【ルポ漫画】睡眠改善アプリSleep Meister、Tide等を試して比較。疲れてるときこそ、寝よう!

2019/04/10

WRITERくらふと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ルポ漫画】睡眠改善アプリSleep Meister、Tide等を試して比較。疲れてるときこそ、寝よう!

新年度、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
「ゆかいゲームス」という、アナログゲームを取り扱った連載をしているのですが、今回は「健康」について考えてみたいと思います。
みんな健康に関心があるけど、どうしていいか分からなかったり後回しにしたりしているかもしれません。

自分としては、特に大事なのが睡眠だと考えています。経験上、ちゃんと定期的に休憩、食事、睡眠を取っていたほうが仕事も絶対にはかどります。逆に、睡眠が十分でないと気力も体力も足らず、ずっとしんどいまま過ごすことになります。可能ならば昼寝もしたいところです。
筆者の知り合い……特に漫画家は睡眠を取らずに仕事をしている人、そのせいで体調を崩している人が非常に多いです。命の危険があるので「寝ろ!」と何度も言いたいです……。

今回は、「睡眠を改善するスマホアプリ」を試してみました。
これは別に睡眠薬のように眠らせるようなものではなく(本当にそんなものがあったら大変です)、睡眠状態を記録してログを取るのが主な役割です。

安眠アプリ①

いくつか試してみましたが大体の機能は同じで、
「快眠のための環境音などを流す」
「スマホのセンサーで体動を感知し、眠りの浅いときに起こす」
ことで寝起きを快適にするものです。
ただのタイマー・アラームアプリとの違いは、使うときに寝る直前にセットして、起きたときにちゃんと解除する必要があることです。解除し忘れると、「覚醒したまま睡眠している」みたいな変なデータが取れる可能性があるので注意です。あと、スマホではなくタブレットで使ったときはデバイスが重くて安定しすぎていて動きの正しいデータが取れないかもしれません。

安眠アプリ②

データに関しては、何度も繰り返して使うことで精度の高いものが取れると思います。

セットしたあとは寝るだけですが、そこでちゃんと寝ないといけないと緊張することはありません。いつもどおりの調子でいいでしょう。
朝は、いきなり大音量のアラームが鳴ったりせずじわじわと音がフェードインしてくるアプリが多いです。自分でセットした音楽や、自然の環境音などがいいみたいですね。やはり従来の目覚まし時計は起床に関しては効果があるけど、快適さについてはそうでもないみたいです……。

安眠アプリ③

今回アプリを使った一番大きな効能は、実はアプリそのものよりも、自分の睡眠習慣と向き合って「いい睡眠をとるためにはどうすればいいか?」を意識するようになったことかもしれません。

ちゃんとした食事・入浴、寝る前にストレッチをする、リラックスするための寝具や環境などを整えるなど、考えることはいろいろあります。

(編集より)石川善樹さんの『疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座』(プレジデント社)が参考になります!


疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座

何より一番大事なのは睡眠時間の確保だと思いました。
みなさん忙しいのは分かりますが、どうにか8時間は睡眠を取ってほしいと思います。4月から新生活の人も多いと思いますが、身体が一番大事なので、休むときは休め!!と何度も言っていきたいです。生き残ろう!

Sleep Meister - 睡眠サイクルアラームLite
iOS

Sleep Cycle alarm clock
iOS
Android

Tide: 睡眠音と集中タイマー
iOS
Android

  • くらふとさん
  • PROFILE

    くらふと

    漫画家・イラストレーター。食べ歩き漫画「ゆかい食堂」をブログ、ぐるなび「みんなのごはん」などで連載。単行本「ゆかいなお役所ごはん」「ゆかい食堂セレクション」星海社より発売中。電撃コミックスでゲームのアンソロジー漫画に参加など。
    https://twitter.com/craft_kim

関連記事


この記事はいかがでしたか?
よろしければアンケートにご協力ください。

TOPに戻る