2018/03/30

岡本吉起インタビュー「モンスト」の開発に参加。どん底からの起死回生とゲーム業界の未来

岡本吉起インタビュー「モンスト」の開発に参加。どん底からの起死回生とゲーム業界の未来

テキスト:トライアウト・黄田 駿/撮影:トライアウト・関水大樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1つのゲームをモチーフに、各分野のプロフェッショナルにお話を聞いていく、AUTOMATONとのコラボ記事第2弾。第1弾はこちら

今回ピックアップするのは“ゲーム業界の経営”をモチーフにしたシミュレーションゲーム「Mad Games Tycoon」。

ゲーム開発をはじめ、会社の設備投資や人事など同作でテーマとなっている「ヒト・モノ・カネ」は傑作タイトルを生み出すのには欠かせない要素です。そこで、今回お話を聞くのは現場から監修レベルまでゲーム業界の全てを知り尽くした著名クリエイター・岡本吉起さん。
AUTOMATONサイドでは、「タイムパイロット」や「ストリートファイター2」といった数々のヒットゲームを世に送り出してきた氏に、業界に携わるきっかけとなった新人時代から“行方不明”とまで言われたどん底のゲームリパブリック時代を振り返ってもらいました。
Zing!サイドでは、どん底からの起死回生、あのヒット作の開発秘話やゲーム業界の未来について大いに放談していただきます。

こちらの記事は、新メディア「CLIP」で引き続きご覧になれます。

関連記事

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • SHARE
  • ツイートする
  • facebook
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • POCKET