タール・ニコチン“ゼロ”の電子たばこ「COOL BLACK」で、禁煙にチャレンジしませんか?!

タール・ニコチンを含まず、もちろん副流煙も発生しない電子たばこがあります。そういった電子たばこはIQOSなどの加熱式たばこに分類される電子たばこや紙巻たばこよりも害が少ないと聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、加熱式たばこのような電子たばこなどとの相違点をしっかりと認識していなければ実際の利用に踏み切るのは困難と思います。そこで、今回はタール・ニコチン“ゼロ”の電子たばこ「COOL BLACK」と、加熱式たばこに分類される電子たばこ、そして紙巻たばこの間にはどのような違いがあるのかということについて比較していきます。

電子たばこの基礎知識

最初に、電子たばことはどういったものなのか、どのような種類があるのかといったことについて学んでおく必要があるでしょう。ここからは、電子たばこの基礎知識について解説していきます。

電子たばことは何か?

そもそも電子たばことはどのようなものなのかというと、火を使わずに電力を利用することで発生させた煙を吸って楽しむ製品のことです。すなわち、香りの付いた液体や乾燥させたたばこの葉などを電熱線によって加熱し、発生させた霧状の成分を吸う器具のことを総称しています。
このように、電熱線を制御するために電子回路を利用していることが電子たばこという名称の由来となっているのです。

紙巻たばことの違い

次に、これまでは一般的に吸われていた紙巻きたばこと電子たばこの違いについても押さえておきましょう。
紙巻きたばこでは、乾燥させたたばこの葉に火をつけて燃焼させることでニコチンやタールなどの成分が含まれた煙を発生させ、それを吸引するものです。一方、電子たばこは火を使うことなく電力によって加熱を行い、発生した水蒸気を吸引するという器具です。また、電子たばこから発生する水蒸気には、疾患につながるような化学物質がほとんど含まれていないとされています。また、紙巻きたばこの場合は吸うときに副流煙が発生するので受動喫煙のリスクも高いといえるでしょう。しかし、電子たばこについては水蒸気を吸っているために副流煙が発生せず、受動喫煙のリスクも下げることができるのです。

電子たばこの種類

電子たばこの種類としては、IQOSやgloなどの製品に代表される加熱式たばこと、VAPEと呼ばれる液体式電子たばこ(COOL BLACKはこちら)の大きく2種類に分類されます。
ここからは、それぞれの特徴について両者の違いを比較しながらみていきましょう。

・加熱式たばこ
加熱式たばことは、乾燥したたばこの葉で構成された専用のカプセルやスティックを電気の力で加熱し、発生したニコチンを含む水蒸気を吸引する器具のことです。
紙巻きたばこの場合、800度程度の高温でたばこの葉を燃やしてニコチンを発生させるため、同時にタールも発生しやすくなっています。一方、使用する器具によって違いはありますが、電子たばこでは30~300度程度の温度で加熱していくので、タールなどの有害物質が発生しにくいのです。この他にも、紙を燃やしたときに発生する雑味が煙に含まれないため、たばこの葉そのものの味わいをしっかりと感じることができるというメリットもあります。なお、日本で発売されているのは主に3種類で、フィリップモリス社のIQOS、JT(日本たばこ産業)のPloomTECH、そしてBAT(ブリティッシュ・アメリカン・たばこ)社のgloとなっています。

・液体式電子たばこ
加熱式たばことは異なり、たばこの葉ではなく専用の液体、すなわちリキッドを加熱して発生した水蒸気を吸引する器具が液体式電子たばこです。
液体式電子たばこのリキッドは、主にプロピレングリコールと植物性グリセリンなどの食品添加物と香料で構成されています。そのため、紙巻きたばこや加熱式たばこの煙には含まれているニコチンやタールが発生することはなく、体への影響が極めて少ないという特徴があります。

以上のように、この2種類の電子たばこの違いは、加熱式たばこの煙にはニコチンが含まれているが、液体式電子たばこにはタール・ニコチンが含まれないという点にあります。

液体式電子たばこのメリット

液体式電子たばこはニコチンが含まれていない水蒸気を吸引するというたばこなので、紙巻きたばこや加熱式たばことはそもそもの成り立ちが異なっています。それでは、ここからは液体式電子たばこ特有のメリットについて詳しくみてきましょう。

・加熱式たばこよりも健康リスクが少ない
まず、液体式電子たばこには加熱式たばこよりもさらに健康リスクが少ないというメリットがあります。
液体式電子たばことはそもそもリキッドを加熱することで発生した水蒸気を吸うという器具であり、利用者にたばこの煙を吸う疑似体験をさせる目的で開発されました。高温でたばこの葉を燃やすという工程がないため、タールが発生しないという点については加熱式たばこ同様です。これに加えて、国内で購入できる液体式電子たばこのリキッドにはニコチンが含まれていません。つまり、タールの健康リスクだけではなくニコチンによる依存性などのリスクもないということになります。そして、副流煙が発生しないので受動喫煙の心配もする必要がありません。小さな子どもがいる家庭でも普段から気兼ねなく楽しめるという点は液体式電子たばこの大きなメリットだといえるでしょう。

・禁煙・減煙効果が期待できる
加熱式たばこと比べても、液体式電子たばこには高い禁煙効果や減煙効果が期待できます。
液体式電子たばこの利用時には、加熱式たばこよりも量の多い水蒸気が発生することになります。より多くの煙を吸っているような感覚が味わえるため、ニコチンを摂取することなく充足感を持って喫煙を疑似体験することができるのです。
また、液体式電子たばこのフレーバーの中には紙巻きたばこに味が似ているタイプのものがあります。

さまざまなタイプの中から自分に合ったフレーバーをみつけることで、紙巻きたばこから液体式電子たばこに無理なく移行していくのも難しくはありません。
しかし、紙巻きたばこを習慣的に吸っていた人がいきなりニコチンへの依存から抜け出すのはハードルが高いという場合もあります。このようなときは、紙巻きたばこや加熱式たばこと液体式電子たばこを併用することで徐々に減煙していき、最終的には禁煙につなげるのがよいでしょう。

・様々なフレーバーが楽しめる
液体式電子たばこは香りが付けられたリキッドを加熱することでそれぞれのフレーバーが楽しめる器具ですが、このフレーバーにはさまざまな種類があります。バリエーション豊かなフレーバーが楽しめるということも液体式電子たばこを利用する大きなメリットの一つだといえるでしょう。

・イヤなにおいがほとんどしない
最後に紹介する液体式電子たばこのメリットは、たばこ特有のイヤなにおいがほとんどしないということです。たばこを吸ったときに生じる独特のイヤなにおいの原因は主に煙に含まれるタールにあります。液体式電子たばこのリキッドにはタールが含まれておらず、利用時にもたばこ特有のイヤなにおいがほとんどしません。つまり、たばこのにおいに敏感な人にヤニ臭いと思われて敬遠されてしまうような事態も避けることができるのです。また、タールが含まれていないことで、歯が黄ばんだり、服や部屋ににおいが染みついてしまったりすることがなくなるというメリットも得られるでしょう。

まずはビギナータイプでお試し!

そんな液体式電子たばこで簡単に始められる商品が「COOL BLACK(クールブラック)」という商品になります。

カートリッジ交換型電子たばこ「COOL BLACK」 スターターキット(ブラック)

詳しい商品説明はこちら

リキッドが無くなり煙が出なくなったら、使い捨てのカートリッジを交換するだけなので、面倒なメンテナンスが必要ありません。繰り返し使えるバッテリーは付属のアダプターを使いUSBに挿すだけで充電できるのでとても簡単です。リキッドも、メンソール、たばこ葉、フルーツ系、ドリンク系など、合計6種類をご用意しました。
商品一覧はこちら

カートリッジ交換型電子たばこ「COOL BLACK」で無理なく禁煙にチャレンジしませんか?

サービス一覧