「マドリカ不動産」はSwitch画面&紙に書いて攻略、良コスパの謎解きゲーム「ゆかいゲームス」第10回

2018/11/07

WRITERくらふと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「マドリカ不動産」はSwitch画面&紙に書いて攻略、良コスパの謎解きゲーム「ゆかいゲームス」第10回

Nintendo Switch用ソフトの「マドリカ不動産」というゲームをプレイしました。
これはダウンロード専用ソフトで、デジタルとアナログを組み合わせた謎解きゲームです。
分かる人には、これは「脱出ゲーム(謎を解き鍵を見つけ、閉鎖された空間から脱出するゲーム)」だと言えば分かりやすいでしょうか。このゲームは大きな特徴として、ゲームの画面と紙の間取り図の両方を使って謎を解くようになっています。

マドリカ不動産①

マドリカ不動産②

マドリカ不動産③

プレイ準備として、メーカーのホームページからPDFの間取り図データをダウンロードして印刷しておく必要があります。この「紙の」というのがポイントで、一応ポーズ画面やアプリ(スマートフォン・タブレット用の専用アプリもあり、間取り図の表示やメモを取ることもできます)で図を見ることはできますがプレイ中にメモを書き込んだり紙を折ったり切り貼り(!)することがあるのでプリントアウトしておくことを推奨します。家にプリンターが無い方はネットプリントなどを使いましょう。

プレイヤーは「マドリカ不動産」の新入社員となり、オバケが住み着いた部屋から「魔法」を使ってオバケを退治して、物件を人の住める部屋にすることが目的です。

ゲームの画面内ではプレイヤーの主観視点が表示され、紙の間取り図と組み合わせて制限時間内に物件を探索して謎を解いていきます。

手順としては以下のとおりです。
1.暗号を解き何らかの「魔法」コマンドを見つける
2.それを使い進行
3.1・2の繰り返し
4.オバケのいる部屋で攻撃魔法を使ってクリア

謎は簡単なものから非常に難しいものまでありますが、解けたときの「あっ!」という快感がたまりません。謎解きゲームの醍醐味と言えるでしょう。

20ステージ(※)あって1,500円とコストパフォーマンスも良く、1人でじっくりでも多人数でわいわいと楽しむこともできます。
ゲームの特性上仕方ないのですが一度プレイすると謎が分かってしまうので、今後追加ステージなどが出てくれれば嬉しいな……と思いました。

※どうやら隠しステージも存在するらしいですが、記事執筆時点では発見できませんでした。

Nintendo switch専用ソフト「マドリカ不動産」 – GIFT TEN INDUSTRY.K.K
https://gift10.co.jp/pages/madorica

  • くらふとさん
  • PROFILE

    くらふと

    漫画家・イラストレーター。食べ歩き漫画「ゆかい食堂」をブログ、ぐるなび「みんなのごはん」などで連載。単行本「ゆかいなお役所ごはん」「ゆかい食堂セレクション」星海社より発売中。電撃コミックスでゲームのアンソロジー漫画に参加など。
    https://twitter.com/craft_kim

関連記事


この記事はいかがでしたか?
よろしければアンケートにご協力ください。

TOPに戻る

  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • +1する
  • POCKET
  • facebook
  • ツイートする