大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?

2018/08/08

WRITERインタビュー:トライアウト・古賀佑揮/テキスト:トライアウト・黄田 駿/撮影:トライアウト・井上雅央

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?

「FUJI ROCK FESTIVAL’18」の興奮冷めやらぬ中、8月に突入し夏フェスシーズンも本格化。毎年フェスに行く人たちは「フェスは夏の風物詩」と声を揃えるけれど、未経験者の私からすれば少し怖い気持ちも。「楽しみ方がわからない」「ウェイウェイしてないと怒られそう」など、大人しいインタビュアー古賀が夏フェス熟練者の3名に夏フェスの疑問をぶつけてみました。

田中
40代男性。ライター。フェスにはよく行く。顔出しOK。大人しくはない。
黄田
20代男性。ライター。元芸人。フェスでは大人しい。
中原
20代女性。デザイナー。フェス経験者。大人しそうだが……?
古賀
30代男性。デザイナー。フェス未経験。今回のインタビュアー。大人しい。

音楽だけじゃない、フェスの楽しみ方

――皆さんって毎年、夏フェスに行かれるんですか?

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-01

田中:うん、毎年参戦してます。梅雨の時期から待ち遠しくてうずいてるくらい楽しみなイベントなんですよ。今年は「SUMMER SONIC」と「京都大作戦」に行く予定。

オトダマ

中原:私も「OTODAMA~音泉魂~」は毎年恒例です。

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-03

黄田:オトダマいいですよね。僕は夏の大きいフェスはあんまり行かなくて、9月くらいに行われる小さいフェスに行きますね。

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-04

――皆さん行かれるんですね。ちょっと気になったのが、「参戦」ってワードが怖いです。

田中:いや、怖くないですよ。夏フェスと参戦は、もはやセット。ミュージシャンだけじゃなく、会場全体で盛り上げるのがフェスなんです。誘われることもありますよね?

――誘われたことはあるんですけど、あまり知らない出演者が多くて……。あまり聴いたことがないバンドでも観たりするんですか?

中原:友達と一緒に行動したりすると、あまり知らなくても観ますね。

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-05

田中:それで聴いてみたら意外といいやんって好きになったりね。

中原:ですよね。予期せぬ出会いも楽しいんですよ。ラジオではそんなに好きじゃなかったのに、生で聴いたらすごくかっこよかったり、MCが面白かったり。フェスマジックってありますよね。

――なるほど。そういう楽しみ方もあるんですね。

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-06

黄田:僕は友達とフェスに行っても基本的に一人行動。興味ないミュージシャンの時は、フェス飯やお酒を楽しむようにしてる。離れてても漏れ聞こえてきたり、非日常感を味わってますね。こんなアホみたいな写真撮れるのもフェスならではでしょ!

田中:いい写真ですね(笑)。

――フェス飯ってなんですか?

黄田:フェスってお祭りみたいな感じで屋台がズラッと並んでるんですよ。それもスパイスカレーやハンバーガー、ご当地のB級グルメとか。かなり本格的でどれ食べても美味しいですよ。

中原:もちもちポテトとかありますよね。何種類かのソースが選べる、長~いフライドポテト。

黄田:あるある(笑)。どこのフェスでもあるのに、常に行列っていう。

炎天下の中でキンキンに冷えたビール

田中:炎天下の中でキンキンに冷えたビールを飲むのが何より最高やねん。

己のベストポジションを見つけるべし!

――それだけでもそそられますね。動画で観てたら、前の方に人が集まってるんですけど、会場全体がそんな感じなんですか?

中原:全然そんなことないですよ。密集してるのは中盤くらいまでかな。

田中:そうですね。僕は最前列で見るのが好きですね。

黄田:最前列付近ってモッシュやダイブとか激しくないですか?

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-08

田中:ダイブはしやんけど。激しい方がフェスに来てるって感じれる!

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-09

――モ、モッシュってなんですか?

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-10

中原:密集した場所で身体がぶつかり合うことです。ダイブは、神輿みたいに担がれることですね。私は前列でダイブしちゃうんですよ(笑)。

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-11

男性陣一同:うそやん!(笑)

黄田:え、中原さんそのタイプなん? 大人しい派やと思って今回の企画誘ったのに!(笑)

中原:よく言われます。音楽を聴いてたり、会場のボルテージが上がってくるとついはしゃいじゃうんですよ。

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-12

黄田:僕は、まさしく大人しくフェスを楽しんでるタイプ。後ろの方で、眺めてるのが好きなんですよ。演奏しているミュージシャンやバンドによるけど、前列はモッシュやダイブが激しくて、中盤は円形になって走り回ったりするサークルとかよく分からないノリが多いイメージ。後方はファミリーやったり、お酒片手に乗ってる人が多いかな。フェスによっては複数の会場に分かれてることがあって、後方にいた方が移動がしやすいっていうメリットもあります。

田中:なるほどね。好きなミュージシャンやったら間近で見たくなりません?

黄田:あんまりないですかね。モニターで十分です(笑)。まずは後列で見て徐々に楽しめる距離感をつかんでいった方がいいと思います。

中原:「RUSH BALL」だったら、大人しい人や女性向けにしたエリアもあるので、観やすいです。

――参考になります。どうしても前方で見たい時って、やっぱり拳突き上げたりしてないと怒られるんですか? オイオイみたいなノリの。
一回ライブに行ったとき、会場のノリに付いていけてない人がミュージシャンに「もっと盛り上がれよ」と指さされてたことがあって……。

田中:それは稀ですよ(笑)。最前列でも地蔵はいます。地蔵っていうのは、ただじっと眺めてるファンのことですね。

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-13

黄田:よく知らない曲の時は、変にはしゃいで浮いてしまうのが怖いんで、腕組みして音楽関係者なんかなってくらい鋭い眼差しで見つめてます(笑)。

中原:小さな抵抗ですね。周りにあんまり乗ってない人がいても全然気にならないですね。

フェスの最大の魅力とは

――そうなんですね、自意識過剰なだけなんかな。それとグッズって身につけてないとバカにされないですか?

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-14

田中:フェスに対してどんなイメージ持ってるの(笑)? 私服の人たちもいっぱいいるから全然大丈夫。僕はグッズ買うけど、それがコミュニケーションのきっかけになったりするんですよ。これは2007年のサマソニで買ったTシャツやけど、一緒のTシャツ着てる人とばったり会ったりすると親近感が湧きます。

サマソニで買ったTシャツ1

サマソニで買ったTシャツ2

中原:私も気に入ったデザインのモノがあれば買いますね。最近はオシャレなグッズも多いんですよ。みんなとお揃いのTシャツで写真撮って、SNSにアップしたりする方も多いですよね。フォトスポットもたくさんあるんで、毎回撮っちゃいますね。それにTシャツは、フェスの思い出としてだけじゃなく、部屋着にも使えるんで重宝してます。

――本当ですね。いいデザインですね!

神様ありがとう、今日はフェスです。

中原:ですよね。これとか面白いんですよ。

田中:なにこれ(笑)。

中原:SNSで流行ったTシャツなんです。結構いじられますね(笑)。

黄田:それ面白くて、いいですね。僕はあんまり買わないんですよ。グッズって行列ができてません?

田中:タイミングにもよりけりかな。タイムテーブル見て、どの時に買いに行くか考えてから行ってます。

FES

中原:どの順番で回るか考えてる時、めっちゃ楽しいですよね!

黄田:わかります。うわ、好きなバンドの出番被ってるやん! とかね。

田中:あるあるですね(笑)。

――行く前から楽しそうですね。フェス行く時に気をつけた方がいいことってありますか?

サコッシュ

黄田:個人的には荷物は最小限にしてます。移動も多いし、人が密集してるから邪魔ならないようにこのサコッシュだけで参戦することが多いですね。

一同:え、これだけ?

黄田:基本的にはこれだけですね。お金は濡れてもいいように、ジップロックに入れてます。あとは制汗シートと日焼け止め、サングラス、タオルくらい。バッグが小さいからグッズをあまり買わないのかもしれないですね。

田中:あとはなんだろ、泥とか砂で汚れるから汚れてもいいスニーカーとかかな。

泥とか砂で汚れるから汚れてもいいスニーカー

黄田:防水やと尚良しですね。

――フェスの魅力ってなんですか?

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-21

田中:知らなかった音楽に出合えたり、開放的なムードでグルメも楽しめるところかな。

大人しい人のための夏フェス入門。音楽好きだけど行ったことない…ウェイウェイしないとダメ?-画像-22

中原:そうですね。それと懐かしい友達と再会できたり、新しい友達ができたり出会いもきっとありますね!

黄田:そういうことあるよね。奇跡みたいなことが起こったりする。100人いたら100通りの楽しみ方があるんじゃないかな。大人しいのなら無理せず、自分のペースで楽しんだらいいと思う。

――何万人っていう人たちと楽しい時間を共有できるってすごいことですもんね。良かったら今度フェスに誘ってください。

一同:え、あ……うん。

――誘う気ないじゃないですか。

日本の音楽シーンをミュージシャンによる生演奏はもちろん、グルメや人との出会いも夏フェスの魅力なんだと感じました。次は夏フェスに参戦し、自分なりの楽しさを見つけてみたいと思います。

関連記事


この記事はいかがでしたか?
よろしければアンケートにご協力ください。

TOPに戻る

  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • +1する
  • POCKET
  • facebook
  • ツイートする