三重

志摩周辺

観光・お土産・グルメ・カフェ

観光
砂湯
志摩スペイン村 パルケエスパーニャ
異国情緒あふれる一大エンターテイメントパーク

テーマパーク、ホテル、温泉施設などがそろう志摩スペイン村のエンターテイメント&アミューズメントパークの「パルケエスパーニャ」。2019年の4月には開園25周年を迎えて、ますますパワーアップ!スペインの街並みを再現した美しい景観のパークでは、スリル満点のジェットコースター「ピレネー」をはじめ28種類のアトラクション、本格的なフラメンコショー、参加型のショーなどを楽しむことができる。

  • 山道
    カーニバルやフラメンコショーは見逃せない!
    「エスパーニャカーニバル“アデランテ”」や、写真の観客参加型のストーリーミュージカル「バイレ・デル・カピタン ~ダンスフェスタの主役はキミだ~」など、パーク内では1日に1回~複数回、カーニバルやエンターテイメントショーが上演されている。ホームページで時間を確認して見逃さないようにスケージュールを組みたい。日本にいながら本場スペインの臨場感を体験できる「フラメンコショー」もおすすめだ。
  • 三徳山三佛寺
    パーク内は撮影スポットだらけ!
    スペインの街並みを思わせるパーク内の通りや広場は、どこも美しく写真映えする場所がいっぱい!写真の「グエル広場」や、美しい花で彩られた「サンタクルス通り」などはその代表的なスポット。また、園内には「レストランアルハンブラ」など複数のレストランやカフェ、オリジナルグッズが買えるショップなどもあるので、こちらにもぜひ立ち寄りたい。
観光
砂湯
Village & Hotel 志摩地中海村(びれっじ あんど ほてる しまちちゅうかいむら)
英虞湾を望む地中海リゾート

宿泊施設を中心に、レストランやショップなどさまざまな施設が集まる複合リゾート施設。英虞湾(あごわん)の絶景を望むロケーションで、太陽の光が降り注ぐ地中海リゾートをイメージした街並みが美しい。2018年に新たにオープンした「ミコノカルゾーン」と「アルハンブラゾーン」も合わせて全部で5つのゾーンに分かれており、英虞湾クルージングやフィッシングなどの体験メニューもそろっている。

  • 山道
    美しい景色を眺めながら食事や休憩も
    施設の入口から、白を基調にした地中海風の建物が並ぶ石畳の坂道を下っていくと、眼前が開けて英虞湾の美しい光景が現れる。写真のレストラン「Rias by Kokotxa」(りあす ばい ここっちゃ)では、伊勢志摩の食材を新しいテイストで味わえるランチやディナーが楽しめる。水色のテーブルや椅子がかわいいCafe Amigoでは、噴水回りのテラスなどで特製スイーツやドリンク類がいただける。
  • 三徳山三佛寺
    2018年にオープンの新エリアをチェック!
    2018年にオープンした「アルハンブラゾーン」は、アルハンブラ宮殿のハマムをイメージしたエリア。アラビアンスタイルで天然温泉が楽しめる「スパ・アルハンブラ」(宿泊者専用)がある。地中海のミコノス島や、メノカル島をイメージしたエリアの「ミコノカルゾーン」では、美しい街並みの中にカジュアルな客室を増設、これまで以上に気軽に宿泊もできるようになった。
お土産
とちもち
とちもち
お菓子職人 おとべ(おかししょくにん おとべ)
リアスバウムクーヘン

日本有数のリアス海岸として名高い英虞湾をイメージして作られたおとべのオリジナルスイーツ。表面はゴツゴツと硬めで凹凸があるリアス海岸を表現、中はふんわり柔らかく志摩の人の優しい心を表現している。伊勢志摩産の米粉を使用しており、ヘルシーで小麦アレルギーの人にも優しい。米粉ならではのもっちりした食感も楽しめる。ホール1,836円。

とち羊かん
地元産の卵を使用した「志摩プリン」324円も人気の商品だ。なめらかな口当たりと卵の香りにこだわったひと品。
外観
志摩の離島出身のシェフが生み出す絶品スイーツの数々
志摩の離島・間崎島出身のシェフが関西各地のパティスリーで修業を重ね、約20年前に地元に戻ってお店を開業、一躍人気のパティスリーとして知られるようになった。スイーツは生菓子15~20種、ロールケーキ3種のほかに、焼き菓子も豊富にそろう。できるだけ地元の素材を使用しながら大人から子どもまで喜んで食べられるスイーツを提供している。
グルメ
とちもち
とちもち
田中料理店(たなかりょうりてん)
カツオ茶漬け

地元で水揚げされたカツオを使ったカツオ茶漬け730円が看板商品。白ごはんの上に鮮度抜群のカツオの切身がたっぷりのった丼のお店のおすすめの食べ方は、まず、生姜を溶いた醤油にカツオの切身を浸けて漬け丼のようにして半分食べる。残り半分に醤油と茶をかけてお茶漬けで食べるというもの。ぜひ試してみよう

とち羊かん
カウンターには大皿料理が並んでいる。内容は日替わりで、志摩の旬の味を天ぷらや煮付けなどで味わえると評判。
外観
魚料理が地元でも人気の食事処
大王埼灯台の袂にあって、周辺の波切港や和具港など地元で水揚げされた魚介類を中心にさまざまな料理を提供する人気の食事処。カツオ茶漬けや大皿料理のほかにも、造り盛り合わせ2,000円や、あら煮600円、白身茶漬け900円など志摩エリアならではのメニューがリーズナブルな料金でいただける。
カフェ>
とちもち
とちもち
SHEVRON CAFE(しぇぶろん かふぇ)
カラメルとバナナのパンケーキ

県道から狭い道を少し入った、安乗半島の高台に建つおしゃれなカフェの人気メニュー。ふわふわのパンケーキにバナナやイチゴなど旬のフルーツがトッピングされてボリューム満点で780円。マンゴースムージー700円などのドリンクと合わせて楽しみたい。カフェメニュー以外にも、タコライスやパスタなどのランチメニューも豊富にそろう。

とち羊かん
暖炉が存在感をみせる店内には、ヴィンテージの家具や雑貨類が配され。洗練されたおしゃれ空間になっている。
外観
眼下に海を見下ろす高台に建つデザイナーズカフェ
サーファーの聖地としても知られる国府白浜の海を眼下に見下ろすロケーションで、テラス席からは白波が立つ太平洋が見渡せる。カフェを運営する親会社が、カフェを中心にゲストハウスやバーベキュ―スペースなどを新設、施設全体が少しづつスケールアップしており、今後は新たな情報の発信拠点として志摩エリアで存在感を増すことになりそう。

温泉ランキング

観光ランキング

  • eoおでかけ