町の歴史を感じる但馬の小京都

なんといっても小皿に盛り分けたご当地そば・出石皿そばで有名な城下町。室町時代、但馬国守護となった山名時義が築城した城の城下町として隆盛し、町割が碁盤の目状であることから「但馬の小京都」とも呼ばれる。現在でもかつての城下町を思わせる建物が数多く残り、国の重要伝統的建造物群保存地区として保存され、数多くの観光客が訪れる。

辰鼓楼
出石城下町のランドマーク「辰鼓楼」は必見
明治4年(1871)に建てられた辰鼓楼(しんころう)は、出石城旧三の丸大手門の一角に佇む櫓。かつては櫓の上の太鼓で時間を城下町に知らせていたが、現在では時計台として利用されている。出石城下町のランドマークとして親しまれ、この地を訪れたのなら、ぜひ辰鼓楼をバックに記念写真をおさめたい。
観光
但馬安國寺ドウダンツツジ
但馬安國寺(たじまあんこくじ)
美しい絵画のようなドウダンツツジを愛でる

出石城下町から車で約20分。のどかな山里にたたずむ古刹・但馬安國寺の裏庭の築山に植えられたドウダンツツジが美しすぎると話題になっている。毎年紅葉シーズンになると、この美しい光景を一目見ようと多くの参拝客がこの地を訪れる。樹齢約150年のドウダンツツジは本堂の下間から見るとまるで、額縁の中の絵画のようにも見え、まさに自然が造り出した奇跡の景観だ。

  • 但馬安國寺ナツツバキ
    安國寺の三つの自然物に仏様が宿る
    安國寺は、かけがいのない三つの自然物を持つ。一つ目はドウダンツツジ、二つ目は安國寺公園(旧安國寺跡)に約2,000本も群生するナツツバキ。6~7月に直径5センチメートルほどの可憐な白い花を咲かせる植物で、その清楚な美しさが見る者の心を打つ。三つ目が所によっては天然記念物に指定されていて、絶滅危惧種でもあるモリアオガエル。池に張り出したドウダンツツジの枝に卵を産み、約2週間でふ化。枝の下の心地池でオタマジャクシは成長する。
  • 但馬安國寺
    山里にひっそりと佇む臨済宗の古刹
    但馬安國寺は、鎌倉時代に、室町幕府を打ち立てた足利尊氏開基・夢窓国師開山の臨済宗のお寺で、全国に68ある安国寺の一つ。享保2年(1717)に全焼して、現在の本堂は明治37年(1904)に建てられたもの。境内には但東シルク温泉と因縁の深い相田温泉薬師も祀られている。
グルメ
手打ち出石皿そば
手打ち出石皿そば
近又(きんまた)
手打ち出石皿そば

かつて信州から出石にやってきたそば職人が技を伝え、ちいさな出石焼の皿に盛り分けて味わう現在のスタイルが誕生したご当地そば。「近又」では、玄そば(そばの実)を皮ごと石臼で挽いたそば粉で打つ手打ちそばが味わえる。多彩な薬味を使って味わうそばは1人前(5皿)780円、追加(5皿)550円でいただける。

皿そば之証
男女を問わず大人20皿以上、子供15皿以上でもらえる「皿そば之証」は、5枚集めると一年間無料で味わえる「そば通の証」がもらえるのもユニーク。
近又店内
伝統を守る手打ちでもてなす出石皿そばの名店
創業はかつて旅館を営んでいた慶長年間までさかのぼる老舗。現在は出石で「近又」の家号になってから3代目の店主が腕をふるい、「挽きたて」「打ちたて」「ゆがきたて」の三たてを守る。皿そばは、まずは塩やツユで、次はねぎやワサビなどの薬味を入れて、そして山芋とろろで、最後に生卵を入れてと、味の変化を楽しみながら食べるのが定番。
カフェ
おはぎ
おはぎ
田吾作(たごさく)
おはぎ

出石城下町にあるこじんまりとした茶店でいただける「おはぎ」が味わい深いと評判だ。ベーシックなメニューは「あん」と「きなこ」(各130円)の2種類で、「いちご入り」などの季節限定メニューもある。毎日、手作りするおはぎは自家製の餅米を使っており、北海道種の小豆でつぶ餡を作っている。「きなこ」も中につぶ餡が入っており絶妙の味わい。店内では、お茶とセットで+50円でいただける。

赤飯のおにぎり
こちらも自家製の餅米を使った赤飯のおにぎり100円。もっちりした食感で、餅米の旨味が後を引く人気の一品。
田吾作店内
名物おはぎを、民芸風の座敷席でゆっくり味わう
出石皿そばの店舗が軒を連ねる出石城下町にあって、散策途中に立ち寄ってほっこりできるお茶処。名物のおはぎの美味しさが口コミで広がって今では、遠方からも買いにくるお客さんが絶えないという人気店に。店内は中央に囲炉裏が切ってある座敷席と、カウンター席、テーブル席などがあり全部で約20席。こじんまりしているが居心地の良い空間だ。
お土産
地ビール
地ビール
出石城山ガーデン(いずししろやまがーでん)
いずし浪漫

出石城下町にあってみやげ物店、食事処などを併設する地ビール工房の「出石城山ガーデン」では、店舗に隣接する工場で日々、人気商品の「いずし浪漫」を醸造している。出石の名水、厳選された麦芽、生まれたままの酵母で造られたビールには隠し味にブルーベリーを使用している。商品は出石浪漫のほかにヴァイツェンなど2種類が用意されている。各520円。

工場
ビールプラントで造られる出石浪漫は、熱処理を一切していないビール。だからキレがあってビールの評価基準でもあるドリンカビリティに優れている。
出石城山ガーデン店内
食事処やみやげ物店も併設する一大複合施設
出石そばを中心に但馬のおいしい食材などの名物がそろうショップと、出石皿そばや出石浪漫の生ビールなどがいただける食事処を併設。大きな駐車場もあるので出石観光の後に立ち寄るのに便利だ。そば打ち体験も行っており、食事とセットで2,700円のプランがあるほか、出石そば食べ放題2,160円~も楽しむことができる。

温泉ランキング

観光ランキング

  • eoおでかけ