セネガル・シセ監督が選手として出た日韓W杯、ベッカムヘアーも流行りましたね。 #平成14年「タイムスリップ!平成ひらめき物語」

2018/07/10

WRITER漫画:風見2/テキスト:Zing!編集部 ピーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セネガル・シセ監督が選手として出た日韓W杯、ベッカムヘアーも流行りましたね。 #平成14年「タイムスリップ!平成ひらめき物語」

平成元年(1989年)~平成31年(2019年)までの平成を振り返る、風見2さんによる漫画「タイムスリップ!平成ひらめき物語」。今回は平成14年(2002年)です!
前年の平成13年は9.11、アメリカ同時多発テロが発生した年でした。

前回(平成13年)はこちら

さて平成14年はどんな年だったんでしょう? メガネコくんたちと一緒に振り返ってみましょう!


  • メガネコくん
  • メガネコくん

    メガネをかけた不思議なネコ。最近、筋トレを開始。

  • メガネコくんの友達の女の子
  • 女の子

    メガネコくんの友達。花火大会マニアで日本中すべての花火大会を見たことがある。

タイムスリップ!平成ひらめき物語平成14年

タイムスリップ!平成ひらめき物語平成14年

私に足りてないのはBaby要素ね...

なるほど

●日韓W杯:中田英寿、ロナウド、ベッカム、エムボマ、シセ

2018年7月10日現在、サッカーW杯ロシア大会が盛り上がっております。日本代表のベルギー戦は感動的でした。

平成14年は日韓W杯が開催された年。
この年の日本代表メンバーはこちらです(敬称略)。

GK:川口能活、楢崎正剛、曽ヶ端準

DF:秋田豊、松田直樹、森岡隆三、宮本恒靖、市川大祐

MF:稲本潤一、服部年宏、中田英寿、中田浩二、福西崇史、小野伸二、戸田和幸、森島寛晃、三都主アレサンドロ、小笠原満男、明神智和

FW:中山雅史、西澤明訓、柳沢敦、鈴木隆行

監督:フィリップ・トルシエ


個人的に稲本選手と鈴木選手のゴールが印象に残っています。

韓国がベスト4に進出したり、イングランドのデビッド・ベッカム選手の髪型が流行ったり(優勝国・ブラジルのロナウド選手の髪型も話題に)。エムボマ選手をはじめとしたカメルーン代表と大分・中津江村の人々との交流など、この大会もいろいろと盛り上がりました。

ロシアW杯グループリーグで日本代表と引き分けたセネガル代表は、この日韓W杯が初出場。初戦で前回王者のフランスを1-0で破る好スタートを切り、ベスト8まで進出。このときのキャプテンが、アリュー・シセ。ロシア大会では監督として出場、その采配や紳士っぷり、スマートな容姿で人気でしたね。

●インターネット:eoの家庭向け光回線サービスが関西一円でスタート

Zing!の運営元ケイ・オプティコムがこの年4月1日から関西で「eoメガファイバー(現在の「eo光ネット」)」を提供開始。前年の平成13年に兵庫県西宮市で関西初の10Mbpsでマンションへのインターネット回線の提供をスタートしています。

総務省の情報通信白書によると、平成14年の日本のインターネット人口普及率は44.0%で世界で16位、世界のインターネット利用者数は5億4,420万人。

平成28年現在は同普及率が83.5%。世界の利用者数は55.8%(JETROより)なので約40億人ですね。

インターネットはインフラとして、日本ではつながるのが当たり前になってきました。

ただ、国連広報センターによると、開発途上地域での普及率は7.1%、LDCsではわずか0.5%にとどまっています。

※LDCs……後発開発途上国

国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標9の施策の中では、このLDCsにおいても「情報通信技術へのアクセスを大幅に向上させ、2020年までに普遍的かつ安価なインターネットアクセスを提供できるよう図る」とあります。

さらにインターネットが世界隅々までつながり、多くの人の暮らしがより良くなっていくことを願います。

(参考)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h14/html/E1012000.html
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc262120.html
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/03/294f6c0cdf388c1f.html
http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/sdgs_report/

ほか、平成14年はこんな時代でした。

タイムスリップ!平成ひらめき物語平成14年

次回は「平成15年」! お楽しみに!

前回(平成13年)はこちら

<参考>
・出生数
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2015/27webgaiyoh/html/gb1_s1-1.html

・今年の漢字
http://www.kanken.or.jp/project/edification/years_kanji/history.html

・流行語
http://singo.jiyu.co.jp/

・主な出来事・アニメ・漫画・ゲーム・テクノロジー
メディアアート国際化推進委員会『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム from 1989』(図書刊行会)
http://www.asahi.com/special/timeline/heisei/
http://www.huffingtonpost.jp/2018年01月01日/heisei_a_23321167/

・日経平均株価
https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/data?list=annually

・求人倍率
http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/timeseries/html/g0301.html

・ヒット曲(ミリオン超え)
http://www.riaj.or.jp/f/data/others/mil.html

・インターネット
https://www.nic.ad.jp/timeline/

  • 風見2さん
  • Profile

    風見2

    風見2です。今回は平成を振り返る冒険のナビゲーターを務めさせていただきます。よろしくお願いします!
    主にツイッターで毎日マンガを発表していますので、そちらもどうぞよろしく。
    https://twitter.com/_Kazami__


この記事はいかがでしたか?
よろしければアンケートにご協力ください。

関連記事

TOPに戻る

  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • +1する
  • POCKET
  • facebook
  • ツイートする