このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

イチからはじめるセキュリティー

パソコン

パソコンのOSを最新版にする

セキュリティーホールを悪用した不正アクセスを避けるためには、パソコンのOSを常に最新版にして、セキュリティーホールによる欠陥を修正することが最も有効な対策となります。Windowsの場合は「Windows Update」を、Mac OSの場合は「ソフトウェア・アップデート」を行うことで、OSを最新の状態にすることができます。
ここではひとまず、「Windows Update」について紹介します。

Windows Updateって?

マイクロソフト社が提供するパソコンのOSである「Windows」(および同社が提供するその他のソフトウェア)の設計上のミスを修正するプログラムや追加機能などを、インターネットを通じて入手することができる更新機能です。

マイクロソフト社の「Windows Update」サイトにアクセスして、あなたのパソコンに必要な更新情報を得ることができます。セキュリティーホールの修正プログラムなども、マイクロソフトのサイトから入手可能です。

Windows Updateってどうするの?

これらの作業を迅速に行っていれば、そのセキュリティーホールを利用した不正アクセスを受けることはなくなります。ここでは、Windows Updateの使い方をご紹介します。

■Windows7のWindows Update方法

  1. [スタート] から [すべてのプログラム] - [Windows Update] をクリックします。
  2. 重要な更新プログラムを自動的に入手するには [更新プログラムの確認] ボタンをクリックします。
  3. 利用可能な更新プログラムが検出されたら、[更新プログラムのインストール] ボタンをクリックします。
  4. [更新プログラムをインストールしています] と表示されている間にダウンロード、インストールを実行します。しばらくお待ちください。
  5. [今すぐ再起動] ボタンが表示されたら、[今すぐ再起動] ボタンをクリックします。コンピューターが自動的に再起動します。 [今すぐ再起動] ボタンが表示されなければ、画面右上の [X] ボタンをクリックして Windows Update の画面を閉じて終了してください。

詳細はマイクロソフト公式サイト:Windows Update 利用の手順 - Windows 7 の場合ページでご確認ください。

■Windows8のWindows Update方法

  1. [Windows]キーを押しながら、[W]キーを押します。または、画面の右端からスワイプして [検索]をタップし(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウスポインターを下へ移動して[検索]をクリックし)、[設定]をタップまたはクリックします。
  2. 検索ボックスに「Windows Update」と入力します。
  3. [更新プログラムのチェック]をタップまたはクリックします。更新プログラムのチェックが行われます。

詳細はマイクロソフト公式サイト:Windows Update 利用の手順 - Windows 8 の場合ページでご確認ください。

自動更新機能を活用して、常に最新の状態に

セキュリティーソフトを常に最新の状態に保っておくことと同様、Windowsのセキュリティーホール修正プログラムも、リリースされたらすぐに適用することが大切です。更新をし忘れないように、自動更新機能を使うことをおすすめします。

■Windows 7の自動更新設定方法

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Windows Update」の順にクリックします。
  2. 「Windows Update」が表示されたら「設定の変更」をクリックします。
  3. 「重要な更新プログラム」欄の「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」をクリックします。
  4. 「新しい更新プログラムのインストール」のそれぞれの「▼」ボタンをクリックし、更新プログラムをインストールする間隔や時間を設定し、最後に「OK」ボタンをクリックします。

■Windows 8の自動更新設定方法

  1. 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「コントロール パネル」をクリックします。
  2. コントロール パネルが表示されます。
    「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認し、「システムとセキュリティー」をクリックします。

    ※「表示方法」が「カテゴリ」以外に設定されている場合は、「表示方法」の右側にあるボタン(▼マークのボタン)をクリックし、表示されるメニューから「カテゴリ」をクリックして、表示方法を変更してください。

  3. 「Windows Update」の「自動更新の有効化または無効化」をクリックし、表示されるメニューから「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」をクリックし、再度に「OK」ボタンをクリックします。
関連コンテンツ
eoがサポートするセキュリティーサービス
ウイルスバスターマルチデバイス月額版 for eo
「ウイルスバスターマルチデバイス月額版 for eo」は、パソコンだけではなく、Android™搭載のスマートフォンにも対応。1ライセンス3台までご利用いただけます。(月額420円:1ライセンス)
eo光多機能ルーターレンタルサービス
eoでは簡単設定のブロードバンドルーターのレンタルサービス「eo光多機能ルーターレンタルサービス」をご提供しています。

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。

ページの先頭へ

PAGE TOP