京都

京丹後周辺

観光・カフェ・お土産・グルメ

観光
経ヶ岬(きょうがみさき)
自然と近代産業遺産のコントラスト

鳥取県・兵庫県・京都府にまたがる山陰海岸ジオパークの一部である経ヶ岬。近畿の最北端に位置し、岬には経産省の近代化産業遺産に指定された経ケ岬灯台がある。経ケ岬灯台は明治31年(1898)に初点灯され、平成20年(2008)に至る110年もの間、海上の道しるべとして日本海を照らし続けた。今では観光資源として活躍しており、灯台記念日である毎年11月1日前後の一日限定で灯台の内部公開も行われている。

長い歳月をかけて形成された雄大な自然
一説によると経ヶ岬という名前は、マグマが冷えて固まった火成岩からできた柱状の岩石が立ち並ぶ様子を、お経が並べられた様子に見立て名付けられたという。経ヶ岬からのオーシャンビューも美しいが、悠久の時を経て、自然の力で作り上げられた巨大な岩石も見どころだ。
観光
琴引浜(ことひきはま)
名勝指定、鳴き砂の響きを体感

丹後半島海岸の一部である琴引浜は、全長約1.8キロメートル続く、鳴砂で有名な砂浜。国指定の天然記念物や名勝にも選ばれており、砂の上を歩くと、キュッといった音で砂が鳴くのが特徴。一時は砂浜に他国からのゴミが漂着したことや、海外のタンカーから重油が流出したことなどから、鳴砂が汚れて鳴かなくなってしまったが、地元団体などの懸命な清掃活動により、現在の姿を取り戻したという。

野趣あふれる、かけ流しの贅沢
夏には京阪神エリアからの海水浴客で賑わう琴引浜。透き通った青い海に白い鳴砂、山々の深い緑のコントラストが、非常に美しい景観を作り出している。また、砂浜には4月から10月にかけて無料で楽しめる野湯があり、目と鼻の先に広がるオーシャンビューを楽しみながらの温浴もおすすめだ。
グルメ
へしこ工房HISAMI(へしここうぼうひさみ)
京丹後郷土料理「へしこ」を堪能

へしことは、塩漬けにしたサバを、しっかりと糠漬けにした郷土料理だ。こちらで出されるへしこは、一般的なものとは違い、浅漬けに仕上げられているため、クセがなく、はじめての人でもおいしく食べられると評判だ。へしこ定食1,290円は小鉢料理4品、汁物、へしこがセットになっており、京丹後の自然の恵みを味わえる。

夜には完全予約制で、一組限定の囲炉裏(いろり)会席5,400円~も用意。贅沢に海の幸を堪能できる。
創業60余年、守り続ける伝統の味
昭和25年(1950)に創業されたこちらは、日本海を望み、間人港から車で5分という絶好のロケーションに位置している。先代の頃から創意工夫を続け、受け継がれたへしこの味に、地元の人はもちろん、全国にもファンがいるという。定番はサバのへしこだが、イワシやノドグロといった旬の素材を用いたへしこの販売もしている。
カフェ
ブルータンゴ(ぶるーたんご)
地元民憩いのお店でひと休み

地元民が集まる丹後公民館の隣に位置するブルータンゴ。名物料理は、間人港で水揚げされた魚介を使った、旬の間人ちらし1,300円。丹後こしひかりを使用した酢飯の上に、たっぷりと季節の魚介を乗せ、オリーブオイルとイワシの魚醤をあわせた珍しいドレッシングをかけていただくもの。カルパッチョのようなさっぱりとした味わいに酢飯がマッチした、ここでしか味わえない間人ならではのひと品だ。

おばあちゃんの優しいおもてなしを味わって
オーナーの昌子さんいわく、都会の暮らしに疲れた人たちに、自然の恵みである間人の食材を味わってもらい、心を豊かにして帰ってほしい、という思いで営業しているとのこと。名物料理はどれも美味しいが、そのほかコーヒー370円などの喫茶メニューも充実しているので、カフェとしても気軽に立ち寄れるスポットだ。
お土産
旬の魚を贅沢に一夜干しに
丹後を中心とした海の幸を、熟練の職人の目利きで厳選し、手作業で1匹ずつ仕上げる一夜干し。こだわり抜かれて作られた一品は、ほかでは味わえないほど濃厚な旨みと脂がギュッと詰まった、贅沢な一品となっている。春夏秋冬それぞれにノドグロやカレイ、ハタハタなどの旬の魚介を、豊富にそろえているので、季節にあった味覚を楽しめるのもうれしい。
楽しみ方にあわせてかにが選べる
茹で・活け松葉ガニをはじめとし、セコガ二や北洋産ズワイガニなどを取り扱っている。ひと口に松葉ガニといっても、身詰まりがしっかりした「特選」や、傷などの訳ありだが味は変わらない「お徳用」などから選べるので、贈答用や家族・友人用とニーズにあったものを購入できるのもうれしい。ほか、家庭では再現しにくいかに鍋のスープや、調味料としても使える濃縮タイプのかにすきの出汁の販売もしている。
魚政(うおまさ)
全国の料亭・旅館も信頼、魚介の名店
京丹後市網野町で魚屋を営み50余年という歴史を持つ魚政は、豊富な知識と経験を基に、鮮度や旬、魚体を見極め、松葉ガニをはじめとした多くの魚介類を取り扱う老舗。直売店を営むかたわら、全国の料亭や旅館にも魚介類を卸しているとあり、取り扱う海産物はどれも食のプロの折り紙付きだ。

温泉ランキング

観光ランキング

  • eoおでかけ