2019/12/05

【今どきの子ども調査】アニメ・ゲーム・遊び・ネット・恋愛事情まで、集団インタビューしてきた

【今どきの子ども調査】アニメ・ゲーム・遊び・ネット・恋愛事情まで、集団インタビューしてきた

テキスト:トライアウト・澤田将太/撮影:トライアウト・吉川寿博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Zing!編集部の澤田です。突然ですが私は、来年で30歳を迎えます。しっかりした大人にならないとなぁと危機感を感じている今日この頃です。
ある日、小学校からの友人と飲みに行く機会があり、昔話に花を咲かせていたところ、ふと思うことがありました。 “自分の小学校時代って今みたいにいろんな娯楽があったわけじゃないけど、毎日が楽しかったなぁ。じゃあゲーム機やスマートフォンetc……、いろんな娯楽がある現代の子どもたちはもっと楽しんだろうか”。
そう思うといてもたってもいられなくなった私は、大阪府の某小学校協力の元、小学6年生30人にインタビューをしてきました。

令和の小学生事情:プライベート編

――こんにちは! 私はWebメディア「Zing!」編集部の澤田といいます。今日はみなさんに、流行りの遊びや学校での生活についていろいろお話を聞いていきたいと思います。まずは、日曜日の朝ってアニメとか見てますか?

子ども1:観てる観てる!!! ワンピース! 僕のヒーローアカデミア! ゲゲゲの鬼太郎! ちょっと前はドラゴンボール超とか!

――ワンピースはどの世代でも人気なんですね。ちなみに、私は『おジャ魔女どれみ」というアニメを観ていました!

子どもたち:……??

しまった、いきなりジェネレーションギャップが出てしまいました……。不屈の名作とはいえ、今の子どもたちには伝わらなかったのでしょう……。……でも、君たちにもいつかそんな日が来ますからね。

――みなさんが好きな芸能人は誰ですか?

子どもたち:はい! はい! はい! はい!

令和の小学生事情:プライベート編-画像

――みんな、元気いっぱいですね、じゃあ手上げている前の子から好きな人と理由を教えてください。

子ども2:和牛! ネタが面白いから!

子ども3:賀来賢人! かっこいいし、面白いから!

子ども4:野沢雅子のモノマネしてる芸人のアイデンティティ! 似すぎてる(笑)!

子ども5:橋本環奈! かわいいから!

子ども6:笑福亭鶴瓶!

――あ~、笑福亭鶴瓶さんね~、って鶴瓶さん!? なんで!?

子ども6:笑顔が素敵やから!

笑福亭鶴瓶さんの笑顔は子どもの心も虜にしてしまうんですね……。私もいつかそういう大人になりたいです。

――皆さんは習い事をしていますか?

子ども7:はい! 和太鼓やってます!

――興味をそそるような習い事ですね。どういうところが楽しいですか?

子ども7:みんなと一緒に練習で叩くのも楽しいし、本番の舞台で思いっきりできて、いっぱい拍手をもらえたら嬉しいです!

――みんなと一体になって何かをすることはいいことですね。他のみんなで、何かスポーツやっている子はいますか?

子どもたち:サッカー! 野球! 水泳! 空手!

――スポーツの習い事は昔から変わってないんですね。じゃあ人気があるスポーツは、何ですか?

子ども8:ラグビー!!

――え、ラグビー!? なんで? W杯の影響?

子ども8:授業でラグビーをしたことがあって、ラグビーのスクールも地域にあるから、この学校では人気なんです! 

ラグビーW杯で多くの新規ファンを獲得していましたが、子どもたちまでファンにしていたんですね。

――習い事していない子は何してるの?

子ども9:学校で野球してる! 学校が終わったら公園に行って野球してる!

――へぇ~! 時代は発展したとはいえ、やっぱり今でも外で遊ぶ子どもはいるんですね! じゃあ、外で遊ぶ以外は何したりするの?

子ども10:友達の家でゲームしてる!

――何のゲームしているの?

子ども10:マイクラ!

――……マイクラ??

子ども10:『マインクラフト』っていうゲーム! ブロックを組み合わせて好きなものを作って遊ぶゲームで、サバイバルしたり、街作ったりするんです。大きい家を作ったり、現実世界ではできないようなことができるので楽しいですよ。

マイクラが気になり、会社に戻ってから調べてみると、“未知のモノやコトであふれた広大なマインクラフトの世界。何もないところから、自分だけの世界を試行錯誤しながら、子どもの発想力を存分に活かせるゲーム”と書かれていました。なるほど、子どもたちの自由な発想を成長させるゲームなんですね。2020年からプログラミング教育が必修化されるのでその理解度を深めるために、最近では授業に使用するところもあるのだとか。ゲームが授業になるなんて私が子どものころは考えられなかったなぁ。それこそ夢のような授業ですよね。

令和の小学生事情:学校生活編

――学校で流行っている遊びはありますか?

子ども11:バレーボール!

――バレーボールするんですか? どうやって?

子ども11:クラスにバレーボールがあるから、週に1回ある“みんな遊びの時間”にみんなでレシーブとトスをしてラリーするんです。それが流行ってます!

なんだかんだいって、学校での遊びは昔とあまり変化はないようですね。それにしてもクラスみんなでバレーボールのラリーなんて結束力が固まりそうでなんかいい子たちやなぁ……。というか、“みんな遊びの時間”って何!?

――“みんな遊びの時間”っていうのは?

子ども11:週に一回、休み時間にみんなで決めた遊びをするんです。

令和の小学生事情:学校生活編-画像

――そんなのがあるんだね。あとはなにかあるかな?

子ども12:ちょっと前は“人狼ゲーム”が流行ってました。人狼と市民に分かれて会話をして人狼を見抜くっていう遊びなんですけど、禁止になりました。

――え、なんで禁止になったの?

子ども12:“殺す”とか“死刑”という過激な言葉がゲームの中に出てきて、言葉遣いが悪くなるからって理由で禁止になりました。

私が子どものころは割とそういう言葉は言っていた印象でしたが、今では少しでもそういった芽をつぶしておくのが学校の対策なのでしょう。しっかりしてらっしゃいますね。

子ども13:逆にお兄さんが子どものころはどんな遊びが流行ってたんですか?

――子どものころは鬼ごっことかドッジボールとかケイドロとか缶蹴りとかかな? みんなはやったことありますか?

子ども13:……? 缶蹴りってなんですか?

――鬼がいて、捕まらずに缶を蹴ったら勝ち、鬼は蹴られる前に缶を蹴りにくる人をタッチしたら勝ちです。缶蹴りしたことないかな?

子ども13:缶は蹴って当たったら危ないし、そもそも缶があんまり落ちてないですよ。

なるほど、今の子どもたちは思っているより危機管理能力が高いようですね。私たちの時代だったそんな意見は出てこなかったでしょう。それに缶が落ちていないというのも世間がポイ捨てに関して昔より厳しくなっているからですかね。ちょっとしたことからも時代を感じさせられます。

令和の小学生事情:昔と比べて編

令和の小学生事情:昔と比べて編-画像_01

――教室に大きいTVが置いてありますけど、これは何に使ってるんですか?

子ども14:TVを使った授業をしてます! 教科書です!

――え、教科書!?

先生:電子教科書で、英語の授業で使用しているんですよ

令和の小学生事情:昔と比べて編-画像_02

――へぇ! 私の時代とすごく変わっていますね。電子教科書はわかりやすい?

子ども15:わかりやすい! 音も出るし、自動で丸付けしてくれるから!

先生:“自動で”っていうのは、私がパソコンで操作して丸を付けています。

なるほど、今の英語教育は電子教科書で行われてるんですね。ほんとに進化していますね。

――私の時代では交換ノートって流行ってたのですが今ってしてる?

子ども16:したことないです! というか、学校で禁止されています! 学校内で物を交換することは喧嘩のもとになるので禁止なんです! それに携帯電話があるからノートを交換する意味ないし(笑)。

――え、携帯電話? 携帯電話を持ってる人ってどれくらいいますか?

子どもたち:はい、はい、はい!

ざっと数えるだけでも15人以上はいます。クラスの半数以上が携帯電話を持っているというのは、私の子ども時代から考えるとありえないことです

――じゃあ、携帯で何してるんですか? インターネット?

子ども17:ゲーム! LINE! YouTube! TikTok!

――TikTokは見てるだけ? 自分で投稿もしてるの?

子ども18:見るのもそうですし、自分で投稿もしてます!

小学生の遊びにインターネットが絡んでくると、時代は変わったなと感じますね。私の時代では友達を遊びに誘うのに家の固定電話で緊張しながら行っていましたが、今は親を介さず子どもたち同士で連絡を取り合っているのですね。子どもたちは気軽かもしれませんが、親御さんは少し心配になる部分もあるかもしれませんね。

――そういえば、冬でも半袖短パン男子はいますか?

子ども19:はーい!

令和の小学生事情:昔と比べて編-画像_03

――やはりいましたか! 君はなぜ半袖短パンというポリシーを持っているんですか?

子ども19:登校するときは上着だけ着るけど、学校の中では半袖半ズボンです! 半ズボンは一年中です! お母さんに貧乏くさいからやめて! って言われるけど長ズボンは動きにくいから嫌です!

令和の小学生事情:恋愛事情編

――じゃあ最後の質問です。みなさん好きな人いますか?

子どもたち:はい! いまーす!

――え、そんな恥ずかしげもなく手上げてくれるんですか? 10人くらい手上げてくれてますけど、好きな人いたらどうするんですか?

子ども20:特に何もしないですけど、バレンタインにチョコあげるくらいです。

――なるほど、さすがに小学生とかだとそれくらいですよね~。

子ども20:お兄さんはどうなんですか?

――え、私ですか。私が小学生の時は好きな子がいてその子と交換ノートしてましたよ。

子ども21:今は?

――今!? ……今年、彼女と別れたので一人です……、

小学生であっても、女の子は恋愛事情には突っ込みたくなるらしく、あんなことやこんなことを根掘り葉掘り聞かれました。最終的には……。

子ども21:まあまあ、お兄さんも頑張ってくださいね!

と、子どもたちに励まされてしまいました。……お兄さん、頑張るね。

子ども21:おにいさん、ぼーっとしてたらあんまり時間なくなるで!

キーンコーンカーンコーン

ちょうどチャイムが鳴ってしまいました。
6年生とはいえ、まだまだ子どもの彼らに人生計画を指摘されるとは、私もまだまだ立派な大人になるまで時間がかかることでしょう。

今回、お話を聞かせていただいて今の子どもたちの流行がわかったり、給食がカレーの日はテンションが上がるなど、私の時代と変わらずに残っているものもありました。ニュースなどで今の子たちの外遊びが減少しているとはいうものの、まだまだ元気に走り回っている風景も見かけます。

もしかすると、子どもたち自体はあまり変わらずに周りの環境が変化し、子どもたちが変わっていっているような見られ方をしていたのではないでしょうか?

ということで次回は、今と昔を比べた学校自体の変貌についてお話を聞きたいと思います。


こちらの記事も合わせてどうぞ。
親は知らない?小学生のYouTube事情。実際に聞いてみた|Zing!

関連記事

コンテンツについてのアンケートに
よろしければご回答ください。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • SHARE
  • ツイートする
  • facebook
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • POCKET