新潟市民にはメジャー?「タコの滑り台」公園遊具の裏側#2

2018/06/04

WRITER木藤富士夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)木藤富士夫/kito fujio

新潟県新潟市関分記念公園
新潟県新潟市中央区関谷2番地44
新潟市の郊外、海沿いにある新潟市民にはメジャーな公園。タコ山の隣に展望台があり、そこからの日本海の眺めがとても素敵。撮影時にはデートで来ている人がかなり多かった。

公園遊具探しの難しさ

夜中の公園遊具の撮影はかなり手間と時間がかかる作業だが、その前の公園のリサーチも同じくらい骨の折れる作業だ。面白い公園遊具のリサーチはまずネット検索から始まる。「公園 遊具」に続いて「変」「面白い」「シュール」などのワードを入れて検索して出てくる画像と、面白い情報を探す。市町村の公園課などの画像の場合は場所が特定できるが、ブログなどの場合は場所が書いてないケースが多いのでリサーチはなかなか難しい作業となる。

その他、イベントや展示などでお客さまから情報をもらう場合もある。この場合は確実に場所が特定できるので、一番楽だ。

しかし、うまい具合に探せることはほとんど無く、奥の手として公園専用アプリのPARKFULを使うことが多い。これは全国の公園の場所を瞬時に表示できるアプリ。外出中にトイレに行きたくなった場合や、ちょっと休憩をしたくなった時など、今いる近隣の公園をすぐに表示してくれるのでとても役に立つアプリだ。このアプリを使ってめぼしい公園を衛星写真でリサーチし、怪しい物体を見つけたら、そこから先はGoogleストリートビューでロケハン。この作業の繰り返しで、公園を1つずつしらみつぶしに探していくしかない。本当につらい作業だが、じっとGoogleアースで当てずっぽうに探すより、はるかに面白い公園遊具を発見する確率は上がる。

公園撮影はネットが無ければ成り立たない。そうして見つけた公園遊具に実際に会いに行く。しかし、Googleの衛星写真がこれがまた少し古くて、すでに遊具が撤去されていることが結構ある。
これだけ地味な作業をやっても報われない事が多く、心折れる事がしょっちゅうだが、誰かが撮らなければならないという意味不明な使命感があるので、苦しいけどリサーチは続けます……。誰か面白い公園遊具の情報があったら、ご連絡ください。お待ちしてまーす。
https://twitter.com/ParkPGE/

(c)木藤富士夫/kito fujio

東京都世田谷区北烏山の団地にある遊具
団地の中にある遊具で公園名は不明。公園の山に団地の絵が描いてある、とてもユニークな遊具。コンクリートむき出しのままだったら、きっと撮影する気分にならなかったと思う。この素晴らしい絵を描いていただいた方の想像力に脱帽だ!

第1回はこちら

  • 木藤富士夫さん
  • プロフィール

    木藤富士夫

    フォトグラファー。
    1976年生まれ。神奈川相模原出身。法政大学卒業後、3年の会社員を経たのちに、2005年よりフリーランスとして活動を開始。屋上遊園地をおさめた写真集『屋上遊園地』、日本各地の公園遊具を撮影した写真集『公園遊具』を発表。独自の視点と風合いを持つ作品は、国内だけでなく海外でも話題を集めている。
    http://fujio-panda.com/

関連記事


この記事はいかがでしたか?
よろしければアンケートにご協力ください。

TOPに戻る

  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • +1する
  • POCKET
  • facebook
  • ツイートする