「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回

2018/07/02

WRITERインタビュー:Zing!編集部ピーター/テキスト:トライアウト・山口佳奈/撮影:トライアウト・井上雅央

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回

観光客のみならず、ここ日本で仕事に就く外国人労働者の数も近年は増加の一途を辿っています。その数は約120万人以上(平成29年厚生労働省調べ)。

この連載では「外国人労働者は何が不安? 何が楽しい?」を知るため当事者の皆さんにインタビューをしていきます。
協力いただくのは、さまざまな国籍の方が在籍する株式会社アクティブゲーミングメディア(以降、AGM)。ゲームの多言語ローカライズ、開発などを手がける会社です。
第1回は「衣」第2回は「食」第3回は「住、人間関係」とオランダ、フランス、ブラジル出身の3名の方に伺いました。

第4回からはコロンビア、フランス、台湾出身の方たちに、日本語や日本のサブカルチャーなどについてお話を伺います。第4回のテーマは日本のゲームとアニメ。日本へ行くきっかけとなった作品やアニメやゲームの日本語をどのように理解したのか、現在ハマっている作品など、国籍・世代も異なる3名のスタッフにとことん話していただきました!

左からアレックスさん、クロエさん、朱(しゅ)さん
左からアレックスさん、クロエさん、朱(しゅ)さん

日本に興味を持ったアニメやゲームについて

――まずは皆さんご自身とお仕事の紹介をお願いします。

アレックスさん

アレックス:コロンビア出身のアレックスです。AGMでは3Dデザイナーとして、キャラクターや背景のデザインをしています。

クロエさん

クロエ:フランス出身のクロエです。ゲームに関するユーザーからのお問い合わせに対応するカスタマーサポート(※)の仕事をしています。
※AGMのカスタマーサポートチームでは、クライアントからの依頼を受けて外国語でのカスタマーサポートを請け負っている。

朱さん

朱:シュと言います。台湾出身で、2Dアーティストとして宣伝用のイラストやアニメの元になるコンセプトアートの作成を手がけています。

――ありがとうございます。まずは、日本に興味を持つきっかけになったゲームやアニメを教えていただければと思います。

アレックス:ゲームなら「ファイナルファンタジー」。特に「FFⅦ」が一番好きですね。アニメは色々あるけど……。一番は「ドラゴンボール」かな。

朱:僕はゲームだと「スーパーダンガンロンパ2」ですね。台湾にいるとき、「日本語を勉強するならどんな作品がおすすめですか?」と、先輩に聞いたらこの作品を教えてくれました。議論をして進めるゲームだから、クリアするために自然と日本語を身につけようとするんです。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 (通常版) - PSP

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-05

―― 「スーパーダンガンロンパ2」は事件を解決するために謎解きをし、議論をしていくゲームですよね。日本語を勉強するためにやるゲームとしては、ハードルが高いというか……。難しくなかったですか?

シュ:最初は専門用語に慣れていなかったから難しかったけど、ストーリーが良かったからどんどんハマっていきました。

クロエ:私はどちらかというと、ゲームよりアニメの方に興味がありましたね。ゲームなら少し昔の作品になりますが「ICO」が大好きです。アニメだと、「ひぐらしのなく頃に」が好きですね。

――そうなんですか! 「ひぐらしのなく頃に」もストーリー構成が複雑ですよね。萌えもあるけど怖いし。

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-06

クロエ:そう、途中までは話が分かりにくい部分があるんですけど、ラストで真相がすべて分かるところが面白いと思います。

――ホラー自体は昔から好きだったんですか?

クロエ:うーん。昔からではなかったですね。高校の時は少女向けのアニメが好きでした。ただ、ストーリーが大体同じ展開だからつまらなくなってきて……(笑)。全然違うアニメを見たいなと思った時に出会った作品が「ひぐらしのなく頃に」です。

――ラブストーリーより刺激的なものが見たかったんですかね(笑)。皆さん、ストーリーの面白さに惹きつけられて、日本の文化に興味を持たれるようになったんですね。

人気のある日本のアニメは?

――皆さんは日本のアニメを観るとき字幕付きで観られているんですか?

クロエ:私は大学で日本語の勉強をしていましたから、今は字幕なしで観てもセリフの内容が分かります。最初は全然分からなかったので、フランス語のテロップは必要でしたね。

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-07

シュ:私の場合は「ダンガンロンパ」やクロエさんと同じ「ひぐらしのなく頃に」など、ゲーム原作のアニメを観ることが多かったので、ストーリーやキャラクターの個性などあらかじめ知った上で観ることができ、理解が早かったです。ゲームやアニメを通して、日本語のスキルはついてきたと感じますね。

アレックス:セリフの全ては分からないですが、がんばって覚えるようにしています。英語の字幕がある時は、画面を隠して観るようにしています。

――みなさんの母国で一番人気があるアニメは何ですか? 友達も観ていた作品とか……。

クロエ:フランスなら「ONE PIECE」と「ドラゴンボール」が、一番人気がありました。

アレックス:コロンビアも大体一緒で「ONE PIECE」「ドラゴンボール」「NARUTO」かな。昔なら「聖闘士星矢」や「セーラームーン」です。

朱:台湾は「進撃の巨人」ですね。

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-08

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-09

――「ドラゴンボール」は日本と同じく人気ですね! でもアニメ「ドラゴンボール」「ドラゴンボールZ」は80、90年代に放映されてましたよね。皆さんの年齢からすると結構昔の作品ですよね。

クロエ:そうですね。昔の作品ですが、フランスでは今でも繰り返し放送されています。

アレックス:コロンビアでも「ドラゴンボール」シリーズは、世代問わずみんな好きですね。

―― 学校でも「○○のアニメを見た」とか、そういう話はしていましたか?

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-10

アレックス:私が学生の時は、日本のアニメの放送がまだ少なくて……。だから、アニメを知らない人の方がほとんどでした。好きな人は本当に少なくてクラスでも2、3人ぐらいでしたね。

クロエ:私の場合、クラスメイトのほとんどが分かっていました。「ONE PIECE」と言えば、大体の人が知っていましたよ。

――なるほど。日本のアニメ好きが少数派か大多数かは、世代によって違うんですね。

アレックス:そうそう、僕の世代は日本のアニメが好きな人は珍しかったかもしれないです。そういう人はオタクとみなされていました(笑)。

――日本でも90年代ぐらいまではそういう雰囲気もあったように思います。朱さんはいかがですか?

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-11

朱:中学の時は「鋼の錬金術師」が流行っていました。クラスで台湾版のマンガを回し読みしていましたね。

日本のカルチャー情報の調べ方

―― 日本に来る前、「日本のカルチャーのことをもっと知りたい」と思ったときは、どのように調べていたんですか?

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-12

クロエ:私はフランス人のアニメファンがやっているWebサイトやブログですね。日本で人気のアニメが簡単に分かるので、よくチェックしていました。

―― なるほど。アレックスさんはどうですか? アレックスさんが学生の頃はまだインターネットが今ほど普及していなかったかと思いますが……。

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-13

アレックス:そうですね。私の場合「ドラゴンボール」なら、先に発売されていたゲームをやって面白いと思って調べているうちに「どうやら日本のアニメらしい」ということを知って、図書館などで調べながら日本のアニメの情報を仕入れていました。

朱:私もクロエさんと同じくインターネットですが、台湾にあるアニメ専門のBBS(インターネット掲示板)で情報交換していました。

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-14

――今はどうやって調べているんですか?

クロエ:私は今もインターネットです。日本語のアニメのオフィシャルサイトも時々見ます。ただ、漢字がまだちょっと難しく感じますね。

今一番ハマっているゲームや漫画

―― 今、一番ハマっているゲームや漫画などはありますか?

朱:一番ハマっているのは「NieR:Automata(ニーアオートマータ)」です。独特のストーリーが好きですね。

クロエ: Nintendo Switchの「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が面白いと思います。まだ2回ぐらいしかできていませんが……。

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-15

アレックス:僕も。ゼルダのために2ヵ月前に本体を買いました(笑)

――なるほど! どちらも日本でも世界でもファンが多いと聞くゲームなので納得です。ちなみにスマホのソーシャルゲームなどはプレイしますか? 

朱:私は仕事柄、ユーザーの間で何が流行っているのかをTwitterで検索してやったりしています。今は「FGO(Fate/Grand Order)」ですね。

アレックス:私も「FGO」はやっていますね。

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-16

朱:ストーリーが面白いですね。台湾バージョンもありますが、タイムラグがあって……。台湾版は、日本語版より一年ぐらい展開が遅いんです。やっぱり、最新の話が知りたいので日本語バージョンをやっています。あとは「ダンジョンメーカー」。これも面白くてやりがいがあります。

「スーパーダンガンロンパ2」が日本語を勉強するのにおすすめ?「日本で働く外国人のホンネ」第4回-画像-17

クロエ:私は最近まで「Pokémon GO」でした。でも、歩いて探すのがちょっとしんどくて(笑)。今はやめちゃってます。

日本の多くのアニメやゲームが海外で多く流通しており、日本に来る前から外国人ワーカーのみなさんの生活に浸透していたんですね。そして、日本語を学ぶ上でも、日本のゲームやアニメのストーリーの面白さがきっかけになっているようでした。
次回は、「日本語をどうやって学んだか?」についてたっぷりと語ってもらいます。お楽しみに!


この記事はいかがでしたか?
よろしければアンケートにご協力ください。

関連記事

TOPに戻る

  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • +1する
  • POCKET
  • facebook
  • ツイートする