eo光テレビ番組ガイド

 

ツール・ド・フランスとは?

ツール・ド・フランスとは?

フランス地図

夏季五輪、サッカーW杯に続く世界で3番目に大きいスポーツイベントは、2018年、サッカーW杯との日程重複を避けるため、例年より1週間遅く開幕する。グランデパールに(開幕地)に選ばれたのは、フランス西部ヴァンデ県のノワールムティエ・アン・リル。ここから3週間にわたるステージレースが走り始める。

第105回大会の参加を許されたのは、UCIワールドチーム18と、招待枠を獲得したUCIプロコンチネンタルチーム4の計22チーム。各チームはそれぞれ8選手で構成され、計176選手がスタートラインに並ぶことになる。

今大会の見どころとして、まずは3年ぶりに復活したチームタイムトライアル(TT)とパヴェ(石畳)。それぞれは大会前半の重要局面に設定されている。第2週にはアルプス、第3週にピレネーの両山脈での走りが、例年通りマイヨジョーヌ争いを左右することになりそうだ。今年からチーム人数が9人から8人に変更されたことも、レースにどのような影響を及ぼすか注目される。

第3ステージにはチーム力が試される35kmのチームタイムトライアルがあり、前半の山場は第9ステージ、"北の地獄"パリ〜ルーべでおなじみの15ヵ所、合計21.7kmの石畳を通過する。パヴェステージ(全15セクター)は、大会史上最も長い距離。パヴェステージは、毎回その年のマイヨジョーヌ争いに大きな影響を与えるので、必見だ。

第11ステージは108kmのショート山岳ステージ、第12ステージはアルプ・デュエズの頂上フィニッシュと、大会中盤の注目ステージが続く。第17ステージはスタートから上りが始まり65kmと、距離が短いユニークなステージ。第20ステージはフィニッシュ手前3kmに平均勾配10%を超える急坂区間がある31kmの個人TT。このステージを終えて、マイヨジョーヌを着ている者が第105回ツール・ド・フランスの総合首位の座に輝く。

【放送概要】
J SPORTS 4で全21ステージ独占生中継!
また、J SPORTS LIVE+オンデマンドでも全21ステージLIVE配信!

【期間】
2018年7月7日(土)〜2018年7月29日(日)
※7月16日(月)と7月23日(月)は休息日



ツール・ド・フランスとジャージ

ツール・ド・フランスとジャージ

全21ステージ中、個人・チームタイムトライアルを除く通常ステージでは、先頭でフィニッシュラインを通過した選手がステージ優勝を手にする。
タイムトライアルでは、参加選手中で最も速いゴールタイムを記録した選手が優勝。
タイムトライアルで同ゴールタイムが計測された場合は、1/100秒単位までタイムを比較する。
ツール・ド・フランスでは、数種の賞が設定され、各賞に応じてた特別なジャージが与えられ、翌日のステージでそのジャージを着用する。

各賞 ジャージ写真
山岳賞ジャージ
山岳賞
山岳ポイントの通過順位に応じて山岳ポイントが加算され、山岳ポイント1位の選手に白地に赤い水玉の「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ」が与えられる。
個人総合成績ジャージ
個人総合成績
各ステージの所要時間を加算し、合計所要時間が最も少なかった、個人総合成績1位の選手には、黄色の「マイヨ・ジョーヌ」着用の権利が与えられ、最終ステージ終了時点で「マイヨ・ジョーヌ」着用の権利をもっている選手がツール・ド・フランスの頂点の証である総合優勝者となる。
ポイント賞ジャージ
ポイント賞
各ステージのゴールや、ステージ途中の中間スプリント地点通過順位に応じて、スプリントポイントが加算され、スプリントポイント1位の選手に緑色の「マイヨ・ヴェール」が与えられる。
新人賞ジャージ
新人賞
25歳以下で総合成績最上位の選手に、白地の「マイヨ・ブラン」が与えられる。

ツール・ド・フランスのここがすごい!

ツール・ド・フランスのここがすごい!

世界約20億人が観戦する一大スポーツイベント

世界約20億人が観戦する一大スポーツイベント
1903年から開催され、今年105回目となるツール・ド・フランス。世界的にはオリンピック、サッカーW杯に並ぶ世界3大スポーツイベントの一つに数えられるほど、人気が高い。期間中の観戦者だけでも、フランスだけでなく世界各国から1500万人、190カ国に中継されるなど、まさに世界最高峰と呼ぶべきスポーツイベント。

3年ぶりにパヴェが復活するなど、フランス西部をスタートし、スペインの一部を通過してフランスの北部と南部を東西に回る過酷な総走行距離約3,329km!

3年ぶりにパヴェが復活するなどフランス西部をスタートし、スペインの一部を通過してフランスの北部と南部を東西に回る過酷な総走行距離約3,329km!
第4ステージまでをフランス西部ヴァンデ県で実施。空路によりフランス西部に移り、アルプスから中央山塊を経由して、南部に向かう全21ステージ。最長ステージは第7ステージの231km! 大阪市から福井県福井市くらいまでの距離を1日で走ることになる。

レース賞金

レース賞金
ツール・ド・フランスの賞金総額は、約200万ユーロ(約2億4,800万円)にものぼる。個人総合優勝者が総額の5分の1以上の450,000ユーロ(約5,580万円)を手にする。区間優勝は8,000ユーロ(約99万円)。ちなみに総合成績91以下は、完走すれば全員400ユーロとなる。(2018年時点)

ツール見どころのひとつ「山岳ステージ」

ツール見どころのひとつ「山岳ステージ」
標高差1,000mを超え、最大斜度約11%、平均斜度約8%で登坂距離10kmというような山々を自転車で登る! 上り坂の勾配と長さに応じて5段階のカテゴリーが決められている。最も難易度が高いカテゴリー超級とは、四輪駆動等ではない乗用車では通行が困難な箇所という意味合いを有する。

平均時速40km/h!

平均時速40km/h!
総合優勝者の平均速度は40km/hを超える。ステージによっては50km/h近くになることも。ゴール前のスプリントでは時速60kmを軽く超える。下り坂では100kmを超えるスピードとなり、雨のステージなどはかなりスリリングな走りを見ることができる。

フランス各地の美しい景色

フランス各地の美しい景色
フランス全土を3週間かけて駆け巡る。レースのことがよくわからなくても、フランス各地の美しい風景を見ているだけでも楽しくなります。美しい街並み、のどかな田園風景、中世のお城や教会、壮大な山岳風景などヘリコプターによる空撮を交えながら、マラソンなどの中継にはない多彩な風景が楽しめます。

自転車界のF1マシン

レースに使用される自転車は「ロードバイク」と呼ばれる競技用自転車。最先端の技術が投入され、軽量かつ長距離走行にも耐えられるよう、強靭に作られている。開発費には、数億円もかけられている自転車もあるという、まさに自転車界のF1マシンと言える。ただ、お金さえ許せば、選手と同じ自転車に乗れるというのも魅力の一つ。

悪魔おじさん

悪魔おじさん
熱狂的な自転車ロードレースファンで、赤いマントに角と尻尾をつけた悪魔のコスチュームを着て、手には三叉のフォークを持った姿で沿道に現れ応援する。彼が現れる数キロ手前には三叉フォークのペイントが道路に描かれている。今年はどこに現れるのか?

大会スケジュール

大会スケジュール

  • ステージ
  • 開催日
  • 場所
  • 第1ステージ
  • ■第1ステージ
  • 7月7日(土)
  • ノワールムーティエ=アン=リル 〜 フォントネー=ル=コント 201km
  • 第2ステージ
  • ■第2ステージ
  • 7月8日(日)
  • ムイユロン=サン=ジェルマン 〜 ラ・ロシュ=シュル=ヨン 182.5km
  • 第3ステージ
  • ■第3ステージ
  • 7月9日(月)
  • ショレ 〜 ショレ【団体TT】 35.5km
  • 第4ステージ
  • ■第4ステージ
  • 7月10日(火)
  • ラ・ボール 〜 サルゾー 195km
  • 第5ステージ
  • ■第5ステージ
  • 7月11日(水)
  • ロリアン 〜 カンペール 204.5km
  • 第6ステージ
  • ■第6ステージ
  • 7月12日(木)
  • ブレスト 〜 ミュール・ド・ブルターニュ・ゲルレダン 181km
  • 第7ステージ
  • ■第7ステージ
  • 7月13日(金)
  • フジェール 〜 シャルトル 231km
  • 第8ステージ
  • ■第8ステージ
  • 7月14日(土)
  • ドルー 〜 アミアン・メトロポル 181km
  • 第9ステージ
  • ■第9ステージ
  • 7月15日(日)
  • アラス・シタデル 〜 ルーベ 156.5km
  • 休息日
  • 休息日
  • 7月16日(月)
  • 第10ステージ
  • ■第10ステージ
  • 7月17日(火)
  • アヌシー 〜 ル・グラン=ボルナン【山岳】 158.5km
  • 第11ステージ
  • ■第11ステージ
  • 7月18日(水)
  • アルベールヴィル 〜 ラ・ロジエール・エスパス・サン・ベルナルド【山岳】 108.5km
  • 第12ステージ
  • ■第12ステージ
  • 7月19日(木)
  • ブール=サン=モーリス・レ・ザルク 〜 アルプ・デュエズ【山岳】 175.5km
  • 第13ステージ
  • ■第13ステージ
  • 7月20日(金)
  • ブール・ドワザン 〜 ヴァランス【山岳】 169.5km
  • 第14ステージ
  • ■第14ステージ
  • 7月21日(土)
  • サン=ポール=トロワ=シャトー 〜 マンド 188km
  • 第15ステージ
  • ■第15ステージ
  • 7月22日(日)
  • ミヨー 〜 カルカッソンヌ 181.5km
  • 休息日
  • 休息日
  • 7月23日(月)
  • 第16ステージ
  • ■第16ステージ
  • 7月24日(火)
  • カルカッソンヌ 〜 バニェール=ド=リュション【山岳】 218km
  • 第17ステージ
  • ■第17ステージ
  • 7月25日(水)
  • バニェール=ド=リュション 〜 サン=ラリー=スラン【山岳】 65km
  • 第18ステージ
  • ■第18ステージ
  • 7月26日(木)
  • トリ=シュル=バイーズ 〜 ポー 171km
  • 第19ステージ
  • ■第19ステージ
  • 7月27日(金)
  • ルルド 〜 ラランス【山岳】 200.5km
  • 第20ステージ
  • ■第20ステージ
  • 7月28日(土)
  • サン=ペ=シュル=ニヴェル 〜 エスプレット【個人TT】 31km
  • 第21ステージ
  • ■第21ステージ
  • 7月29日(日)
  • ウイユ 〜 パリ・シャン=ゼリゼ 103km

テレビ中継をもっと楽しむ

テレビ中継をもっと楽しむ

今回のレースの見どころ

今回のレースの見どころ

世界3大スポーツイベントに挙げられる大会だけあり、全てのステージが見どころ満載のツール・ド・フランス!
その中でも、ベルギーステージや山岳ステージなど、ツール・ド・フランスを知らない人でも楽しめるステージを4つご紹介。

第3ステージチームタイムトライアル

第3ステージ チームタイムトライアル

3年ぶりに復活。1チーム8人が同時にスタートしてチーム全体でゴールを目指す。5番目にゴールを通過したメンバーのタイムが個人総合の成績となるが、各順位により総合タイムに加算されるタイムは異なるルールとなっている。 チームメンバーの脚質の差もあり、どのような戦略をとるのは注目。

第9ステージパヴェ(石畳)

第9ステージ パヴェ(石畳)

スタートから47km地点で最初のパヴェ(石畳)区間が始まり、154kmのレースで大会史上最も長い21.7kmもの石畳は全15セクター、前半から終盤まで休む間もなく石畳が続く、まさに地獄のステージ。。セクターごとにグレードが決められており、雨が降るなどすればさらに路面が滑りやすくなり、危険度も増す。

第17ステージ山岳ステージ

第17ステージ 山岳ステージ

65kmとスタートから上りが始まる、これまでにない山岳に特化したショートステージ。3つの山岳を越えるまさにクライマーのためのステージとなる。今大会最後の頂上フィニッシュとなり、マイヨジョーヌ争いにどのような影響を与えるのか。

第20ステージ個人タイムトライアル

第20ステージ 個人タイムトライアル

ピレネーの麓で行われる個人タイムトライアル(TT)で、31kmのアップダウンに富んだコースで、フィニッシュ手前には急坂区間も設けられ、ペース配分が大切となる。

注目チーム

注目チーム

チーム スカイTEAM SKY:イギリス

チームスカイ

昨年ツール・ド・フランス総合4勝目を手にしたクリス・フルーム擁する、今年もマイヨ・ジョーヌに最も近いチーム。他のチームではエース級の鉄壁のアシスト陣がフルームを援護する。


スポンサー
スカイ(衛星放送局)
バイク
Pinarello(ピナレロ)
クリス・フルーム
クリス・フルームChris Froome
生年月日
1985年5月20日
国籍
イギリス

2013年、2015年、2016年、2017年ツール・ド・フランス個人総合優勝者。昨年はツール後のブエルタでも総合優勝し、まさに総合優勝候補筆頭。山岳ステージでは、パワーメーターを見ながらがむしゃらにペダルを漕ぎ、アタックする選手に追いつき、追い越す姿が印象的。

モヴィスター チームMOVISTAR TEAM:スペイン

モヴィスター チーム

UCIワールドツアーランキングで、4年連続チーム年間首位を獲得。ナイロ・キンタナ、アレハンドロ・バルベルデの強力なリーダーふたりが、チームを引っ張る。今季も年間通してグランツール、ステージレース、クラシックのあらゆるレースで勝利を追い求め、再び年間首位の栄光を目指す。悲願のツール・ド・フランス制覇に向けて体制は万全。


スポンサー
スポンサー:MOVISTAR(携帯電話事業)
バイク
Canyon
ナイロ・キンタナ
ナイロ・キンタナNairo Quintana
生年月日
1990年2月4日
国籍
コロンビア

一昨年ブエルタ・ア・エスパーニャを制し、今年こそマイヨ・ジョーヌ獲りを実現させたい。今回のコースはクライマー向きで、第20ステージのタイムトライアルは登りもあるので、キンタナには十分勝機がある。また、「スカイ帝国の牙城を打ち壊す」と、強い決意を表明する。母国コロンビアでは、すでにスーパーヒーローとして扱われている。


ボーラ・ハンスグローエBORA - HANSGROHE:ドイツ

ボーラ・ハンスグローエ

2017年ワールドチームから昇格する際、ティンコフから現世界チャンピオンペーターサガンを含む8選手を獲得。昨年はサガンの途中失格、クライマーのマイカも途中棄権と良いところなく終わったが、2年ぶりのポイント賞、山岳賞ジャージを狙いに行く。



スポンサー
BORA(システムキッチン)、HANSGROHE(水栓金具メーカー)
バイク
Specialized
ペーター・サガン
ペーター・サガンPeter Sagan
生年月日
1990年1月26日
身長
184cm
体重
73kg
国籍
スロバキア

ツール・ド・フランスでは、ポイント賞ジャージのマイヨ・ヴェールを5年連続獲得するなど、世界選手権3連覇中のスーパースター。サービス精神も旺盛で、マウンテンバイク五輪代表でもあり、ゴール後のウィリーは必見! 今年はパリ〜ルーべも制し、パヴェでの強さも見せている。


出場チーム一覧

出場チームごとに選手が着るジャージも見どころのひとつ。
かっこいいジャージから個性的なジャージまであり、お気に入りのチームを見つけて応援しよう!

アージェードゥゼール・ラ・モンディアル(フランス)
アージェードゥゼール・ラ・モンディアル(フランス)
アスタナ プロチーム(カザフスタン)
アスタナ プロチーム(カザフスタン)
バーレーン メリダ プロサイクリングチーム(バーレーン)
バーレーン メリダ プロサイクリングチーム(バーレーン)
BMCレーシングチーム(アメリカ)
BMCレーシングチーム(アメリカ)
ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・P/Bキャノンデール(アメリカ)
チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・P/Bキャノンデール(アメリカ)
ディメンションデータ(南アフリカ)
ディメンションデータ(南アフリカ)
エフデジ(フランス)
エフデジ(フランス)
ロット・ソウダル(ドイツ)
ロット・ソウダル(ドイツ)
モヴィスター チーム(スペイン)
モヴィスター チーム(スペイン)
ミッチェルン・スコット(オーストラリア)
ミッチェルトン・スコット(オーストラリア)
UAE チーム・エミレーツ(UAE)
UAE チーム・エミレーツ(UAE)
クイック・ステップ フロアーズ(ドイツ)
クイック・ステップ フロアーズ(ドイツ)
チーム カチューシャ・アルペシン(ロシア)
チーム カチューシャ・アルペシン(ロシア)
チーム ロット NL・ユンボ(フランス)
チーム ロット NL・ユンボ(オランダ)
チーム スカイ(イギリス)
チーム スカイ(イギリス)
チーム サンウェブ(ドイツ)
チーム サンウェブ(ドイツ)
トレック・セガフレード(アメリカ)
トレック・セガフレード(アメリカ)
コフィディス、ソリュシオンクレディ(フランス)
コフィディス・ソリュシオンクレディ(フランス)
ディレクトエネルジー(フランス)
ディレクトエネルジー(フランス)
フォルテュネオ・サムシック(フランス)
フォルテュネオ・サムシック(フランス)
ワンティ・グループゴベール(ベルギー)
ワンティ・グループゴベール(ベルギー)

J SPORTSでは、臨場感あふれるスポーツ番組が盛りだくさん! eo光テレビで視聴しよう!

J SPORTSでは、臨場感あふれるスポーツ番組が盛りだくさん! eo光テレビで視聴しよう!


自転車、たのしい!!! 2018 サイクルイベントに参加しよう! 前編

総額32万円相当!プレゼント

総額32万円分!プレゼント

J SPORTSより総額32万円分の賞品をプレゼント!
抽選で、J SPORTS提供「本格ロード自転車」「自転車グッズ」「関連番組オリジナルサイクルジャージ」のいずれかをプレゼント!

本格ロード自転車:1名様
本格ロード自転車キャノンデール
SYNAPSE DISC TIAGRA
(約13万円相当)
※カラーは選べません。
※サイズ48(身長目安150〜165cm)
サイクルコンピュータ ガーミン vivoactive (R) 3:3名様
サイクルコンピュータ(ウォッチ)ガーミン vivoactive® 3
(約3万円相当)
※カラーは選べません。
サドル fabric Scoop SHALLOW ELITE:2名様
サドルfabric Scoop SHALLOW ELITE
(約9千円相当)
※カラーは選べません。
自転車たのしい!!! 2018 オリジナルサイクルジャージ:3名様
「自転車、たのしい!!! 2018」
オリジナルサイクルジャージ
(約1万円5千円相当)
※S・M・Lの3サイズから
お選びいただけます。
自転車たのしい!!! 2018 オリジナルサイクルジャージ:3名様

ページの先頭へ