Oculus Goで「CATAN VR」を遊んでみた「ゆかいゲームス」第5回

2018/06/07

WRITERくらふと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Oculus Goで「CATAN VR」を遊んでみた「ゆかいゲームス」第5回

Oculus Goで「CATAN VR」を遊んでみた「ゆかいゲームス」第5回-画像-01

Oculus Goで「CATAN VR」を遊んでみた「ゆかいゲームス」第5回-画像-02

Oculus Goで「CATAN VR」を遊んでみた「ゆかいゲームス」第5回-画像-03

2018年5月に発売されたばかりのVRヘッドセット、Oculus GOを購入しました。
パソコン無しで使用できる一体型というのが大きな特徴で、簡単に着脱でき手軽にVRを楽しめるのが大きな特徴です。メガネを着けたままでも問題ない深さもあり、画質も十分!ポジショントラッキングが無い(周囲の見渡しはできるが位置のずれを感知しない)など性能的に上を見ればキリがありませんが、現時点でVRを体験する入り口としては最適かと思います。
(ちなみにAmazonなどでも検索すれば出てきますが、転売で価格が釣り上がっていたり偽物の可能性もあるので公式サイトから注文しましょう)。

今回はOculus GOでプレイできるゲーム、「CATAN(カタン)VR」をプレイしました。世界的ベストセラーのボードゲーム「カタン」を、VR空間で楽しめるというものです。起動するとまず自分が4人がけのテーブルに居る、部屋に放り込まれることになります。初めての人は、まずはこの「周りを見渡せる」という感覚に驚くと思います。ゲーム自体はもちろん「カタン」そのままなので詳細なルールは割愛させていただきますが、計算など処理は自動で行われるのでテンポよく進みます。
もちろんCPU相手だけではなくフレンド同士の通信対戦もでき、ボイスチャットもあるのでアバターの動きと合わせて「そこにいる感じ」がとても高く再現されています。

もちろん難点も無いわけではありません。操作はコントローラーで盤やメニューをレーザーポインターみたいに示すのですが、ピンポイントで合わせないといけないので細かい操作が必要になったり、自分の手元に浮いているメニューが邪魔になるので移動させないといけなくなる場面もあります……。

改善の余地はありますが、手軽に実際のボードゲームと近い感じで楽しめる「カタンVR」はとても面白いものだと思いました。
今後、Oculus GOよりも手軽で高性能なVRヘッドセットがどんどん出てくると思うのでこれからが楽しみです。ボードゲーム、アナログゲームはVRと相性が移植と思うので、インターフェイスの充実とともに大きく進化するでしょう。

Oculus Go オキュラス 単体型VRヘッドセット スマホPC不要 2560x1440 Snapdragon 821 (64GB) [並行輸入品](amazon.co.jpより)

  • くらふとさん
  • PROFILE

    くらふと

    漫画家・イラストレーター。食べ歩き漫画「ゆかい食堂」をブログ、ぐるなび「みんなのごはん」などで連載。単行本「ゆかいなお役所ごはん」「ゆかい食堂セレクション」星海社より発売中。電撃コミックスでゲームのアンソロジー漫画に参加など。
    https://twitter.com/craft_kim

関連記事


この記事はいかがでしたか?
よろしければアンケートにご協力ください。

TOPに戻る

  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • +1する
  • POCKET
  • facebook
  • ツイートする